PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

十田美里が初優勝、浅見八瑠奈は伊部尚子に敗れて3位・全日本実業柔道個人選手権48kg級

(2014年8月23日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月23日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
十田美里が初優勝、浅見八瑠奈は伊部尚子に敗れて3位
全日本実業柔道個人選手権48kg級
eJudo Photo
準決勝、伊部尚子が大内刈を押し込み浅見八瑠奈から「技有」

全日本実業個人柔道選手権は23日、ベイコム総合体育館(尼崎市)で開幕。

48kg級には昨年のリオ世界選手権以来休養していた2010年、2011年の世界選手権覇者浅見八瑠奈(コマツ)が出場。順調に勝ち上がっていたが、準決勝でベテラン伊部尚子(常翔学園クラブ)に大内刈を押し込まれ「技有」を失って敗退。復帰戦を飾ることが出来なかった。

eJudo Photo
決勝、十田美里が伊部を攻める

優勝を果たしたのは十田美里(自衛隊体育学校)。決勝はケンカ四つの伊部に対して右体落、左袖釣込腰で攻め、左大外刈で抗する伊部と膠着状態に陥り1分34秒双方に「指導1」。以後も差のつきにくい展開であったが粘り強く攻め続け、伊部が受け身になった2分36秒に2つ目の「指導」を奪取。そのままタイムアップまで攻め合いから降りず「指導2」の優勢で初優勝を決めた。

絶対の強者がいなかった上側のブロックからは黒江優希(北関東綜合警備保障)が3位に入賞した。

入賞者と準決勝以降の詳細は下記。

eJudo Photo
優勝の十田美里

【入賞者】

優 勝:十田美里(自衛隊体育学校)
準優勝:伊部尚子(常翔学園クラブ)
第三位:黒江優希(北関東綜合警備保障)、浅見八瑠奈(コマツ)

【準決勝】

十田美里○優勢[指導2]△黒江優希
伊部尚子○優勢[技有]△浅見八瑠奈

【決勝】

十田美里○優勢[僅差]△伊部尚子

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月23日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.