PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

橋本壮市が齋藤涼と太田慶一を連破し初戴冠・全日本実業柔道個人選手権73kg級

(2014年8月24日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月24日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
橋本壮市が齋藤涼と太田慶一を連破し初戴冠
全日本実業柔道個人選手権73kg級
eJudo Photo
決勝、橋本壮市が太田慶一を相手に組み手を制して前進

22日にベイコム総合体育館(尼崎市)で開幕した全日本実業柔道個人選手権、73kg級は昨年橋本壮市(パーク24)が初優勝を飾った。

橋本は準決勝での齋藤涼(旭化成)という大山場を「指導」2つによる優勢で乗り越えて決勝進出。決勝は昨年の講道館杯王者太田慶一(了徳寺学園職)と対戦し、右相四つの相手との消耗戦を組み手での優位確保と機を見ての的確な攻撃で「指導3」対「指導2」という小差で制し、優勝を決めた。

強化選手の西山雄希(了徳寺学園職)は出場せず不戦敗だった。

入賞者と準決勝、決勝の結果は下記。

eJudo Photo
優勝の橋本壮市

【入賞者】

優 勝:橋本壮市(パーク24)
準優勝:太田慶一(了徳寺学園職)
第三位:齋藤涼(旭化成)、相馬啓敏(東芝)

※エントリー88名

【準決勝】

橋本壮市○優勢[指導2]△齋藤涼
太田慶一○腕挫十字固△相馬啓敏

【決勝】

橋本壮市○優勢[指導3]△太田慶一

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月24日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.