PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

様相は"据えもの斬り"、阿部香奈は優勝が絶対の使命・アジア大会63kg級ひとこと展望

(2014年9月21日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版9月21日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
様相は"据えもの斬り"、阿部香奈は優勝が絶対の使命
アジア大会63kg級ひとこと展望
【有力選手×階級概況】

阿部香菜(WR3位)が唯一絶対の優勝候補。追う勢力としてはジョン・ダウン(韓国・WR14位)にバルドルジ・ムングンチメグ(モンゴル・WR18位)がいるが、いずれもトップランカーである阿部と伍して勝ち負けを競うようなレベルにはない。

ジョンが泥沼の試合を志向する掛け潰れ系担ぎファイターであるという面倒な要素はあるが、阿部としては優勝は絶対条件、どういう内容で勝つかまでをイメージして戦うべきトーナメント。

【組み合わせ】

第1シードは阿部。ジョンとバルドルジが準決勝を争い、決勝で阿部に挑戦するという構図。
日本人的な観点でいえば、インターハイ70kg級2位の富士学苑高3年・渡辺聖美(フィリピン)と阿部が2回戦で戦う可能性があり、もし実現すればこれは見ておいても面白いカード。

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版9月21日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.