PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

高校選手権王者池絵梨菜が優勝、前日の団体戦と併せてIH二冠達成・インターハイ柔道競技70kg級レポート

(2014年10月31日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版10月31日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
高校選手権王者池絵梨菜が優勝、前日の団体戦と併せてIH二冠達成
インターハイ柔道競技70kg級レポート
eJudo Photo
3回戦、池絵梨菜が中江美裕の内股を股中で捌いて「技有」

決勝に進出したのは高校選手権王者で前日の団体戦でエースとして母校の優勝を牽引した池絵梨奈と、得意の寝技で混戦を勝ち上がった渡辺聖未(富士学苑高3年)。

池は強豪ひしめくブロックを勝ち上がっての決勝進出。2回戦では柴谷澪(弘前実業高3年)を内股「一本」(0:40)、2回戦は滝澤美咲(前橋育英高3年)を谷落「一本」(1:51)で下すと3回戦は団体戦決勝を戦った中江美裕(大成高2年)と対戦。

この試合は池が左、中江が右組みのケンカ四つ。中盤に池が釣り手を内から、しかも高く持つ万全の組み手を作り出すが、中江はこの不利な体勢から吸い込まれるように右内股。団体戦決勝のビデオテープを回すかのように、池はこの内股を待ち構えて回し透かして「技有」奪取、そこから横四方固に抑え込んで合技の一本勝ち(2:09)でこの大一番を突破。

eJudo Photo
準々決勝は大激戦、池絵梨菜が杉山歌嶺から左背負投で「有効」を奪って勝ちぬけ

準々決勝では前戦で新添左季(天理高3年)から「有効」「技有」と連取して勝利している杉山歌嶺(修徳高2年)と大激戦、ケンカ四つの相手と内股と小外刈を高速で仕掛け合い崩し合う拮抗の試合を繰り広げる。中盤までは杉山が優位、1分38秒には内股から腕挫十字固を狙って流れを取りかかるが、直後池が組み立てを変えて左背負投。入りが深すぎたかに思われたが縦回転に回して「有効」を奪取。以後ショックゆえか杉山は少々攻撃意欲減退、立ち直った終盤戦も池が右、左に担ぎ技を仕掛けて防衛線を敷いてフィニッシュ。技種の多彩さに救われる形で池の勝ち上がりが決まった。

準決勝では昨年のカデ王者畠石香花(土浦日大高2年)を開始するなりの背負投「一本」(0:10)で仕留め、5戦して4つの一本勝ちという好成績で決勝進出決定。

eJudo Photo
得意の固技で決勝まで勝ち上がって来た渡辺聖未

一方の渡辺は2回戦で長谷川雛乃(夙川学院高3年)を横四方固「一本」(0:57)、3回戦は浦田真衣(長崎明誠高3年)を「有効」優勢、準々決勝は岡本希望(紀央館高3年)を縦四方固「一本」(0:49)で勝利し、唯一最大の勝負どころと目された新森涼(敬愛高1年)との準決勝は腕挫十字固「一本」(0:36)で乗り切る。こちらも4戦して3つの一本勝ち、「一本」はいずれも固技での勝利という個性クッキリの内容で決勝へと勝ち上がって来た。

eJudo Photo
決勝、池が左背負投で攻め込む

決勝は池が左、渡辺が右組みのケンカ四つ。池が内股に背負投で攻めるが、1分30秒過ぎに池の左大内刈を渡辺が右背負投に切り返してあわや「有効」という良い攻撃、次いで腕挫十字固を狙って流れを獲りかける。しかし直後に池が左内股、渡辺がたたらを踏んで耐えると背負投を重ねて崩し、53秒渡辺に「指導1」。

eJudo Photo
渡辺は得意の寝技への引込みを狙う

渡辺は横落、引き込み、「草刈り」と確信的な組み立てで得意の寝技に持ち込もうとするが池は応じず、両襟の左大内刈、内股、背負投と技を繋いだ1分52秒渡辺に「指導2」が宣告されるに至る。

eJudo Photo
池が左背負投、「有効」

渡辺は抱き付きの小外刈に右内股、横落とテンションを落とさずに技を繰り出すが、池は右背負投に右内股と都度技を打ちかえして展開を譲らず。残り1分での渡辺の抱き付きもワンハンドで振り返して畳に落とし、残り28秒には右背負投で耐えさせておいて拾い直し左背負投で「有効」奪取。残り12秒には3つ目の「指導」も追加してゴール到達、「有効」優勢で見事インターハイ優勝を決めた。

徹底マークを受けながら、そして極めて厳しい組み合わせを突破して勝利した池のパフォーマンスは見事の一言。パワー、技質の多彩さに勝負の潮目を読む目とまさしく文句なしの大会だった。

eJudo Photo
優勝の池絵梨菜

【入賞者】

優 勝:池絵梨菜(東大阪大敬愛高3年)
準優勝:渡辺聖未(富士学苑高3年)
第三位:新森涼(敬愛高1年)、畠石香花(土浦日大高2年)
第五位:岡本希望(紀央館高3年)、西願寺保乃加(埼玉栄高3年)、佐藤恭穂(東京学館新潟高3年)、杉山歌嶺(修徳高2年)

池絵梨菜選手のコメント
「疲れは、ちょっとありましたが大丈夫。先生には『昨日のこと(団体戦優勝)は終わったんだから、今日大会に来たつもりで集中してやろう』と声を掛けて頂きました。相手が誰でも自分の柔道をして、投げてやろうと思っていました。準々決勝の杉山さんとの試合が一番きつかったですが、ポイントの場面は自然に体が動きました。階級を上げることに不安はありましたが、強い体を作ろうと思って決断しました。減量もきつくないし、自分に向いているかなと思います。今の柔道を鍛え上げて、将来は世界で金メダルを取れる選手になりたいです」

【準々決勝】

渡辺聖未(富士学苑高3年)○縦四方固(0:49)△岡本希望(紀央館高3年)
新森涼(敬愛高1年)○谷落(2:06)△西願寺保乃加(埼玉栄高3年)
畠石香花(土浦日大高3年)○優勢[有効]△佐藤恭穂(東京学館新潟高3年)
池絵梨菜(東大阪大敬愛高3年)○優勢[有効]△杉山歌嶺(修徳高2年)

【準決勝】

渡辺聖未○腕挫十字固(0:36)△西願寺保乃加
池絵梨菜○背負投(0:10)△畠石香花

【決勝】

池絵梨菜○優勢[有効・背負投]△渡辺聖未

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版10月31日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.