PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

鹿屋体育大が2年ぶり2度目の優勝・全日本学生柔道優勝大会女子三人制

(2014年6月28日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版6月28日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
鹿屋体育大が2年ぶり2度目の優勝
全日本学生柔道優勝大会女子三人制
eJudo Photo
優勝の鹿屋体育大

28日に日本武道館で開幕した全日本学生柔道優勝大会、28チームが参加して行われた女子三人制(体重無差別)は鹿屋体育大が2年ぶり2度目の優勝を果たした。

第2シードの鹿屋体育大は2回戦で帝京平成大を3-0、準々決勝で旭川大を2-1、準決勝で早稲田大を2-1で下して決勝進出。

創価大との決勝では先鋒戦の引き分けを受けた昨年のインターハイ78kg級王者堀歩未が後袈裟固で一本勝ち。大将戦も江口高千穂が払巻込で一本勝ちを果たし、2-0で危なげなく優勝を決めた。

小山田和行監督は「堀、江口と負傷を抱えながら、どうしても出たいということでの強行出場。よくやったと思います」と選手を称え、「講道館杯で優勝した森﨑由理江もコーチで入り、選手も補強して五人制の準備も始めています。男子も強くなってきましたし、毎年少しづつ良くなっているんじゃないでしょうか」と上り調子のチームに手ごたえを感じている様子だった。

入賞者と準決勝以降の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
決勝、鹿屋体育大大将の江口高千穂が払腰「一本」

【入賞者】

優 勝:鹿屋体育大
準優勝:創価大
第三位:早稲田大、びわこ成蹊スポーツ大

優秀選手:堀歩未(鹿屋体育大)、岩佐遥(創価大)、治田千絵(びわこ成蹊スポーツ大)、小林真実子(早稲田大)



【準決勝】

鹿屋体育大 2-1 早稲田大
(先)江口高千穂○払腰(1:36)△齋藤裕里子
(中)丸山ちひろ△優勢[有効・払巻込]○小林真実子
(大)堀歩未○合技(2:37)△山口悠子

創価大 3-0 びわこ成蹊スポーツ大
(先)則武有希子○反則(2:45)△中原花歩
(中)岩佐遥○横四方固(0:45)△中村かおり
(大)柳川愛佳○合技(1:26)△治田千絵


【決勝】

鹿屋体育大 2-0 創価大
(先)丸山ちひろ×引分×岩佐遥
(中)堀歩未○後袈裟固(2:30)△柳川愛佳
(大)江口高千穂○払巻込(1:15)△蟹江和美

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版6月28日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.