PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]王子谷剛志と吉田優也が優勝飾る・アジア大会柔道競技第3日

(2014年9月22日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版9月22日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
[速報]王子谷剛志と吉田優也が優勝飾る
アジア大会柔道競技第3日
韓国・仁川で行われているアジア大会、22日は柔道競技第3日の男女計5階級の競技が行われた。

男子は100kg超級の王子谷剛志(東海大4年)と90kg級の吉田優也(旭化成)が優勝。

王子谷剛志は決勝までの2試合をいずれも一本勝ち、肩に負傷を抱えながら戦った決勝はダークホースのウルジバヤル・ドゥーレンバヤル(モンゴル)を隅落「有効」で破って勝利を決めた。

吉田は予想通りディルショド・チョリエフ(ウズベキスタン)との対戦となった決勝を、GS延長戦3分31秒という激戦の末、「韓国背負い」で「有効」を奪って制した。

78kg超級の稲森奈見(三井住友海上)は決勝で大型選手のマー・シーシー(中国)を相手に消極的な試合で敗れて2位。
初戦で昨年の世界王者ソル・キョン(北朝鮮)に善戦しながら大内刈「技有」で惜しくも敗れた梅木真美(環太平洋大2年)はその後も好パフォーマンスを続け、敗者復活戦と3位決定戦を勝ち抜いて銅メダルを確保した。

100kg級の熊代佑輔(ALSOK)は初戦でチョ・グハン(韓国)に「指導2」で敗れ入賞には手が届かなかった。

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版9月22日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.