PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

大成、埼玉栄、東大阪大敬愛が軸の大混戦。組み合わせ恵まれた敬愛と沖学園の地元2チームがこれら強豪を迎え撃つ・金鷲旗高校柔道大会女子展望

(2014年7月21日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版7月21日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
大成、埼玉栄、東大阪大敬愛が軸の大混戦。組み合わせ恵まれた敬愛と沖学園の地元2チームがこれら強豪を迎え撃つ
金鷲旗高校柔道大会女子展望
女子の三大大会で唯一「抜き試合」レギュレーションで行われる本大会。今季の目玉となるはずであった全日本強化選手朝比奈沙羅(渋谷教育学園渋谷高)が3月の皇后盃東京都予選で負傷を悪化させ、おそらく今大会の出場も難しい状況。よって今代スタート時に予感された「最後の夏、朝比奈1人が最後までいくのか!?」というような金鷲旗ならではの見どころの設定は不可。例えば昨年は地元開催のインターハイを控えた巨大戦力チーム敬愛に挑む全国の強豪、という面白い構図がひとつあったが、今大会はこのような大会を貫く大テーマも見当たらない。個々に魅力的な選手、強豪はもちろん相当数存在するが、無差別抜き試合の今大会の顔と成り得るべきスケールの大物は不在(もしくはまだ最高学年に至らず未完成)で、例年に比べると「役者」と成り得るチームの数が減り、優勝を争うレベルの強豪もかなり絞られるのではないかと思われる。混戦の大会だ。

■有力校

優勝争いの軸は埼玉栄高(埼玉)と大成高(愛知)。

高校選手権で優勝を果たした埼玉栄は同大会で大活躍した2年生の冨田若春に、負傷からいよいよ復帰した桒原佑佳と重量級のポイントゲッター2枚を誇る。いずれも昨夏のインターハイ優勝時のレギュラーであり、爆発力はもちろん状況を意識した団体戦向けの戦いが出来ることも買い。不安材料は桒原が復帰まだ間もないことと、強者が軽い階級に揃う周辺戦力の仕上がり具合。昨年、結果的にはこの金鷲旗を捨てて一点突破でインターハイにフォーカスし見事優勝を果たした埼玉栄だが、今年はこの大会にどこまで重心を掛けてくるか、また名将本松好正監督が腕を振るえるレベルにまで周辺戦力が仕上がっているかどうかがまず第一の勝負の分かれ目。上位対戦でも複数毎を抜かねばならない、かつ相手が凌ぐ試合を志向してくることが確実な冨田と桒原の体力と取り味も要素として非常に重要だ。


大成は鍋倉那美を中心に全国大会優勝レベルの選手を揃えた「黄金世代」である現2年生の入学以来インターハイ3位、高校選手権3位と全国の舞台で連続入賞。それでもあらゆるタイトルを総ナメした中学時代の成績を考える限り選手が満足しているとは思えない。63kg級の高校選手権覇者である鍋倉の他、大型選手相手にも凌ぎながら取る試合が展開できる中江美裕に鈴木伊織ともともと総合力ではナンバーワンクラス、ここに昨年の全国中学大会王者粂田晴乃という待望の超級選手を加えて戦力は明らかに一段アップ。いよいよ初の頂点取りを狙う。

この2チームを追い掛ける一番手は東大阪大敬愛高(大阪)。高校選手権70kg級王者の池絵梨菜と米沢夏帆、斉藤芽衣の「香長中トリオ」に加えて今代インターハイ予選でレギュラーを務めた78kg級の中村優里を加えて総合力は頂点を伺うレベル。ベスト8に終わった高校選手権の悔しさを晴らすべく大会に挑む。

これら強豪に地元福岡の沖学園高と敬愛高がタイトルを守るべく食らいつくというのが大会の様相。ほか、講道館杯78kg級2位の浜未悠と78kg超級東京代表の井上舞子を擁するインターハイ東京代表の淑徳高、57kg級高校選手権王者西尾直子と高校選手権無差別3位の荒谷莉佳子を抱える帝京、大駒嶺井美穂を擁して周辺戦力も上積み著しい高校選手権2位の桐蔭学園高などが事前予測の段階で有力と目されるチーム。

■組み合わせ

今年も「九州上げ」の傾きが明らか。敬愛、沖学園という地元の有力2チームを避ける形で、AパートからDパートに優勝候補の強豪が詰め込まれた。

【Aパート】

シード校の埼玉栄と淑徳によるパートファイナルが唯一最大の山場。埼玉栄の冨田と桒原、淑徳の井上と浜というポイントゲッター同士の対決は不可避で、この「直接対決」で勝ち上がりが決まる可能性が非常に高い。乱戦で生きるタイプで意外性が最大の売りの浜が表裏いずれの面を見せるかがこの対決を占うもっとも大きなポイント。様相読み難いが、桒原の復調が一定以上のレベルにあると仮定して、ここは少差で埼玉栄が上がると見ておきたい。

【Bパート】

シード校は東大阪大敬愛で、逆側の山には新田高(愛媛)、修徳高(東京)、阿蘇中央高(熊本)などが揃う。戦闘力的には新田を押したいところだが、諸事情から出場するかどうかが微妙な状況。修徳がパートファイナルまで勝ち上がり、ベスト8に勝ち抜けるのは東大阪大敬愛と読む。

【Cパート】

絶対の勝ち上がり候補であるシード校大成に挑む逆側の山には創志学園高(岡山)と渋谷教育学園高(東京)が配された。大成にとって、しぶとく柔道の骨が太い創志学園との対戦はひとつの試練。ここでの勝ちぶりでまず今大会に向けた仕上がりの程が測られる。渋谷教育学園は前述の通り絶対のエース朝比奈を欠く布陣となる可能性が高く、その場合上位対戦では計算できる得点ポイントが少なすぎる印象。勝ち上がりは、大成。

【Dパート】

シード校は帝京。4回戦で高川学園高(山口)、パートファイナルで鹿児島南高(鹿児島)との対戦が濃厚。接戦の可能性は低くないが、枚数と駒の質から考える限り、ここは帝京の勝ち上がりと予想してまず間違いないものと思われる。


【Eパート】

シード校は桐蔭学園。3回戦の天理高(奈良)、パートファイナルの松商学園高(長野)と厄介な敵との対戦が待ち受けるが、ポイントゲッターの最高到達点を比べる限り桐蔭学園の勝ちあがりを予想しておいてまずまず間違いないかと思われる。この段で嶺井がどれだけ試合をこなさねばならないかが、以後の勝敗に大きく影響する。嶺井の出場試合数とその内容に注目。

【Fパート】

シード校は奈良育英高(奈良)で4回戦では高校選手権無差別王者の佐藤杏香を擁する東海大四高(北海道)が待ち受けるが、このパートは密度が薄い。勝ち上がり候補は逆側の山に入った敬愛高(福岡)と考えるべき。全中超級王者の3年生山口凌歌を筆頭に飯島彩加、梅津志悠に立川莉奈、さらに70kg級で永瀬貴子を倒して福岡県代表の座を勝ち取った新森涼と今年も強者を並べるが、インサイドワークに難のある山口に良くも悪くもブレーキが効かないタイプの飯島、梅津が上位対戦で「上から目線」の試合を貫けるかどうかが課題。この段では問題なく勝ち上がると思われるが、上位対戦では吉本幸洋監督がどう手綱を取るか、試合展開に注目。

【Gパート】

シード校は高校選手権で3位に躍進した紀央館高(和歌山)。逆側の山には夙川学院(兵庫)、横須賀学院高(神奈川)、富士学苑高(山梨)が詰め込まれた超激戦の鍔迫り合いブロック。事前予測は難しく、いずれのチームが勝ち上がってもおかしくない。

【Hパート】

シード校は地元福岡の沖学園高。永瀬貴子、多田隈玲菜、山本絵玲菜らを中心に5人の戦力は骨が太い。逆側の山に三浦学苑高(神奈川)、畠石香花を擁する土浦日大高(茨城)がいるが、沖学園のパート勝ち上がり自体はほぼ確実。このチームも敬愛高同様、ベスト8以上の上位対戦でどこまで「上から目線」の試合が出来るかどうかが課題。

【準々決勝-決勝】

準々決勝として仮定されるカードは下記。

埼玉栄 - 東大阪大敬愛
大成 - 帝京
桐蔭学園 - 敬愛
(紀央館、夙川学院、横須賀学院、富士学苑) - 沖学園

この稿の序盤で挙げた有力校がことごとく上側の山に集まり、あらためて九州勢優位の組み合わせが浮き彫りとなる顔合わせだ。

下側2つの山からは、選手層とレギュレーションを考えると敬愛の勝ち上がりが濃厚。

準々決勝の埼玉栄 - 東大阪大敬愛は激戦必至。
埼玉栄の後ろ2枚は桒原、冨田。一方の東大阪大敬愛は斉藤、池。
斉藤は桒原、冨田いずれに対しても巻き込みながら試合をまとめる「痛み分け」の試合も、巻き込みの中に有効打を混ぜて歩留まりよく勝ちも狙うというオルティス(キューバ)やアルセマム(ブラジル)のような泥臭い試合が可能。大駒複数枚抜きまでを期待するのは非現実的だが、重量級のエース相手にも大崩れはないとみておくべき。

大将の池は担ぎ技も得手だが、重量級の圧殺タイプには事故の可能性も否定出来ず、前に出てきて展開を作るタイプの冨田が元気なうちに戦わねばならないようだと厳しい。池の一発、もしくは崩しておいての早い寝技という得意なパターンを決めるには、今季度々切所で息が切れて苦しい場面を見せている冨田の疲労を事前に誘っておくことに如くはなし。
ということで究極的にはこの試合、冨田と池の直接対決が、どちらが「畳に残った」状態で行われるのかということが試合を決める大きな要素になると思われる。ということはこの試合の勝敗を分けるのは前半戦。いずれがリードを持って後半戦に試合を繋ぐかが最大のポイントだ。よってキーマンは前半対決における両軍最大の駒である東大阪大敬愛の中堅・米沢夏帆。ここのところ元気のない試合が続いているもと全中王者が明らかな使命を負って出動するこの試合でどんなパフォーマンスを見せるか。勝敗に直結する試合として、注目だ。

大成-帝京は競った試合で戦闘力を発揮するタイプの枚数の差で、大成が勝ち上がり濃厚。

決勝カードは、埼玉栄・東大阪大敬愛・大成のいずれかと敬愛が戦うこととなりそうだ。

順行運転であれば、激戦区の上側の山を勝ち上がったチームが有利。最高到達点と悪い試合の差が激しい敬愛が勝つにはそれまでの勝ち上がりでの勢いの醸成、地元の利を生かした強気の試合を展開することが必須だ。
いずれ大混戦の今年度大会、どのチーム一段これまでと違う上積みを得なければ勝利することはないと思われるが、それが何であり、どのチームに訪れるのか。試合を楽しみに待ちたい。

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版7月21日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.