PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

63kg級は高校2年生嶺井美穂が初優勝、52kg級はベテラン西田優香が圧勝V・講道館杯全日本柔道体重別選手権最終日女子

(2014年11月9日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版11月9日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
63kg級は高校2年生嶺井美穂が初優勝、52kg級はベテラン西田優香が圧勝V
講道館杯全日本柔道体重別選手権最終日女子
eJudo Photo
63kg級決勝、嶺井美穂が平井希から右大外刈「有効」を奪って逆転

千葉ポートアリーナ(千葉市)で行われている講道館杯全日本体重別柔道選手権大会は9日に最終日を迎え、女子は48kg級、52kg級、57kg級、63kg級の軽量4階級の競技が行われた。

63kg級は昨年準優勝の高校2年生・嶺井美穂(桐蔭学園高)が素晴らしい内容で初優勝。決勝は業界屈指の戦術派ファイター平井希(自衛隊体育学校)の老獪な組み手と勝負どころを弁えた仕掛けに「指導1」をリードされる苦しい展開だったが、残り1分8秒に得意の右大外刈を引っ掛けて真裏に刈り倒し「有効」を奪って逆転。そのまま袈裟固に抑え込み、一本勝ちで講道館杯初優勝を決めた。

「まだ時間はあったので投げに行こうと思った。自分の得意技が決まってうれしかった」と試合を振り返った嶺井は「2年後に向けてスタートが切れた」とリオ五輪への挑戦を明言。「他の選手よりも若いですが、若いからこそ思い切りの良い柔道をして皆をワクワクさせたい」と堂々語ってスケールの大きさを垣間見せていた。

選抜体重別王者の大住有加(JR東日本)は初戦で能智亜衣美(筑波大1年)に大外刈「有効」で敗退。昨年王者の片桐夏海(コマツ)は準決勝で嶺井に大外刈「有効」、3位決定戦で田中美衣(了徳寺学園職)に大外刈「有効」で敗れて5位に終わった。

eJudo Photo
52kg級決勝、西田優香が志々目愛を鋭い左小内刈で真裏に倒し「技有」

52kg級は第1シードの西田優香(了徳寺学園職)が4戦して3つの一本勝ち、3試合とも2分掛からず勝負を決めるという圧倒的な内容で見事優勝。
初戦から畳上を滑るような鋭い動きで技を繰り出し、相手を翻弄し続ける様にはコンディションの良さが明らか。決勝は今夏の世界選手権で団体戦メンバーを務めた志々目愛(帝京大3年)を左小内刈で真裏に転がして「技有」奪取、そのまま淀みなく横四方固に抑え込んで合技「一本」(0:54)であっさり2009年以来の講道館杯制覇を決めた。

戦後の西田は「全試合一本勝ちで優勝したかった。2試合目で『一本』取れなかったので決勝は絶対に投げようと思っていた」とその試合内容にふさわしい自信溢れるコメントで大会を振り返り、「オリンピックに出るために(左肘を)手術した。自分もいるということをアピールしたかった」とリオ五輪に向けて意欲満々の様子だった。

eJudo Photo
48kg級決勝を戦う浅見八瑠奈(右)

48kg級は1年間の休養を経て今夏戦線に復帰したばかりの浅見八瑠奈(コマツ)が順当に優勝。難敵と思われた伊部尚子(常翔学園クラブ)と山﨑珠美(山梨学院大3年がともに初戦で敗退し、シード選手の遠藤宏美(筑波大4年)と十田美里(自衛隊体育学校)が予選ラウンドで姿を消すという大荒れの大会を順調に勝ち上がり、決勝では渡名喜風南(帝京大1年)をGS延長戦の末に「指導1」を奪って勝利しこの大会4度目の優勝を決めた。

4試合して一本勝ちは2つ。南條充寿監督が「まだ本調子ではない。心のどこかに何か詰まったような部分がある」と評したとおり爆発的な内容ではなかったが、休養前と変わらぬ安定感を示した大会となった。

eJudo Photo
57kg級決勝、芳田司が左内股で攻める

57kg級は昨年世界ジュニアの代表を務めた芳田司(コマツ)が初優勝。3回戦では第1シードの出口クリスタ(山梨学院大1年)を「指導2」対「指導1」の反則累積差で破り、決勝では同門の先輩石川慈と対戦。内股を中心に攻めて1分50秒に「指導」を先制すると、得意の寝技での勝負を焦った石川が引き込みの反則を犯して2分46秒に2つ目の「指導」が宣告されるに至る。芳田はそのままペースを変えずに最後まで走り切り、優勢勝ちで勝負を決めた。

世界ジュニア王者になったばかりの玉置桃(三井住友海上)は準決勝で石川に背負投を潰され横四方固「一本」で敗退、3位に終わった。出口は敗者復活戦でも工藤千佳(仙台大2年)に内股「有効」で敗れ、入賞に手が届かなかった。

各階級の入賞者と3位決定戦、決勝の結果は下記。

■ 48kg級
eJudo Photo
48kg級優勝の浅見八瑠奈

【入賞者】
優 勝:浅見八瑠奈(コマツ)
準優勝:渡名喜風南(帝京大1年)
第三位:高橋瑠衣(修徳高3年)、森﨑由理江(鹿屋体育大柔友会)

【3位決定戦】

高橋瑠衣(修徳高3年)○内股(0:48)△濵田早萌(龍谷大2年)
森﨑由理江(鹿屋体育大柔友会)○優勢[指導2]△蓬田智佳(東海大4年)

【決勝】

浅見八瑠奈(コマツ)○GS指導1(GS2:24)△渡名喜風南(帝京大1年)

■ 52kg級
eJudo Photo
52kg級優勝の西田優香

【入賞者】
優 勝:西田優香(了徳寺学園職)
準優勝:志々目愛(帝京大3年)
第三位:黒木美晴(環太平洋大3年)、内尾真子(筑波大1年)

【3位決定戦】

黒木美晴(環太平洋大3年)○横四方固(1:57)△五味奈津美(JR東日本)
内尾真子(筑波大1年)○大外刈(2:20)△垣田恵利(兵庫県警)

【決勝】

西田優香(了徳寺学園職)○合技[小内刈・横四方固](0:54)△志々目愛(帝京大3年)

■ 57kg級
eJudo Photo
57kg級優勝の芳田司

【入賞者】
優 勝:芳田司(コマツ)
準優勝:石川慈(コマツ)
第三位:玉置桃(三井住友海上)、渡部優花(環太平洋大3年)

【3位決定戦】

玉置桃(三井住友海上)○優勢[有効・袖釣込腰]△工藤千佳(仙台大3年)
渡部優花(環太平洋大3年)○大外刈(3:14)△小野彰子(龍谷大4年)

【決勝】

芳田司(コマツ)○優勢[指導2]△石川慈(コマツ)

■ 63kg級
eJudo Photo
63kg級優勝の嶺井美穂

【入賞者】
優 勝:嶺井美穂(桐蔭学園高2年)
準優勝:平井希(自衛隊体育学校)
第三位:田中美衣(了徳寺学園職)、川岸真綾(帝京科学大4年)

【3位決定戦】

田中美衣(了徳寺学園職)○優勢[有効・大外刈]△片桐夏海(コマツ)
川岸真綾(帝京科学大4年)○横四方固(4:19)△西川真帆(龍谷大4年)

【決勝】

嶺井美穂(桐蔭学園高2年)○袈裟固(3:15)△平井希(自衛隊体育学校)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版11月9日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.