PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

ジョンギョンミ優勝、梅木は世界王者ソルキョンに敗れるも好内容の3位で今後に期待・アジア大会78kg級レポート

(2014年9月26日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版9月26日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
ジョンギョンミ優勝、梅木は世界王者ソルキョンに敗れるも好内容の3位で今後に期待
アジア大会78kg級レポート
【成績上位者】エントリー7名
1.JEONG, Gyeong-Mi(KOR)
2.SOL, Kyong(PRK)
3.UMEKI, Mami(JPN)
3.ZHANG, Zhehui(CHN)
5.BATTULGA, Munkhtuya(MGL)
5.WANG, Szu-Chu(TPE)
7.AMANGELDIYEVA, Albina(KAZ)

優勝は第1シード配置のジョン・ギョンミ(韓国)。初戦となった準決勝ではバトトルガ・ムンクフツヤ(モンゴル)に左体落と崩袈裟固の合技で一本勝ち(1:31)。決勝で迎えた昨年の世界選手権王者ソル・キョン(北朝鮮)との大一番はケンカ四つのソルの突進を粘着質の組み手で押し止め、内股巻込を中心に先手の技を繋げて1分48秒、2分53秒と2度の「指導」を獲得。以後も左右の一本背負投に掛け潰れながら大枠破綻なく試合を進め、ソルの追撃を残り7秒の「指導1」のみに留めて優勝を決めた。
地元韓国勢、女子の金メダル奪取はこれで3つ目。男子に比して脆弱と思われた今回の陣容であったが、総崩れに近い状態の男子に比してその奮闘ぶりは出色。望み薄の63kg級を制したジョンダウン、直近の対戦で敗れている新井千鶴を倒して優勝した70kg級のキム・センヨンの勢いを受けて、この階級でもジョンギョンミが格上のソルを打倒、殊勲と言って良い勝利だった。


日本の梅木真美は3位。初戦(準々決勝)のソル戦は「苦手とは思わない」と嘯いていた通りしっかり組んで取り味のある左大外刈を放ち続け、終盤まで主導権を確保する大善戦。掛けても掛けても崩れないソルに引き出しの左大外刈を一発食って(「技有」)惜しくも敗退したが、抜擢に十分応えたと評して良い勇気のある戦いぶりだった。
梅木は敗者復活戦、3位決定戦と連勝して銅メダルを確保。表彰台のメンバーを見渡せばまずまず順位は順当、結果以上にその内容の良さを評価されるべき大会であった。

以下は個人的な意見になってしまうが、ここまでのキャリア全体を通じて梅木が最も良い柔道を繰り広げていたのは高校1年生でインターハイを制した2010年夏から秋に掛けての数か月。「ガッツリ組んでいけるのが自分の長所」と自ら語った通り、このインターハイでは組んだ釣り手を離さず内股、支釣込足、大外刈、隅落と全て違う投技で全試合「一本」を奪って優勝、無差別枠でエントリーした秋の国体もスケールの大きい柔道でジュニアカテゴリの超級のスターたちを次々撃破し熊本県の優勝に貢献した。この時の梅木の評価がうなぎ上りであったのは、オール一本勝ちという結果以上に「持って投げる」というそのスタイル自体の伸びしろが評価されたからに他ならない。

それが翌年はクロスグリップから釣り手を離しての巻込技、そして寝技で勝ち抜くという少々安易な形に柔道の重心が移り始め、さらに翌年の高校選手権以降はこの傾向が加速、「クロスグリップから巻き込み、横三角」という単一シナリオを辿り続ける融通の利かない選手へと変貌していった感あり。インターハイ優勝に世界ジュニア優勝と成績は残り続けたがこれは規格外の梅木の力の最低ラインがそれでも勝ててしまうくらい高かったからであり、あの「どんな相手でも倒してしまうのではないか」というような伸びしろを感じさせる柔道は以後ついぞ見られなかった。

そして、意外と言っては失礼だが、今大会でのソル・キョン戦の戦いぶりは2010年の「あの夏」を以後初めて想起させるものであった。クロスグリップで膠着することが禁じられた新ルールゆえかそれとも環太平洋大の教育のたまものか、クロスグリップはあくまでプロセスとして組み手を構成、横襟や奥襟をガッチリ確保し、そして釣り手を離すことなく掛け潰れることなく大技を連発する梅木の新スタイルは、エース緒方亜香里以外に国際大会で戦える人材のいない78kg級の将来に大いに可能性を感じさせるものであった。

そして。性格の優しい選手が多い女子重量級において、このアジア大会の大舞台で世界王者と対峙するというギリギリの状況で発動した「本性」が殴り合いのガチンコ勝負、中途で掛け潰れて勝負の舞台から降りることを峻拒しての連続攻撃であったという事実は何より買いだ。

次の大会で梅木がこのスタイルを継続出来るようであれば、つまりはこのスタイルが梅木とその周囲が意識して作り上げたものであれば以後の78kg級の国内の勢力図は大きく塗り替えられる可能性がある。ついに目覚めた大物・梅木、もしその覚醒が本物であるならば、強化陣が打った梅木抜擢という策は世界選手権63kg級への田代未来起用と並ぶ今季のスマッシュヒットになるのではないだろうか。次回大会の出来に注目したい。

【3位決定戦】

梅木真美○横四方固(3:03)△BATTULGA, Munkhtuya(MGL)
ZHANG, Zhehui(CHN)○優勢[指導2]△WANG, Szu-Chu(TPE)

【決勝】

JEONG, Gyeong-Mi(KOR)○優勢[指導2]△SOL, Kyong(PRK)

■日本選手勝ち上がり

梅木真美(環太平洋大2年)
成績:3位

【準々決勝】

梅木真美△優勢[技有・大内刈]○SOL, Kyong(PRK)

梅木、昨年の世界王者ソルキョンともに左組みの相四つ。
梅木は釣り手をクロス、そして奥襟に入れて強気の攻めを展開。しかし梅木の左大内刈、左外巻込に左払腰と立て続けに繰り出す技にもソルの軸は崩れず。梅木が得意の横三角であわや抑え込み宣告という山場を作り、大内刈に内股と技を繋いだ直後の2分23秒ソルに「指導1」。梅木は攻めを止めずに横襟を掴んでの左払腰を2連発に左大外刈と攻めまくるが、技の終わりに体を起こしながら回り込もうとした瞬間ソルに左大内刈を合わされ「技有」失陥。そのままスコア動かずタイムアップとなる。

【敗者復活戦】

梅木真美○合技(2:09)AMANGELDIYEVA Albina(KAZ)

ケンカ四つ。奥襟を掴んで左払腰に左内股で攻めてしっかり展開を作り、1分56秒に左大外刈。のけぞったアマンゲルデワを叩き落として「技有」奪取、そのまま横四方固に固めて合技「一本」。

【3位決定戦】

梅木真美○崩上四方固(3:04)△BATTULGA Munkhtuya(MGL)

ケンカ四つ。梅木は両襟で圧力を掛けるが、相手が出てこずなかなか勝負する間合いに入れない。相手を潰して横三角で攻める展開を2つ続けた2分15秒バトトルガに「指導1」。
直後再び奥襟を掴んで相手を潰し、横三角。拘束が甘く伏せられかけたが手で相手の腹を抱え直してめくりの深さを確保、崩上四方固で一本勝ち。

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版9月26日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.