PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

今夏大ブレイクの川田修平が圧勝、得意の大外刈冴え渡る・インターハイ柔道競技100kg級レポート

(2014年9月16日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版9月16日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
今夏大ブレイクの川田修平が圧勝、得意の大外刈冴え渡る
インターハイ柔道競技100kg級レポート
eJudo Photo
太田竜聖と古田伸悟という強敵2人を立て続けに下して決勝進出の村田大祐

役者揃った激戦階級を決勝まで勝ち上がったのは村田大祐(東海大浦安高3年)と川田修平(大成高3年)の2人。

村田は1回戦で河野佑介(日章学園高3年)を内股「一本」(1:12)、2回戦は大橋昂文(日大三島高2年)を小外掛「一本」(1:28)、3回戦では荒木佳祐(簑面学園高3年)を「有効」優勢で破ると、準々決勝では強敵太田竜聖(白鴎大足利高3年)を「指導3」の優勢で下し、正念場となった準決勝は古田伸悟(天理高3年)を相手に「指導」1つのビハインドから右内股「技有」を奪って逆転勝利。地元代表の意地を見せつけ、見事決勝進出決定。

eJudo Photo
決勝進出の川田修平

金鷲旗と今大会の団体戦で抜群の出来を披露していた川田修平はこの個人戦でも勢い止まらず。1回戦は中原翔大(倉吉北高1年)を大外刈「一本」(2:33)、2回戦は出口滋文(英名高2年)を反則(1:52)で下し、3回戦では強敵吉良儀城(国士舘高3年)を僅か22秒の大外刈「一本」に仕留めてベスト8入り。準々決勝では長谷川優(東海大相模高3年)を「指導2」で下し、準決勝では3回戦で石山潤平(神戸国際大附高2年)を「指導2」優勢で食った石川竜多(水戸工高2年)をまたもや得意の大外刈「一本」に沈め、予想通りの、それも素晴らしい内容での決勝進出。

eJudo Photo
川田が左小外刈、当ててから送り込む一撃に村田転がり「有効」

決勝は村田が右、川田が左組みのケンカ四つ。

川田は釣り手を上から、村田は下から突いて対峙。体が良く動く川田は足技を放ちながら間合いを整え、投げを仕掛けるタイミングを伺う。
双方釣り手のみの攻防が一合続いた40秒、両者に「指導1」。

再開直後、釣り手を得た川田が左小外刈。相手の動きに合わせるのではなく、まず当てて釣り手の動きで引きずり込むようなこの技に村田吸い込まれて転がり「有効」、52秒。

村田失点にも慌てず落ち着いて試合を進め、引き手争いを経た1分28秒に腹を突き出しての右小外掛。半ば川田の体を載せたかに思われたが、川田は前技を仕掛ける形で腰を切って回避、「待て」。

eJudo Photo
川田が裏投「一本」で試合は決着

村田、さらに組み際に釣り手一本の状態から、引き手で相手の釣り手を抑えながら体を開いて膝車。自身の下がる力も利用したこの技に膝裏を殺された川田転がり伏せる。副審1人が「有効」の意思表示を行う強烈な技だったが、結局この技はノーポイント。

村田、腰を抱きに出て川田の背中側に進出するが、膠着となり「待て」。経過時間は2分41秒。

村田が小さく右小外刈を当て続け、川田の足首を捕まえたと見るや高く抜きあげる大技。
川田は空中で足を抜き、双方崩れ伏せる。
崩れ伏せた両者は間をおかずに立ち上がり、ここで再び村田が横から深く腰を捕まえる体勢が出来上がる。村田が裏投を狙うか、と思われたが川田は釣り手で首裏を捕まえ、身を切り返して裏投。半ば腹を出し掛かっていた村田は仰け反り飛んで「一本」、3分7秒。

川田修平、見事インターハイ制覇なる。6戦して5つの一本勝ち(1つの反則を含む)という圧勝劇であった。

高校選手権から階級を一つ上げた川田は、春に比べると技も力も一段明らかにレベルアップ。団体戦で決めまくった高速大外刈はもちろんだが、組み立ての中で、それも細かい戦術ではなく、右に崩して左に投げるという大きな枠に則って投げ切るその柔道は魅力十分。非常に将来性を感じさせる6試合であった。

eJudo Photo
優勝の川田修平

【入賞者】

優 勝:川田修平(大成高3年)
準優勝:村田大祐(東海大浦安高3年)
第三位:古田伸悟(天理高3年)、石川竜多(水戸工高2年)
敢闘賞:中野春輝(東京学館新潟高3年)、太田竜聖(白鴎大足利高3年)、半田晋助(久留米商高2年)、長谷川優(東海大相模高3年)

川田修平選手のコメント
「春の選手権で悔しい思いをしたので、なんとしても優勝したかった。釣り手を叩きながら掛ける大外刈は、中学3年生の時から先生に教えてもらった技。その頃は66kg級で小さかったんですが、先生がつきっきりで教えて下さり、その頃の練習が今生きていると思います。ケンカ四つが苦手だったんですが、春からはもうケンカ四つとしか稽古をしていない状態で(笑)、練習でもケンカ四つ相手だけの抜き勝負をやらされました。大学への出稽古も行くようになり、ガンガン稽古させてもらいました。次の目標は全日本ジュニア。狙えたら、2020年のオリンピックも挑戦したいです」

【準々決勝】

古田伸悟(天理高3年)○体落(2:32)△中野春輝(東京学館新潟高3年)
村田大祐(東海大浦安高3年)○優勢[指導3]△太田竜聖(白鴎大足利高3年)
石川竜多(水戸工高)○小外刈(1:34)△半田晋助(久留米商高2年)
川田修平(大成高3年)○優勢[指導2]△長谷川優(東海大相模高3年)

【準決勝】

村田大祐○優勢[技有]△古田伸悟
川田修平○大外刈△石川竜多

【決勝】

川田修平○裏投(3:07)△村田大祐

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版9月16日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.