PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

安松春香が上野巴恵降してシニア初タイトル獲得・全日本実業柔道個人選手権70kg級

(2014年8月25日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月25日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
安松春香が上野巴恵降してシニア初タイトル獲得
全日本実業柔道個人選手権70kg級
eJudo Photo
決勝、安松春香は上野巴恵と釣り手を絞り合いながら攻める

ベイコム総合体育館(尼崎市)で行われている全日本実業柔道個人選手権は24日、最終日の競技が行われ、70kg級は安松春香(ALSOK)が初優勝を飾った。

安松は準決勝で小島佑香(JR東日本女子柔道部)を「指導3」の優勢で破って決勝進出。
強化選手上野巴恵(自衛隊体育学校)との決勝は、左相四つで双方釣り手で奥襟を求める激しい組み手争い。47秒上野に「指導1」、2分14秒安松に「指導1」、2分48秒安松に「指導2」と双方に次々反則が累積する消耗戦となる。3分24秒上野の左体落が偽装攻撃と判断されて「指導2」宣告、試合はGS延長戦に突入。同様に組み手争いが続いたが、55秒またもや上野が左体落に掛け潰れ、偽装攻撃で3つ目の「指導」宣告。ここで試合が終了、安松の優勝が決まった。

入賞者と準決勝、決勝の結果は下記。

eJudo Photo
優勝の安松春香

【入賞者】
優 勝:安松春香(ALSOK)
準優勝:上野巴恵(自衛隊体育学校)
第三位:前田奈恵子(JR東日本女子柔道部)、小島佑香(JR東日本女子柔道部)

※エントリー15名

【準決勝】

上野巴恵○優勢[有効]△前田奈恵子
安松春香○優勢[指導3]△小島佑香

【決勝】

安松春香○優勢[指導1]△上野巴恵

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月25日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.