PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

阿部一二三、山本悠司はともに2位・世界ジュニア柔道選手権第2日男子

(2014年10月24日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版10月24日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
阿部一二三、山本悠司はともに2位
世界ジュニア柔道選手権第2日男子
アメリカ・マイアミのブロワードコンベーションセンターで行われている世界ジュニア柔道選手権は大会第2日の23日、男女それぞれ2階級ずつの競技が行われた。男子日本代表は66kg級に阿部一二三(神港学園神港高2年)、73kg級に山本悠司(天理大1年)が出場し、ともに2位だった。

阿部は初戦から2011年大会60kg級2位、昨年大会60kg級王者のアン・ボウル(韓国)と対戦する厳しい組み合わせだったが、この大一番に「指導1」で勝利。以後は「一本」連発で順当に勝ち上がり、決勝もイゴール・ムチャン(ロシア)を相手に1分34秒両袖の右大外刈「技有」、2分28秒右大内刈「有効」と奪って圧倒的に優位だったが、2分51秒に右釣り手を肩越しに入れて来た相手に正面から持ち上げられ、そのまま落とされて浮落「技有」失陥。相撲の「吊り落とし」と見紛う大技であった。これで動揺したか、3分13秒には脇を差して突進した相手に右への浮技で振り回されて2つ目の「技有」を失い合技「一本」で敗退した。阿部は昨年の世界カデ選手権に続いてまたしても2位、決勝で先行した2つのポイントはいずれも「一本」でもおかしくないものでまことに惜しい一番だった。

山本は決勝で、アジア大会に主力を温存した8月のチェリャビンスク世界選手権で韓国代表を務めたアン・チャングムと対戦。片手の左背負投で2つの「技有」を失って一本負けを喫し、惜しくも優勝には手が届かなかった。

各階級の入賞者と日本選手の勝ち上がり詳細は下記。

■66kg級

【入賞者】 エントリー50名
1.MGDSYAN, Egor(RUS)
2.ABE, Hifumi(JPN)
3.SANTOS JUNIOR, Ricardo(BRA)
3.SHMAILOV, Baruch(ISR)
5.IADOV, Bogdan(UKR)
5.LABRADO FERNANDEZ, Adrian(ESP)
7.ARAUJO, Eduardo(MEX)
7.GOLOD, Rodion(ISR)

【日本人選手勝ちあがり】

阿部一二三(神港学園神港高2年)
成績:2位

[2回戦]
阿部一二三○優勢[指導1]△AN Baul(KOR)
[3回戦]
阿部一二三○背負投(2:26)△GHAZARYAN Arsen(ARM)
[準々決勝]
阿部一二三○大外刈(0:26)△ARAUJO Eduardo(MEX)
[準決勝]
阿部一二三○背負投(1:55)△SHMAILOV Baruch(ISR)
[決勝]
阿部一二三△合技(3:13)○MGDSYAN Egor(RUS)

■73kg級

【入賞者】 エントリー51名
1.AN, Changrim(KOR)
2.YAMAMOTO, Yuji(JPN)
3.MCHEDLISHVILI, Koba(GEO)
3.SARAIVA, Nuno(POR)
5.BOLTABOEV, Sharofiddin(UZB)
5.RAHIMLI, Huseyn (AZE)
7.NEVES, Lincoln(BRA)
7.PAL, Gyula(HUN)

【日本人選手勝ちあがり】

山本悠司(天理大1年)
成績:2位

[1回戦]
山本悠司○大外刈(0:45)△MCFALL Joshua(BAH)
[2回戦]
山本悠司○合技(2:24)△RAICU Alexandru(ROU)
[3回戦]
山本悠司○優勢[指導1]△BEKTAS Murat(TUR)
[準々決勝]
山本悠司○優勢[指導1]△NEVES Lincoln(BRA)
[準決勝]
山本悠司○体落(1:43)△RAHIMLI Huseyn(AZE)
[決勝]
山本悠司△合技(1:59)○AN Changrim(KOR)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版10月24日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.