PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

八巻祐が昨年の雪辱、決勝で小倉武蔵を破る・全日本実業柔道個人選手権66kg級

(2014年8月24日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月24日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
八巻祐が昨年の雪辱、決勝で小倉武蔵を破る
全日本実業柔道個人選手権66kg級
eJudo Photo
八巻祐(右)と小倉武蔵の決勝戦

22日にベイコム総合体育館(尼崎市)で開幕した全日本実業柔道個人選手権、66kg級
は八巻祐(松前柔道クラブ)が初優勝を果たした。

昨年準優勝の八巻は準々決勝で60kg級ロンドン五輪銀メダリストの平岡拓晃(了徳寺学園職)を小内刈「一本」(2:39)で破り、準決勝では前戦で前野将吾(旭化成)をGS大内返「一本」で下している佐藤鉄馬(日本エースサポート)を「有効」優勢で退け決勝進出。

決勝では昨年敗れている小倉武蔵(了徳寺学園職)と対戦。八巻の足技、小倉の左右の担ぎ技と攻め合うものの決め手なく双方「指導1」を失ったまま試合はGS延長戦に縺れ込み、小倉の内股返、八巻の背負投とポイント級の技一度ずつを放ちあったまま試合は拮抗。3分を経過したところで小倉に疲れが見え始め、GS3分25秒「取り組まない」判断の「指導2」が小倉に与えられて試合は決着。八巻がうれしい初優勝を果たすこととなった。

入賞者と準決勝、決勝の結果は下記。

eJudo Photo
優勝の八巻祐

【入賞者】

優 勝:八巻祐(松前柔道クラブ)
準優勝:小倉武蔵(了徳寺学園職)
第三位:本間大地(ALSOK)、佐藤鉄馬(日本エースサポート)

※エントリー91名

【準決勝】

小倉武蔵○横四方固(4:50)△本間大地
八巻祐○優勢[有効]△佐藤鉄馬

【決勝】

八巻祐○GS指導2(GS3:25)△小倉武蔵

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月24日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.