PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

優勝候補筆頭はハイレベルで「役者」揃えた国士舘、大駒1枚誇る崇徳、白鴎大足利、天理、修徳らがレギュレーション利して後を追う・金鷲旗高校柔道大会男子展望

(2014年7月21日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版7月21日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
優勝候補筆頭はハイレベルで「役者」揃えた国士舘、大駒1枚誇る崇徳、白鴎大足利、天理、修徳らがレギュレーション利して後を追う
金鷲旗高校柔道大会男子展望
高校柔道界三大タイトルの一つ、体重無差別の五人制抜き試合×選手配列固定という過酷なレギュレーションで日本一を争う金鷲旗高校柔道大会は21日に開幕、22日から24日まで3日間に渡って激戦が繰り広げられる。

今季の男子は史上稀に見る大混戦。「冬からうねるように、(勢力図が)常に変わり続けてきた」という昨年のインターハイ王者である崇徳高・加美富章監督が事前に語った通り、全国の強豪各校が必死のつば競り合いを繰り広げ、結果3月の高校選手権では大型エース小川雄勢を擁する修徳高(東京)が初優勝を成し遂げるに至ったわけが、各校の戦力差はまことに僅少。

負傷選手の復調具合に今季人材が揃った1年生の加入による新戦力の上積みの有無、エース級の成長度に負傷による戦力減殺のあるなし、とカード1枚の出入りで彼我の戦力差は大きく変わってしまう。接戦の増加が予想される中、フィジカル、メンタルともにチームのコンディション調整に大会の行方が例年以上に大きく左右される、まことに気の抜けない大会となるはずだ。

また、昨年インターハイの決勝を争った崇徳高と作陽高、3位に食い込んだ修徳高、さらにベスト8入賞の東海大甲府高はいずれも残り1か月のギリギリの段階で急激に伸びたチームであり、これらのチームのインターハイでの大活躍を予感させたのはこの金鷲旗大会の好パフォーマンスであった。今年はインターハイまで中一週間しかなく、今大会のパフォーマンスはインターハイの出来に直結すると考えておいて間違いない。試合を見る目が2つでは足りないくらいの、注目ポイントの多い大会だ。

■有力校

優勝候補筆頭には国士舘高(東京)を推す。3年生のエース吉良儀城を中心に高校選手権3位入賞を果たしたメンバー5人、ここに磯村亮太と飯田健太郎というタイプ的にも実力的にもポイントゲッターが務まるクラスの攻撃型1年生2人を迎えて、今まさしく充実の時を迎えている。春に急成長して全日本カデ90kg超級を制した山田伊織に、しぶとさとカウンターの一撃が売りの竹村昂大と山田稔喜、そしてIH90kg級代表でバランス抜群の釘丸太一を入れた7人の中から出場選手を選んでいくわけだが、正統派に飛び道具型、しぶといタイプに回りの見えるリーダータイプと団体戦に必要なロールをこなす「役者」がキッチリ揃った今回のメンバーはまことに隙がなく、その戦力的到達点は高い。

そして、この役者の揃いっぷりを超えたストロングポイントとして挙げられるのがチームのまとまりと一体感。国士舘高は全国中学大会を席巻したビッグネームを揃えた前代チームで日本一を逃しているが、この前代チームに限らず、ここ数年本来国士舘の長所であるはずのこの点で長く緩やかな低落傾向が見え続けていた。強い弱いという戦闘力の高低に関わらず、チームとして国士舘が「上げ潮」に乗っているのは久々ではないだろうか。

昨年、そして今季の高校選手権の敗戦から目を背けることなく敗戦の因を分析し、克服しつつあることも大いに買える。高校選手権準決勝、吉良儀城に岩渕公一監督が指示し続けた「きちんと襟を持ってやれ」という声は、昨年作陽高の粘りに対して過程を飛ばした「脇差し」「肩越し」での打ち合いに応じてアップセットを許した記憶によるものであるのは間違いない。以後の試合でもしばしばこの指示を聞くことがあるが、その声には、切所で挑まれる一発勝負に対して万が一にも対応を誤らぬようという、その育成が「詰め」の段階にあることが強く感じられる。大会を席巻するほどの図抜けたエースがいないことは減点ポイントではあるが、メンバーの戦力的、そして性格的な揃いっぷり、チームの雰囲気の良さにリスク管理の意識、そして名将岩渕監督の手綱の取りっぷりの良さ。現時点で一番手に推すのはこのチームしかない。

以下は数チームが混戦という様相だが、蓬田正郎監督の「今年はうちが地方代表」と堂々宣言するその意気込みを買って、対抗馬一番手には高校選手権2位の白鴎大足利高(栃木)を推しておきたい。

戦力を整え、勝利に繋がる要素を各パラメーターで淡々と高めてあたかも優勝という結果から帰納してチームを組み立てている感のある国士舘のスマートなアプローチと比べ、このチームに漂うのは良くも悪くも昭和的な、泥臭い「勝負」の匂い。方向性は凸凹であってもともかく「強い」手札を5枚揃えて、これでどうだと全国大会という盆に叩き付ける。まるで博打に臨むかのように勝ち負けを楽しむ、昭和の地方強豪高の系譜に連なる個性派チームだ。
その「蓬田親分」に率いられるチームのエースは世界カデ王者の2年生・太田彪雅。天才肌ゆえのムラ気は相変わらずだが、悪い展開、取れないはずの展開を一発で取り返してしまう投げの威力もまた健在。大型選手に苦労した高校選手権の反省を踏まえて技のバリエーションも増やしたということで、今夏はキャリア最大の好パフォーマンスが期待される。相撲部屋のスカウトがその体格の良さに目を見張る180kgの巨漢山中勇希、「走れる重量級」柳原尚弥に回りの見える業師太田竜聖、今代躍進の精神的な因となった軽中量級の斬り込み隊長浅野大輔と脇を固めるメンバーも個性派揃い。高校選手権で武道館の畳を踏んだ佐俣楓に全国中学大会90kg級王者の1年生長島立弥も加えた7人の陣容は強い弱いという観点を超えて、面白い、と評する他はない。1枚1枚の個性が違うゆえ、共通メソッドで育てられた現代的強豪のような平均点としての骨太さはない。ただしその多様性ゆえに同一タイプ相手の大崩れもなく勝ったり負けたり、つまりはそのタイプ的な凹凸の激しさが結果として防御力に繋がっている、という体で勝ち抜くチームのために、実は高校選手権でのハイレベルチーム相手の勝利はいずれもが非常な僅少差、常に大将太田が出動して勝ちを収めるという接戦続きであった。決勝での敗戦にはこの戦い方によって生まれた精神的な疲労が影響したという面も少なからずあるはずで、金鷲旗は上位対戦に至るまでの序盤戦をどう戦っていくかがひとつの課題。序盤に起用されるはずの長島と佐俣が良い流れを作れるかどうかに注目。

白鴎大足利の「絶対的なエースの存在を軸に勝ち抜く」という個性を一段濃くしたタイプの強豪が昨年IH王者の崇徳高(広島)と今季の高校選手権王者修徳高。

崇徳高は今季全日本選手権に出場した香川大吾がチームの要。現役高校生の全日本出場ということで個としての強さがクローズアップされがちの香川であるが、本来得手とするのは組み手と圧力で追い詰め、出来上がった状況を利して「一本」を狙う団体戦向きの手堅い戦い方。上位対戦でも2人、3人と抜いていけるだけの力と戦術があるこの人の活躍がタイトル奪取の最大のカギだ。そして、上位入賞までは確実な崇徳が優勝に辿り着くには、香川が複数毎を抜くだけでなくエース同士の対決で勝利することがどうしても必要になるはずだ。高校選手権では個人戦で天理高の古田伸悟、団体戦で小川雄勢に敗れている香川だが、エースをエースで潰す強者の戦いが出来るだけの力をこの数か月で養えているか、ここが勝負の分かれ目だ。高校選手権で負傷退場した山本健太、カデ選手権で同じく負傷棄権した貫目純矢という昨年の優勝を経験した2人が戦列復帰し、チーム状態は上がり目。その中で敢えて、周辺戦力ではなくエースの出来に注目したい。

修徳高は春以降、率直にいってチーム状態は緩やかな低調傾向。特に本来抜き役としてエース小川以上に活躍しなければならないはずの坂口真人に元気がなく、IH東京予選では国士舘高に1-4の大差で敗戦するという屈辱も味わった。それでもこのチームを優勝候補の一角に挙げるのは、抜き試合というレギュレーションにおける小川雄勢という大駒の存在感を買わないわけにはいかないからだ。指導累積「2」で勝敗が決する今大会のレギュレーション(IHは指導累積「2」差)に鑑みてもやはり小川の存在は大きい。今大会の優勝に向けては小川の出来、インターハイに向けては佐藤竜、原澤脩司に、我慢の柔道で選手権制覇の因を作った伊藤祐介らの復調ぶりが注目される。

ほか、エース古田伸悟という大駒を擁する天理高(奈良)、骨太の戦力を並べた神戸国際大附高(兵庫)、1年生辻湧斗の加入で一段戦力の上がった東海大相模高(神奈川)、IH予選敗退の悔しさを胸に今年も上位進出を狙う桐蔭学園高(神奈川)、冬の段階では優勝候補に挙げられ戦力ポテンシャルの高い大成高(愛知)、中学時代のスター選手に復調傾向が見られ1年生の大駒藤原崇太郎が加入して戦力アップの日体荏原高(東京)らが上位候補だが、ひときわその戦いぶりを注視しておきたいのが昨年インターハイ2位の作陽高(岡山)。夏に向けて力を一段、二段と力を伸ばす追い込み段階での育成力の高さは折り紙つきで、3週間で2大会を走り抜けねばならないこの段ではほぼチームは完成されているものと思われる。高校選手権無差別2位の安達健太と鎌田魁翔の二枚看板以外に野地優太、高橋恭平らの充実ぶりも伝えられ、さらに高校選手権では登録外であった大型選手の追加も噂されている。絶対のエースがいないゆえ抜き試合レギュレーションでの今大会での頂点取りには3度、4度の「アクシデント」の演出が必須で正直苦しいところではあるが、インターハイを占うという文脈ではその仕上がりを見逃すわけにはいかない。

■組み合わせ

修徳高、そして地元枠で戦い易いブロックに配された大牟田高(福岡)以外は、強豪各校ともにベスト8を前にきちんと山場が組まれている。

【Aパート】
シードチーム:修徳高(東京)、東北高(宮城)

修徳にとっては戦い易い山。5回戦で東海大甲府高(山梨)と戦った後は、東北高がシードされて大混戦の逆側を勝ち上がったチームと6回戦を争うことになるが、顔ぶれを見る限りここも問題なく勝ち上がると思われる。6回戦で修徳の胸を借りるチームはどこになるのか、配されたチームにとっては大チャンス。明桜館(鹿児島)が最右翼か。

【Bパート】

シード校:作陽高(岡山)、桐蔭学園高(神奈川)

作陽は5回戦で前年度優勝の東海大浦安(千葉)との戦いが待ち受ける。地元でのインターハイ開催に備えて猛稽古を積んでいるこの相手は厄介な相手。おそらく大将に座るであろう村田大祐の前にしっかり点差をつけておくことが出来るかどうかが勝負のカギ。いずれ、選手層の厚さまで含めた総合力を考えるとここは作陽の勝ち上がりが濃厚。

桐蔭学園高は逆側の山で神港学園高(兵庫)との戦いを勝ち上がり、6回戦で作陽と激突することになる。

この作陽-桐蔭学園は非常な好カード。骨太さと一発の強さを併せ持つ作陽は対戦相手にとってはまことに嫌な相手だが、今代の桐蔭学園の各選手はそういったパワー差に関わらず一発仕掛けてもっていくしなやかな作りと、強い一撃を持っている。根競べとなるはずの前半戦で、どちらが具体的な点を挙げてこれるか。仮に作陽の勝ち上がりとしておくが、読み難いカードの一つ。


【Cパート】

シード校:崇徳高(広島)、大成高(愛知)

崇徳高は5回戦で、IH東京予選で修徳高と大接戦を演じた安田学園高と対戦。ここでまずその出来が測られるが、勝ち上がり自体は動かないと見るべき。

大成高は、冬から高校選手権までに少々他校に置いていかれた感あり。そこまでの出来から補助線を引く限り今回は厳しい戦いが待っているはずだが、昨年IH直前に主力が伸びたという育成的な経験値をチーム全体が共有しているはずで、そこを買って6回戦までの勝ち上がりは押しておきたい。パート勝ち上がりは崇徳。周辺戦力は互角だがエース香川の爆発力と安定感を買う。

【Dパート】

シード校:大牟田高(福岡)、国東高(大分)

高校選手権ベスト8の大牟田高を軸に、主催者が露骨に「地元枠」を設定した二極分解のパート。大牟田高と四日市中央工高(三重)が6回戦を争い、爆発力の差で大牟田高がベスト8に進むと見る。

【Eパート】

シード校:白鴎大足利高(栃木)、小杉高(富山)

パート勝ち上がりを賭けた6回戦で白鴎大足利と東海大相模高(神奈川)の激突がほぼ確実の最激戦ブロック。高校選手権2位という実績から白鴎大足利の有利と予想すべきところだが、東海大相模も五人のがそろい踏みで仕事を為した場合の最高到達点は相当に高い。主将の飯島俊佑に代表されるような不安定感、受けに回った時の意外な脆さは相変わらずだが、逆に安定感が売りで爆発力も併せ持つ1年生辻湧斗の加入で戦力の噛み合わせに一本筋が通った感がある。小、中からの進学時に東海大相模が長年各代の目玉級を浚ってきたという、関東に於ける精神的優位の記憶をバックに上から目線の戦いを挑んで本領を発揮するというシナリオも考えられないわけではなく、揉める試合となる可能性は十分。白鴎大足利としては辻に仕事をさせずに一試合ごとに相手の心を折っていくような強気の試合を志向したく、一方の東海大相模は自身の攻撃力が生きるようなド突き合いの乱戦が狙うべきところか。順行運転の試合なら足利有利でアップセット要素は辻、乱戦なら長谷川優と飯島が暴れた時に東海大相模にチャンスが生まれると見る。事前予測の段階では白鴎大足利を推しておきたい。


【Fパート】

シード校:天理高(奈良)、日体荏原高(東京)

天理高の6回戦進出までは確実。古田、並里樹以外の戦力がどこまで成長しているかに注目して見守る段。

逆側の山では、高川学園高(山口)と東海大仰星高(大阪)の勝者が5回戦で日体荏原高を待ち受ける。勝者が6回戦で天理と激突するわけで、Eパートに並ぶ激戦パートである。

日体荏原は2年生以上の意外な受けの軽さは相変わらずだが、全体として上昇傾向。1年生藤原の加入によりチーム力は一段上がった印象もある。田中源大、加倉雅士、村岡大地と強者を揃える高川学園としても苦戦は必至だが、実は前代の高校選手権でこの2チームは対戦経験があり、田中と加倉が当時の2枚看板である村山辰巳と岡田大希にそれぞれ1勝ずつを挙げて高川学園が勝利している。柔道のタイプも体格も当時の選手とは全く違うが、この時は計8戦通じて日体荏原が「やりにくそう」であったという印象が強かった。荏原優位も、いずれが勝ち上がるかは少々微妙。

6回戦は天理高の勝ち上がり濃厚。日体荏原は飛び道具の1年生藤原崇太郎以外に古田伸悟を止め得る人材が見つからず、藤原としても「投げてしまって試合を終わらせる」以外に試合を最後まで持たせる手立てはないという印象だ。藤原を後ろに取っておける度胸と、それまでのリードが必須だが強豪天理を相手にこの2つの条件が果たして満たせるか。高川学園が来た場合には止めどころと取りどころがハッキリし過ぎており、勝負を心得た天理高を凌ぐのは難しいと思われる。

【Gパート】

シード校:国士舘高(東京)、田村高(福島)

田村の山は鹿児島情報高(鹿児島)、宮崎工高(宮崎)らを交えた大混戦で勝ち上がりチームの予想は困難。ただしベスト8進出は国士舘で間違いないかと思われる。国士舘としては準々決勝以降に向けて体勢を整えるべく、各試合目当てを持ってしっかり戦いたいパート。

【Hパート】

シード校:神戸国際大付高(兵庫)、東海大五高(福岡)

神戸国際大付高と足立学園高(東京)が争う5回戦が最大の山場。6回戦では混戦を抜けて勝ち上がって来た東海大五高と神戸国際大付高が争い、神戸国際大付高がベスト8入りすると予想しておくべきだろう。

【準々決勝以降】

これまでの展望をまとめると、一応の予想カードは下記となる。

修徳 - 作陽(桐蔭学園)
崇徳 - 大牟田
白鴎大足利 - 天理
国士舘 - 神戸国際大付

順当に勝ち上がると思われるのは崇徳と国士舘。

修徳-作陽(桐蔭学園)は今大会に賭けるモチベーションがカギ。大駒小川を最大限に生かせる抜き試合レギュレーションでなんとしても勝っておきたい修徳、自身の得意なフィールドが点取りであることを半ばわかっているはずだが簡単に勝負を譲るわけにはいかない作陽、インターハイ進出を逃しここに賭けるしかない桐蔭学園という、「本音」の部分がモチベーションにどう絡んでくるかが最大のカギだ。事前予測の段階では、後ろに控える小川の強さを信じた修徳の4人が大崩せずに試合を進め、最後は小川が手堅く締めて修徳がベスト4入りを果たすと読んでおきたい。

白鴎大足利と天理の試合はこれも様相読み難い。周辺戦力の力比べは取ったり取られたりしながらやや白鴎大足利リードで推移するのではと思われるが、なにより太田と古田というエースの直接対決の様相が読めないからだ。ここ一番の太田の強さはあらゆる力関係をリセットするだけのものがあるが、古田の骨の太さはセンシティブな太田の受けを粉砕し得るのではという観測も十分可能。

いずれ、事前予測の段階でベスト4以上に入るであろう顔ぶれを見回すと、総合力で勝るのは国士舘、そしてワントップのポイントゲッターを誇るのが修徳、崇徳、白鴎大足利。絶対的エースが存在するチームが有利と言われ続けている今大会だが、小川、香川、太田、古田の各エースがその爆発力でチームを優勝に導くか、それとも抜き役から止め役の一発屋タイプに試合を読めるバランサーと役者をキッチリ揃えた国士舘の到達点の高さがこれを凌ぐか。楽しみに試合を待ちたい。

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版7月21日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.