PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

新井千鶴がチェンフェイとキムセンヨンの挑戦受ける、ダークホースは好調ツェンドアユシュ・アジア大会70kg級ひとこと展望

(2014年9月21日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版9月21日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
新井千鶴がチェンフェイとキムセンヨンの挑戦受ける、ダークホースは好調ツェンドアユシュ
アジア大会70kg級ひとこと展望
【有力選手×階級概況】

新井千鶴(WR11位)、キム・センヨン(韓国・WR6位)、チェン・フェイ(中国・WR19位)が3強、ダークホースはツェンドアユシュ・ナランジャルガル(モンゴル・WR23位)と4人までを挙げておくべきかと思われる。

キム・センヨンは左右に担ぎ技を仕掛けて展開を作りにくる一種典型的な韓国ファイター。昨年はこの戦術で当時の最強選手キム・ポリング(オランダ)を下し、世界選手権3位に入賞している。

チェン・フェイは歴代の日本代表選手と激戦を繰り広げてきた強豪。2010年東京世界選手権、2011年パリ世界選手権に出場し、2012年のロンドン五輪では5位に入賞している。

ナランジャルガルはメジャー大会での入賞歴はないが、先月の世界選手権最終日の団体戦で大活躍。準決勝では銅メダリストのオニキス・コルテスアルダマ(キューバ)を腕挫十字固「一本」に仕留めるなど全試合勝利で母国の銀メダル獲得に貢献した。力は一段落ちるが、好調選手という枠で気にしておくべき存在だろう。


新井はこの3人に対して全て勝利しており、7月のグランドスラムチュメンの3位決定戦ではチェンを左内股「一本」で下している。しっかり試合を組み立て、新井らしい足技と内股が出せる状況さえ作れれば優勝は十分可能と思われる。

【組み合わせ】

キムとツェンドアユシュ、新井とチェンが準決勝を争うことがほぼ確実。

新井は比較的戦いが組み立て易いチェンにしっかり勝ち、乱戦の可能性が高い決勝に備えたいところ。

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版9月21日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.