PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

流れ掴んだ井上舞子が混戦を制す・インターハイ柔道競技78kg超級レポート

(2014年10月31日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版10月31日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
流れ掴んだ井上舞子が混戦を制す
インターハイ柔道競技78kg超級レポート
eJudo Photo
1回戦、冨田若春が斉藤芽生との強豪対決で隅落「技有」を奪う

優勝候補筆頭と目されたのは高校選手権無差別準優勝の冨田若春(埼玉栄高2年)だが、冨田は1回戦で斉藤芽生(東大阪大敬愛高2年)、3回戦で粂田晴乃(大成高2年)、準々決勝で井上舞子(淑徳高3年)と立て続けに強豪とマッチアップする厳しい組み合わせ。

冨田は斉藤戦を隅落と横四方固の合技「一本」(2:41)で勝利する好スタート、2回戦の小林愛美(松代高3年)は大外刈「一本」で下し視界良好だったが粂田との3回戦は大消耗戦。ケンカ四つの粂田と腰の入れ合いから双方大外刈、小外刈に大内刈と出し合って一歩も引かず。「指導」宣告を躊躇した審判の仕切りの拙さもあり選手にとっては非常に難しい試合になったが両者集中を切らずに技を重ね、冨田が払腰、大内刈、大外刈、膝車と技を4つ繋げたGS延長戦3分11秒に「指導」が宣告され試合終了。「指導1」を以て冨田が勝ち抜け決定。

しかしこの試合で消耗し尽くしたか冨田は次戦の準々決勝で井上舞子に敗退。1分42秒少々厳しい「指導」ひとつを失った後は左体落で度々あわやポイントという場面を作ってむしろ優勢だったがいずれも散発、井上に技の打ち返しを許してしまい「指導」に相当するような山場を作れないまま終戦。「指導1」の優勢で敗れ今大会はベスト8で畳を去ることとなった。

eJudo Photo
準決勝、井上舞子が奥本華月を攻める

敬愛高のポイントゲッター、3年生世代の全中超級王者山口凌歌は3回戦で帯川蘭(北海高3年)に内股透と袈裟固の合技「一本」で敗退。

決勝に進んだのは井上と、ダークホース岡田彩加(横須賀学院高3年)。

井上は2回戦で強豪井上あかり(創志学園高3年)に「指導1」の優勢で勝利、3回戦は岡邊まゆ(大分西高年)を袈裟固「一本」(0:57)で破ると、前述の通り準々決勝は冨田若春に「指導1」の優勢で勝利。準決勝も奥本華月(新田高2年)に「指導1」の優勢で勝利して決勝進出決定。

eJudo Photo
準々決勝、岡田彩加(左)が鳥潟みちるから裏投で「有効」を奪う

一方の岡田は全試合一本勝ちという素晴らしい勝ち上がり。1回戦は桑下珠菜(出雲西高3年)に谷落(0:26)、2回戦は大澤宣歩(藤枝順心高2年)に後袈裟固(2:29)、3回戦は山本真央(長崎女子高3年)を合技(2:24)、準々決勝は今大会絶好調の鳥潟みちる(木更津総合高3年)を横四方固(1:04)に仕留め、準決勝は混戦ブロックを勝ち上がった蓮尾沙樹(西京高3年)をあっという間の崩上四方固「一本」に仕留めて決勝へと駒を進めてきた。

eJudo Photo
井上舞子が岡田彩加を攻める

決勝は岡田が右、井上が左組みのケンカ四つ。

岡田、得意の接近一発技を試みようといきなり腰を抱きに掛かる。井上は首を抱え返しての左内股で応じ、双方崩れて「待て」。直後、井上は両襟で相手を下げての左内股、岡田は体側で透かして押し込むがポイントには至らず、直後の28秒岡田に「指導1」。

井上は左内股の構えを見せながら場外際へと岡田を誘導、岡田は前技のフェイントを入れた右小外掛で抱き付いて井上を大きく崩す。あわやポイントという深い技だったが井上反転して腹から着地し「待て」。

以後は腰の差しあい。2分16秒に岡田が右大腰で井上を大きく崩し、3分21秒にも井上の左腰車を岡田が抱き付きの小外掛で返してあわやポイントという山場を作り出すが、井上は都度左内股を放って展開を譲らず。首の抱き合い、腰の差しあいという構図から大きくはみ出ることなく4分間が経過し、試合終了。井上が「指導1」の優勢で勝利し栄光のインターハイ王者の座を勝ち取ることになった。

中学3年時の全国中学大会で優勝候補筆頭の朝比奈沙羅(渋谷教育学園渋谷高)を破り一躍その名を全国に轟かせた井上はこれがキャリア初の日本一。きらびやかな投げの才能があるタイプではないが、今大会は攻め続けることで接戦をモノにし続けての戴冠であった。決勝も率直に言ってポイントを想起させる技は僅少であったが、一発のある岡田相手にそれでも攻め続けた意欲の高さと集中力は見事であった。

入賞者と準々決勝以降の結果、井上のコメントは下記。

eJudo Photo
優勝の井上舞子

【入賞者】
優 勝:井上舞子(淑徳高3年)
準優勝:岡田彩加(横須賀学院高3年)
第三位:奥本華月(新田高2年)、蓮尾沙樹(西京高3年)
第五位:宮﨑さくら(紀央館高3年)、鳥潟みちる(木更津総合高3年)、冨田若春(埼玉栄高2年)、帯川蘭(北海高3年)

【準々決勝】

蓮尾沙樹(西京高3年)○優勢[技有]△宮﨑さくら(紀央館高3年)
岡田彩加(横須賀学院高3年)○横四方固(1:04)△鳥潟みちる(木更津総合高3年)
井上舞子(淑徳高3年)○優勢[指導1]△冨田若春(埼玉栄高2年)
奥本華月(新田高2年)○横四方固(0:53)△帯川蘭(北海高3年)

【準決勝】

岡田彩加○崩上四方固(0:57)△蓮尾沙樹
井上舞子○優勢[指導1]△奥本華月

【決勝】

井上舞子○優勢[指導1]△岡田彩加

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版10月31日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.