PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]48kg級の近藤亜美が優勝、60kg級で連覇狙った高藤直寿は3位に留まる・世界柔道選手権第1日

(2014年8月25日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月25日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
[速報]48kg級の近藤亜美が優勝、60kg級で連覇狙った高藤直寿は3位に留まる
世界柔道選手権第1日
25日、世界柔道選手権がロシア・チェリアビンスクで開幕。
初日は男子60kg級と女子48kg級の2階級の競技が行われ、48kg級は初出場の近藤亜美(三井住友海上)が優勝を飾った。60kg級で連覇を狙った高藤直寿(東海大3年)は3位だった。

近藤は3回戦で昨年の王者ムンクバット・ウランツェトセグ(モンゴル)を払腰「有効」で破り、決勝はパウラ・パレト(アルゼンチン)を「指導」2つの優勢で降した。

高藤は準決勝で地元ロシア代表のベスラン・ムドラノフと対戦。「技有」を「有効」に、「有効」をポイントなしに取り消されるなど不運な判定の末に「指導1」の反則による優勢で敗れたが、3位決定戦でアイベク・イマシェフ(カザフスタン)に裏投「一本」で勝利して銅メダルを確保した。

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月25日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.