PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

高校王者3人擁する愛知県が初優勝・国民体育大会柔道競技少年男子

(2014年10月20日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版10月20日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
高校王者3人擁する愛知県が初優勝
国民体育大会柔道競技少年男子
20日、諫早市小野体育館(諫早市)で国民体育大会柔道競技第2日の競技が行われ、準々決勝から決勝までが行われた少年男子は愛知県が優勝した。

先鋒に高校選手権60kg級王者の永山竜樹(大成高3年)、中堅にインターハイ81kg級王者天野拓実(桜丘高3年)、副将に同100kg級王者の川田修平(大成高3年)を置く強力布陣の愛知県は2回戦で福岡県を2-1、準々決勝で愛媛県を2-1、準決勝も岡山県を2-1と全て永山と川田が得点を挙げて勝利し決勝進出。

東京都と対戦した決勝は次鋒古賀颯人(大成高2年)が大吉賢(日体荏原高1年)から優勢勝ち、中堅天野が佐藤竜(修徳高2年)から腕挫十字固で一本勝ちを果たして2点をリード。副将戦で川田がここまで全勝で勝ち上がって来た飯田健太郎(国士舘高1年)と引き分けて、この時点で優勝を決めた。愛知県は初優勝。

入賞者と準々決勝以降の対戦詳細は下記。

【入賞者】
優 勝:愛知県
準優勝:東京都
第三位:奈良県
第四位:岡山県

【準々決勝】

岡山県 ②代-2 神奈川県
(先)阿部竜太△横四方固(2:20)○関野晴矢
(次)福岡克仁○棄権勝△込山龍哉
(中)安達健太×引分×小原弘暉
(副)野地優太△腕挫脇固(3:08)○二見省吾
(大)菊地盛○合技(3:39)△浅野未来
(代)安達健太○GS横四方固(GS0:57)△小原弘暉

愛知県 2-1 愛媛県
(先)永山竜樹○袖釣込腰(0:44)△小島隆二郎
(次)古賀颯人×引分×立川新
(中)天野拓実△合技(2:25)○信岡弘太
(副)川田修平○大外刈(1:28)△古枝陸雄
(大)並木泰雅×引分×伊藤好信

奈良県 4-1 千葉県
(先)柵木達博○優勢[技有・背負投]△石川勇太
(次)牧野壮一郎○反則(2:53)△田島優人
(中)正木聖悟○反則(3:13)△染谷涼央
(副)古田伸悟△合技(3:14)○村田大祐
(大)並里樹○内股(2:17)△中島公康

東京都 3-1 長崎県
(先)藤阪泰恒○合技(3:03)△村上貴洋
(次)大吉賢△優勢[指導2]○田川兼三
(中)佐藤竜×引分×山田史人
(副)飯田健太郎○合技(0:37)△大石智也
(大)山田伊織○上四方固(1:33)△中山涼太

【準決勝】

愛知県 2-1 岡山県
(先)永山竜樹○袖釣込腰(2:15)△阿部竜太
(次)古賀颯人×引分×福岡克仁
(中)天野拓実×引分×安達健太
(副)川田修平○大外刈(0:42)△野地優太
(大)並木泰雅△優勢[僅差]○菊地盛

東京都 3-2 奈良県
(先)藤阪泰恒○優勢[有効・小外掛]△柵木達博
(次)大吉賢△合技(1:06)○牧野壮一郎
(中)佐藤竜○優勢[有効・内股透]△正木聖悟
(副)飯田健太郎○小外掛(0:42)△古田伸悟
(大)山田伊織△大外刈(2:07)○並里樹

【3位決定戦】

奈良県 3-2 岡山県
(先)柵木達博○優勢[技有・大内刈]△阿部竜太
(次)牧野壮一郎△優勢[技有・大内刈]○福岡克仁
(中)正木聖悟△横四方固(1:22)○安達健太
(副)古田伸悟○優勢[僅差]△野地優太
(大)並里樹○優勢[技有・裏投]△菊地盛


【決勝】

愛知県 2-1 東京都
(先)永山竜樹×引分×藤阪泰恒
(次)古賀颯人○優勢[僅差]△大吉賢
(中)天野拓実○腕挫十字固(3:28)△佐藤竜
(副)川田修平×引分×飯田健太郎
(大)並木泰雅△小外掛(3:35)○山田伊織

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版10月20日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.