PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

1年生の古賀若菜が優勝、「3連覇目指す」と意気軒高・全国中学校柔道大会女子40kg級

(2014年9月8日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版9月8日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
1年生の古賀若菜が優勝、「3連覇目指す」と意気軒高
全国中学校柔道大会女子40kg級
eJudo Photo
決勝、古賀若菜が和田君華から左大内刈でまず「技有」を奪う

8月24日、愛媛県武道館(松山市)で全国中学校柔道大会女子個人戦8階級の競技が行われた。
最軽量級の40kg級は1年生の古賀若菜(田主丸中)が優勝を飾った。

昨年、一昨年と全国小学生学年別大会を制している(2012年5年生女子40kg級、2013年6年生女子45kg級)古賀は決勝で和田君華(大成中)と対戦。左相四つの相手に対し左背負投と右袖釣込腰を連発して試合を優位に進めて30秒には「指導1」奪取、1分3秒には左背負投のフェイントを入れた鋭い左大内刈で「技有」を得て大幅リード。以後も左右の一本背負投を連発して相手に仕掛ける隙を与えない。
2つ目の「指導」も得て勝利濃厚の残り14秒、焦って防御が甘くなった相手に対し、再び背負投のフェイントを入れた左大内刈を入れて「技有」奪取。合技「一本」で優勝を決めた。

入賞者と準々決勝以降の結果、優勝者のコメントは下記。

eJudo Photo
優勝の古賀若菜。小学5年生から3年連続の全国制覇となった

【入賞者】

優 勝:古賀若菜(福岡・田主丸中)
準優勝:和田君華(愛知・大成中)
第三位:藤阪京子(東京・国分寺一中)、工藤毬矢(青森・鶴田中)
第五位:向尾知妃(滋賀・森山中)、遠藤彩華(神奈川・浜岳中)、小松涼(和歌山・湯浅中)、外処芽優(群馬・邑楽中)

古賀若菜選手のコメント
「(決勝で決めた)大内刈は小学生の時から得意な技で、自信がありました。コンディションも良かったです。中学に入って初めての全国大会ですが、3年生もいるし、気持ちだけは負けないようにと思っていました。技を最後まで持っていけたことと、寝技に早くいけたことも今日の良い点。2年生、3年生でも優勝して、3連覇を目指したいです」


【準々決勝】

藤阪恭子◯優勢[有効・大内刈]△向尾知妃
和田君華◯優勢[有効・大内返]△遠藤彩華
工藤毬矢◯優勢[指導2]△小松涼
古賀若菜◯崩上四方固(1:42)△外処茅優

【準決勝】

和田君華◯優勢[指導3]△藤阪恭子
古賀若菜◯合技(0:42)工藤毬矢

【決勝】

古賀若菜◯合技(2:46)△和田君華

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版9月8日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.