PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

有力校順当にベスト16進出、大成高は1年生武田亮子が14人抜きの大活躍・金鷲旗高校柔道大会第1日女子

(2014年7月22日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版7月22日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
金鷲旗高校柔道大会第1日女子
有力校順当にベスト16進出、大成高は1年生武田亮子が14人抜きの大活躍
eJudo Photo
2回戦、大成高の武田亮子が盛岡中央高・高橋萌美から右背負投で「有効」

21日にマリンメッセ福岡(福岡市)で開幕した金鷲旗高校柔道大会は22日、いよいよ競技が開始された。
女子は1回戦から4回戦までの競技が行われ、シード各校が順当に2日目へと駒を進めている。

高校選手権優勝の埼玉栄高(埼玉)は2回戦で名張高(三重)を3勝0敗の不戦3人、兵庫商高(兵庫)には先鋒泉雅子、次鋒池田真梨がそれぞれ2勝2敗で不戦2人、先鋒に工藤七海を投入した東海大翔洋高(静岡)戦は3勝0敗の不戦3人で勝利し、五回戦進出を決めた。

大成高(愛知)は、盛岡中央高(岩手)、出水中央高(鹿児島)、国東高(大分)を相手に先鋒の1年生武田亮子が圧巻の14人抜き。15人目は内股「一本」で落としたが、次鋒黒木七都美が抜き返して試合終了、抜群の内容でベスト16入り決定。

東大阪大敬愛高(大阪)は初戦の柴田高(宮城)戦を3勝1敗2分け、不戦で残した選手は大将の池絵梨菜1人のみというバタバタの出だしだったが、3回戦の九州国際大付高(福岡)戦は初戦で引き分けた先鋒古川榛花が5人を抜いて勝利、4回戦は加藤学園高(静岡)に4勝1分けの不戦3人で余裕を持って5回戦進出を決めた。

eJudo Photo
Eパート3回戦の大将対決、桐蔭学園高の嶺井美穂が天理高・新添左季から内股「一本」

Eパートに配された高校選手権2位の桐蔭学園高(神奈川)は山場と目された3回戦の天理高(奈良)との大将同士対決で嶺井美穂が新添左季を内股「一本」で下し、4回戦は中京高(岐阜)を不戦3人で退けてのベスト16入り。

大混戦となったGパートでは、横須賀学院高(神奈川)が2回戦で夙川学院高(兵庫)、3回戦で熊本西高(熊本)、4回戦で富士学苑高(山梨)をこの3戦合計で13勝9敗2分けという壮絶な撃ち合いの末に下して五回戦に駒を進めた。

Hパートでは4回戦で鹿児島情報高の鬼塚葉瑠奈がここまで2人を抜いて孤軍奮闘の土浦日大高・畠石香花を合技「一本」で下し、2日目進出を決めた。

沖学園高、敬愛高の福岡勢二校も順当に五回戦進出を決めている。

あす23日は五回戦から決勝までの競技が行われる。

五回戦のカードは下記。


埼玉栄高(埼玉) - 淑徳高(東京)
東大阪大敬愛高(大阪) - 新田高(愛媛)
大成高(愛知) - 創志学園高(岡山)
帝京高(東京) - 長崎明誠高(長崎)
桐蔭学園高(神奈川) - 松商学園高(長野)
東海大四高(北海道) - 敬愛高(福岡)
紀央館高(和歌山) - 横須賀学院高(神奈川)
沖学園高(福岡) - 鹿児島情報高(鹿児島)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版7月22日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.