PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

西潟健太が3連覇、慶應大出の藤井岳が準優勝果たす・全日本実業柔道個人選手権100kg超級

(2014年8月25日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月25日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
西潟健太が3連覇、慶應大出の藤井岳が準優勝果たす
全日本実業柔道個人選手権100kg超級
eJudo Photo
決勝、西潟が藤井を大外刈「一本」

24日にベイコム総合体育館(尼崎市)で最終日の競技が行われた全日本実業柔道個人選手権、最重量級の100kg超級は西潟健太(旭化成)が3連覇を飾った。

西潟は準々決勝で須藤紘司(京葉ガス)に「指導3」優勢で勝利、準決勝は不戦勝で決勝に進出。決勝は新卒の強化選手藤井岳(パーク24)と対戦、開始早々に左相四つの相手を大外刈に捉え、耐えられたところを捻り込んで「一本」、僅か34秒で優勝を決めた。

藤井は3回戦で辻玄太(旭化成)に「指導2」優勢、5回戦(準々決勝)では上杉亮太(旭化成)を内股「一本」で破っての2位入賞。百瀬優(旭化成)は欠場した。

入賞者と準決勝以降の結果は下記。

eJudo Photo
3連覇達成の西潟健太

【入賞者】
優 勝:西潟健太(旭化成)
準優勝:藤井岳(パーク24)
第三位:増田哲也(新日鐵住金)、赤迫健太(新日鐵住金)

※エントリー68名

【準決勝】

西潟健太○不戦勝△増田哲也
藤井岳○GS大外刈(GS0:22)△赤迫健太

【決勝】

西潟健太○大外刈(0:32)△藤井岳

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月25日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.