PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

金鷲旗高校柔道大会・男子有力校監督直前インタビュー②修徳高・大森淳司監督

(2014年7月17日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版7月17日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
②修徳高・大森淳司監督
金鷲旗高校柔道大会・男子有力校監督直前インタビュー
eJudo Photo


本当にうちなんかで良いんでしょうか?もっと強いチームが一杯ありますよ(笑)

(初の高校選手権制覇という偉業を成し遂げて、以降チームはどんな状態ですか?)
うーん。難しいんです。もともと中学で実績ある子や強い子がいたチームではないので、あれだけの成功体験はやはり人生がひっくり返るようなインパクトがあったんです。優勝した翌日から「忘れろよ」と言い続けてそこからどう抜けさせるかを第一に考えてきたんですが、選手も周囲も余韻に浸る時間がどうしても長くなってしまったんではないかと。甲子園で活躍した選手がその余韻で地道なことが出来なかったりというようなことがあると聞いていますが、近い状態になっていました。というわけでとにかくあの優勝を忘れさせることに一番苦心しました。インターハイ予選が終わって明らかにチームが変わってきたので、少しは気づいてくれたんじゃないかなと思います。

(高校選手権無差別制覇の小川雄勢選手の調子はどうですか?)
小川は、・・・普通です(笑)。頑張ってやっていますよ。国体東京予選で負けてしまったんですが、油断ではなく確実に負けた理由があったのできちんと話をしました。ちゃんとと克服してくれると思っています。

(金鷲旗の具体的な目標は?)
皆に言っているのは、行きも帰りも楽しめる大会にしようということ。やってやろうぜと盛り上がって乗り込んで、全て出せた、と言えるようにと。このチームで戦えるのはあと2週間だけですから、勝っても負けても良かったと言えるような、入り方、過程、そして終わり方が出来るようにということですね。それが一番ですし、それだけです。

キーマンは「特攻隊長」の佐藤竜。空気を作れる選手、修徳らしさを作れる選手です。この間国体予選で勝ったことですぐ天狗になってしまう悪い癖が出そうなところもあるんですが(笑)、頑張ってくれると思います。彼に全てを託します。

繰り返しになりますが、このチームで戦えるのもあと2週間。修徳らしく、「行きも帰りも楽しめる」ことを目標に頑張ります。

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版7月17日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.