PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

100kg超級は香川大吾が全試合一本勝ちで優勝、100kg級は川田修平が抜群の出来で制す・インターハイ柔道競技男子個人戦

(2014年8月5日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月5日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
100kg超級は香川大吾が全試合一本勝ちで優勝、100kg級は川田修平が抜群の出来で制す
インターハイ柔道競技男子個人戦
eJudo Photo
100kg超級決勝、香川大吾が田中源大から大外返「一本」

成田市中台運動公園体育館(成田市)で行われているインターハイ柔道競技は4日、第3日目の競技が行われ、男子個人戦は81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級の4階級の競技が行われた。

100kg超級は香川大吾(崇徳高)が6試合全てを一本勝ちという圧倒的な内容で優勝。決勝はともに今春の全日本選手権に出場した田中源大(高川学園高)と対戦。「決勝で戦おうと話していた。最後に決着をつけたかった」というライバルとの大一番を、相手の左大外刈を呼び込んで斜めにずらし、後ろ回りに体を回しながら刈り返す鮮やかな大外返「一本」で制し、見事高校最高峰タイトルの獲得を決めた。
全日本選手権出場以降不調が続き、7月末の金鷲旗大会では自身の失点でチームも敗退。「一発狙い過ぎたり、自分の良い技だけで勝とうとしたり、慢心があった」と気づき、以降一週間の合宿稽古で本番前としては異例の「毎日出せる力を全て出し切る、1回1回ヘトヘトになる」猛稽古を敢行。「これが優勝に繋がりました」と久々香川らしい笑顔を見せて、優勝の喜びを噛み締めていた。

3月の全国高校選手権無差別の覇者で今大会も優勝候補筆頭に挙げられていた小川雄勢(修徳高)は3回戦で奥野拓未(東海大仰星高)に浮落「有効」、払巻込「有効」、払巻込「技有」、袈裟固「技有」と立て続けに失って敗退。入賞なしに終わった。

eJudo Photo
100kg級決勝、川田修平が村田大祐を裏投「一本」に仕留める

100kg級は団体戦で旋風を巻き起こした大成高のエース川田修平が全国大会初制覇。得意の高速大外刈はこの日も健在で、6試合中5試合が一本勝ち、うち3試合が大外刈によるもので、3回戦ではライバル国士舘高のエース吉良儀城をこの技で叩き落とし僅か22秒の一本勝ち。
決勝は地元の期待を背負った村田大祐(東海大浦安高)が挑んだ接近戦にひるまず、裏投で切り返して「一本」。川田らしい豪快な一撃で大会を締め、初の全国タイトル獲得を決めた。

高校選手権の敗退以降、階級をひとつ上げたことと大学への出稽古を増やしたことで格段にパワーがアップ。加えて「監督に『相四つはもういいから』と言われて、4月から乱取りの相手は全て右組みでした」との徹底ぶりで苦手のケンカ四つを克服。力と技を上積みし、勝つべくして勝ったインターハイだった。

90kg級は高校選手権王者の白川剛章(福井工大福井高)が優勝。徹底マークに逢って得意の内股での勝利は初戦のみだったが、白川の投げを恐れる相手を冷静に追い詰め続け、準決勝は九州大会王者の川野義文(東海大五高)を「指導2」優勢、決勝はここまで全試合一本勝ちで勝ち上がって来た二見省吾(相洋高)を「指導4」の反則で破って優勝を決めた。

81kg級はダークホース天野拓実(桜丘高)が並み居る強豪を押しのけて勝利。2回戦で昨年の全国中学大会王者藤原崇太郎(日体荏原高)を背負投「技有」で降すと混戦ブロックを一気に駆け上がり、決勝では優勝候補筆頭の正木聖悟(天理高)に「有効」をリードされた残り18秒に抱きつきの大内刈で試合を壊しに掛かり、長い返しあいを制して「技有」奪取。逆転で優勝を決めて見せた。

各階級の入賞者と準々決勝以降の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
81kg級優勝の天野拓実

■81kg級

【入賞者】

優 勝:天野拓実(桜丘高)
準優勝:正木聖悟(天理高)
第三位:鳥居天凱(神戸国際大附高)、山田知輝(東海大翔洋高)
敢闘賞:青木雅道(宮崎工高)、船橋龍之介(青森北高)、下山和哉(国東高)、北村翔太(近江高)

【準々決勝】

鳥居天凱(神戸国際大附高)○大内刈(2:35)△青木雅道(宮崎工高)
正木聖悟(天理高)○大外刈(2:34)△船橋龍之介(青森北高)
天野拓実(桜丘高)○優勢[指導3]△下山和哉(国東高)
山田知輝(東海大翔洋高)○優勢[指導2]△北村翔太(近江高)

【準決勝】

正木聖悟○優勢[指導2]△鳥居天凱
天野拓実○優勢[指導3]△山田知輝

【決勝】

天野拓実○優勢[技有]△正木聖悟

eJudo Photo
90kg級優勝の白川剛章。高校選手権に続く二冠

■90kg級

【入賞者】

優 勝:白川剛章(福井工大福井高)
準優勝:二見省吾(相洋高)
第三位:川野義文(東海大五高)、鷹野仁(佐久長聖高)
敢闘賞:池上大貴(東海大仰星高)、長田治親(秋田高)、近藤優貴(国東高)、植田蒼太朗(浜松商高)

【準々決勝】

川野義文(東海大五高)○内股(0:32)△池上大貴(東海大仰星高)
白川剛章(福井工大福井高)○横四方固(2:06)△長田治親(秋田高)
鷹野仁(佐久長聖高)○上四方固(4:20)△近藤優貴(国東高)
二見省吾(相洋高)○内股(2:35)△植田蒼太朗(浜松商高)

【準決勝】

白川剛章○優勢[指導2]△川野義文
二見省吾○合技(1:28)△鷹野仁

【決勝】

白川剛章○反則[指導4](1:28)△二見省吾

eJudo Photo
100kg級優勝の川田修平

■100kg級

【入賞者】

優 勝:川田修平(大成高)
準優勝:村田大祐(東海大浦安高)
第三位:古田伸悟(天理高)、石川竜多(水戸工高)
敢闘賞:中野春輝(東京学館新潟高)、太田竜聖(白鴎大足利高)、半田晋助(久留米商高)、長谷川優(東海大相模高)

【準々決勝】

古田伸悟(天理高)○体落(2:32)△中野春輝(東京学館新潟高)
村田大祐(東海大浦安高)○優勢[指導3]△太田竜聖(白鴎大足利高
石川竜多(水戸工高)○小外刈(1:34)△半田晋助(久留米商高)
川田修平(大成高)○優勢[指導2]△長谷川優(東海大相模高)

【準決勝】

村田大祐○優勢[技有]△古田伸悟
川田修平○大外刈△石川竜多

【決勝】

川田修平○裏投(3:07)△村田大祐

eJudo Photo
100kg超級優勝の香川大吾

■100kg超級

【入賞者】

優 勝:香川大吾(崇徳高)
準優勝:田中源大(高川学園高)
第三位:新井滉燿(神戸国際大附高)、奥野拓未(東海大仰星高)
敢闘賞:石山蒔恩(山形工高)、太田彪雅(白鴎大足利高)、中島公康(土気高)、上野翔平(津幡高)

【準々決勝】

新井滉燿(神戸国際大附高)○合技(0:43)△石山蒔恩(山形工高)
香川大吾(崇徳高)○小内刈(1:51)△太田彪雅(白鴎大足利高)
田中源大(高川学園高)○横四方固(1:01)△中島公康(土気高)
奥野拓未(東海大仰星高)○合技(3:40)△上野翔平(津幡高)

【準決勝】

香川大吾○大外刈(0:27)△新井滉燿
田中源大○上四方固(2:11)△奥野拓未

【決勝】

香川大吾○大外返(0:47)△田中源大

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月5日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.