PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

昨年Vの環太平洋大が新進の帝京科学大に無念の敗退・全日本学生柔道体重別団体優勝大会・女子第1日

(2014年10月25日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版10月25日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
昨年Vの環太平洋大が新進の帝京科学大に無念の敗退
全日本学生柔道体重別団体優勝大会・女子第1日
体重別7人制で大学柔道日本一を争う全日本学生柔道体重別団体優勝大会が25日、ベイコム総合体育館(尼崎市)で開幕。1~3回戦(準々決勝)までが行われた女子は接戦の連続となった。

優勝候補として注目を集めたのは昨年優勝、6月の全日本学生優勝大会でも2位入賞の環太平洋大学、そして昨年3位、全日本学生優勝大会優勝の山梨学院大学だったが、環太平洋大学が3回戦で帝京科学大にまさかの敗退。
1-2のビハインドで迎えた大将戦で、環太平洋大の2年生エース・梅木真美が、帝京科学大の谷村美咲に支釣込足「技有」から横四方固に抑えられて完敗。最終スコア1-3で早々にトーナメントを脱落することとなった。本来78kg級の梅木はアジア大会、全日本学生体重別選手権、国体から引き続く連戦、そしてさ来週の講道館杯を考慮して減量のない78kg超級でのエントリー、しかし103kgの谷村に押し込まれていいところなく苦杯を喫した。

帝京科学大は初戦の2回戦では淑徳大を2-2の内容で下しており、今大会の台風の目と言える活躍。明日の準決勝は帝京大との戦いとなるが、果たして今日の勢いを持続できるか。

有力視されていた筑波大学は、2回戦で帝京大に1-2で敗れ、昨年帝京大を破って初の4強入りを果たした金沢学院大も帝京大に1-5で敗れた。

明日の準決勝では、帝京科学大と帝京大、東海大と山梨学院大が激突する。

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版10月25日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.