PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

日本が劇的決着でグルジア撃破、見事優勝決める・世界ジュニア柔道選手権男子団体戦

(2014年10月30日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版10月30日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
日本が劇的決着でグルジア撃破、見事優勝決める
世界ジュニア柔道選手権男子団体戦
26日に最終日の男女団体戦の競技が行われた世界ジュニア柔道選手権、18ヶ国が参加して行われた男子は日本が見事優勝を飾った。

日本は66kg級枠の阿部一二三と73kg級枠の山本悠司の前衛2枚が全勝でチームを牽引。決勝のグルジア戦は2対2のタイスコアで決着は最終戦の90kg超枠に持ち込まれたが、前戦の準決勝でで個人戦で敗れているカーモ(ウクライナ)にリベンジを果たして勢いに乗る小川雄勢が個人戦100kg級5位のツシシビリを相手にGS延長戦の末に払腰「有効」を奪って勝利。3-2で優勝を決めた。

入賞者と日本チームの対戦詳細は下記。

【入賞者】 エントリー18ヶ国
1.Japan (JPN)
2.Georgia (GEO)
3.Korea, South (KOR)
3.Russia (RUS)
5.Ukraine (UKR)
5.Brazil (BRA)
7.Austria (AUT)
7.Egypt (EGY)

【2回戦】

日本 5-0 アルジェリア
[66kg級]阿部一二三○合技△LADJ, Abdelkrim Mourad
[73kg級]山本悠司○反則[指導4]△DJEDDI, Oussama
[81kg級]佐藤正大○不戦
[90kg級]向翔一朗○不戦
[90kg超級]小川雄勢○反則[指導4]△DJRADI, Ahmed

【準々決勝】

日本 3-2 エジプト
[66kg級]阿部一二三○優勢[技有・大外刈]△ABDELMAWGOUD, Mohamed
[73kg級]山本悠司○背負投△ABDELMOUATY, Ali
[81kg級]尾方寿應○崩上四方固△HAZEM, Ali
[90kg級]向翔一朗△隅落○RAMADAN, Adham
[90kg超級]小川雄勢△優勢[指導2]○SELIM, Khaled

【準決勝】

日本 5-0 ウクライナ
[66kg級]阿部一二三○合技△RASKIN, Dmytro
[73kg級]山本悠司○合技△KHOMULA, Artem
[81kg級]尾方寿應○優勢[技有・内股]△MAKUKHA, Viktor
[90kg級]向翔一朗○背負投△SAVYTSKIY, Anton
[90kg超級]小川雄勢○反則△KHAMMO, Iakiv

【決勝】

日本 3-2 グルジア
[66kg級]阿部一二三○優勢[技有・小外刈]△KELIKHASHVILI, Gela
[73kg級]山本悠司○腕緘△MCHEDLISHVILI, Koba
[81kg級]尾方寿應△優勢[指導1]○MARGIANI, Ushangi
[90kg級]向翔一朗△優勢[有効・肩車]○GVINIASHVILI, Beka
[90kg超級]小川雄勢○GS有効・払巻込△TUSHISHVILI, Guram

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版10月30日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.