PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

国士舘中が強豪次々撃破し三連覇達成、「奇跡が起きた」と選手は感激の涙・全国中学校柔道大会男子団体戦

(2014年8月23日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月23日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
国士舘中が強豪次々撃破し三連覇達成、「奇跡が起きた」と選手は感激の涙
全国中学校柔道大会男子団体戦
eJudo Photo
決勝、国士舘中の次鋒長島光希が大成・大西陸斗を袈裟固に抑え込む

中学柔道日本一を争う全国中学校柔道大会は23日、第2日目の男子団体戦の競技が行われ、国士舘中(東京)が優勝。三連覇を果たした。

「今年は優勝候補にも入っていない」(川野成道監督)という国士舘中はその下馬評を覆し、準決勝では昨冬のサニックス旗福岡国際中学生柔道大会で優勝している灘中(兵庫)を次鋒長島光希の「技有」優勢と中堅渡辺将一の背負投「一本」をテコに2-2の内容差で見事下し、決勝へと進出。

決勝は3月の近代柔道杯王者の大成中(愛知)と対戦。先鋒戦は僅差の優勢で落としたが、次鋒戦では長島光希が大西陸斗を相手にまず内股巻込で「有効」を先制。1分20秒に右大外落で「有効」を失ったが直後右内股で「技有」を取り返し、そのまま袈裟固で抑え込んで合技で一本勝ち。さらに中堅戦では渡辺将一が黒氏大輝の技を受けて縺れたところから立ち上がり直し背負投「有効」をもぎとり、貴重な優勢勝ちを果たす。

副将戦ではこのリードを受けた織茂友多郎が藤井光一の突進を得意の寝技と足技で押し返し、しっかり引き分けを獲得。この時点で国士舘の優勝が決定、大将戦は落としたものの2-2の内容差で勝利を決め、見事大会三連覇を成し遂げた。

eJudo Photo
優勝決定後、川野成道監督は選手とともに号泣

川野成道監督は畳を降りた選手を抱きかかえるように迎えると、生徒に囲まれたまま突っ伏してしばし号泣。「奇跡としか思えないです。5月の練習試合では今日試合をしたチームに全部負けて、恥ずかしくて帰りたいくらいでしたけど、奇跡を信じてやってくれた」と選手を称え、「凌ぐ柔道をやっても勝てない。せっかくここまで一生懸命やって来たんだから会場を沸かせる番狂わせをやろう、思い切りやろうと送り出したことが良い方向に出ました」と試合を振り返った。

「スターはいないが信じられないくらい稽古をする。選手の力だけで勝った大会です」と川野監督が幾度も語った通り、楽な試合こそなかったが、苦しい中で逆転を繰り返しながら優勝まで辿り着いた国士舘の勝負力の高さ、そして勝ちへの執念は他を圧するものがあった。まさしく三連覇に相応しい戦いぶりだった。

惜しくも敗れた大成中・神谷兼正監督は「国士舘中は夏にしっかり仕上げて来た。灘中も本当に強いと感じた」と悔しそうに語り、「マルちゃん杯(9月)があります」と雪辱を誓っていた。

入賞者と決勝トーナメント1回戦の結果、準々決勝以降の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
三連覇を果たした国士舘中

【入賞者】

優 勝:国士舘中(東京)
準優勝:大成中(愛知)
第三位:灘中(兵庫)、大蔵中(福岡)
第五位:九州学院中(熊本)、熊野東中(広島)、東海大相模中(神奈川)、松山西中(愛媛)
敢闘賞:久居中(三重)、高松太田中(香川)、丘中(長野)、南風原中(沖縄)、天理中(奈良)、京都学園中(京都)、釧路共栄中(北海道)、内灘中(石川)

【決勝トーナメント1回戦】

灘中(兵庫) 4-0 久居中(三重)
九州学院中(熊本) 4-1 高松太田中(香川)
熊野東中 4-0 丘中(長野)
国士舘中(東京) 4-1 南風原中(沖縄)
大蔵中(福岡) 3-1 天理中(奈良)
東海大相模中(神奈川) 3-2 京都学園中(京都)
大成中(愛知) 5-0 釧路共栄中(北海道)
松山西中(愛媛) 2-0 内灘中(石川)

【準々決勝】

灘中 4-1 九州学院中
(先)村尾三四郎○合技(1:21)△工藤樹希
(次)毛利友弥○優勢[有効・大内刈]△森田駿
(中)呉島将輝△大外刈(1:20)○村山雄晟
(副)関根聖隆○優勢[僅差]△井上知洋
(大)清水雅義○縦四方固(0:51)△稲田優樹

国士舘中 3-2 熊野東中
(先)齋藤泰樹○優勢[技有・背負投]△兼藤仁士
(次)長島光希△小外刈(0:43)○長岡季空
(中)渡辺将一○優勢[技有・払腰]△福永夏生
(副)織茂友多郎△反則(2:44)○神垣和也
(大)酒井陸○払巻込(0:25)△田頭育也

大蔵中 4-1 東海大相模中
(先)湯本祥真○小内巻込(2:52)△鳴海勝成
(次)津嘉山崇○払巻込(1:12)△松本凱冬
(中)荒木海人△優勢[技有・支釣込足]○山科良悟
(副)弓削凛月○優勢[有効・大内刈]△近藤悠瑞
(大)大淵泰志郎○横四方固(0:55)△藤島将太

大成中 3-0 松山西中
(先)坂東虎之輔○優勢[有効・裏投]△湯山八雲
(次)大西陸斗○小内刈(0:16)△信岡翔
(中)黒氏大輝×引分×白石隼人
(副)藤井光一×引分×影浦力
(大)東部直希○内股(0:11)△井上昌也

【準決勝】

国士舘中 ②-2 灘中
(先)齋藤泰樹△優勢[僅差]○村尾三四郎
(次)長島光希○優勢[技有・支釣込足]△毛利友弥
(中)渡辺将一○背負投(1:02)△呉島将輝
(副)織茂友多郎△優勢[有効・横四方固]○関根聖隆
(大)酒井陸×引分×清水雅義

大成中 2-0 大蔵中
(先)坂東虎之輔×引分×湯本祥真
(次)大西陸斗×引分×津嘉山崇
(中)黒氏大輝×引分×荒木海人
(副)藤井光一○優勢[有効・払腰]△弓削凛月
(大)東部直希○袈裟固(0:54)△大淵泰志郎


【決勝】

国士舘中 ②-2 大成中
(先)齋藤泰樹△優勢[僅差]○坂東虎之輔
(次)長島光希○合技(1:28)△大西陸斗
(中)渡辺将一○優勢[有効・背負投]△黒氏大輝
(副)織茂友多郎×引分×藤井光一
(大)酒井陸△袖釣込腰(0:35)○東部直希

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月23日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.