PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

グランプリ・ブダベスト最終日各階級ひとこと展望

(2014年6月21日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版6月21日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
最終日各階級ひとこと展望
グランプリ・ブダペスト大会
■ 81kg級
-またもや81kg級登録のサインジャルガルの本気度いかに-

参加選手:32名
日本人選手:出場なし
第1シード(プールA):KRIZSAN, Szabolcs (HUN) WR12位
第2シード(プールC):MARGIANI, Ushangi (GEO) WR16位
第3シード(プールD):SCHMITT, Alain (FRA) WR17位
第4シード(プールB):BOTTIEAU, Joachim (BEL) WR19位

第1シードが2週間前のグランプリ・バハマ大会で5位入賞のサボールチュ・クリージャン(ハンガリー)でワールドランキングは12位。以下、第2シードのウサンジ・マーギアニ(グルジア)が16位、アラン・シュミット(フランス)が17位、ヨアキム・ボットー(ベルギ)が19位とランキングだけを見れば中堅選手の争いということになるのだろうが、バハマ大会で現出したアヴァンディル・チリキシビリ(グルジア)、ヴィクター・ペナウベル(ブラジル)、アントワーン・ヴァロワフォルティエ(カナダ)、トラヴィス・スティーブンス(アメリカ)という錚々たる陣容と比べるとメンバーははっきり見劣りする。世界選手権を控えてどの大会を調整試合と位置づけるのか各国それぞれに思惑が交錯する時期だが、81kg級はAグループのメンバーがことごとく今大会を回避したという形となった。

そんな中むしろ注目すべきはノーシードのサインジャルガル・ニャムオチル(モンゴル)だろう。73kg級きっての強豪のこの選手は5月のグランドスラム・バクーに続いての81kg級参戦。バクー大会が久々の試合出場ということもあり世界選手権に向けた「慣らし運転」と目されていたが、この時期なお出場を続けるということは、本格的な階級変更の可能性を視野に入れておくべきだろう。前回大会は初戦敗退に終わっているサインジャルガル、体の力を生かすタイプのスタイルはさすがに一階級上では通用しなかったが、今大会対81kg級選手を志向した戦い方をしてくるかどうかで、その「本気度」が測れるはず。81kg級の上位争いを占うというよりは、73kg級の様相を展望する上でこの人の戦いは見逃せない。

■ 90kg級
-第1シードがファンテンドの中堅トーナメント、西山大希は優勝の可能性十分-

参加選手:30名
日本人選手:西山大希(新日鐵住金)
第1シード(プールA):VAN T END, Noel (NED) WR6位
第2シード(プールC):GOGOTCHURI, Zviad (GEO) WR8位
第3シード(プールD):ELMONT, Guillaume (NED) WR12位
第4シード(プールB):GAHRAMANOV, Shahin (AZE) WR13位

この階級もランキング自体は高い選手が揃ったが、世界選手権で表彰台を争うと目される主役級の強豪の姿はなし。年12回組まれているグランプリ大会としては平均値やや上という印象のジャスト「グランプリ」クラスの面子ではあるが、世界選手権直前でスポット的なスター選手の登場がままあるこの時期としてはやや寂しい顔ぶれとなった。

ゆえに、復活を目指すもと世界選手権銀メダリスト西山大希にとっては、この上ない舞台が整えられたとも言える。配置はプールAで準々決勝の相手は第1シードのノエル・ファンテンド。長いケガに悩まされた西山だったが現在は復調気配にあり、今大会は十分優勝を狙えるはず。というよりも西山に掛かる期待値の高さと過去に実績を考えれば、強豪揃いとはいえこの面子でしっかり結果を残せないようでは来期の代表争いは厳しいはず。結果、内容ともに西山のアピールの程に注目したい。

■ 100kg級
-2回戦で羽賀龍之介がママドフに挑戦-

参加選手:27名
日本人選手:羽賀龍之介(旭化成)
第1シード(プールA):MAMMADOV, Elkhan (AZE) WR2位
第2シード(プールC):GROL, Henk (NED) WR4位
第3シード(プールD):GASIMOV, Elmar (AZE) WR12位
第4シード(プールB):PACEK, Martin (SWE) WR13位

世界選手権王者のエルハン・ママドフ(アゼルバイジャン)が参戦、もちろん第1シード配置。優勝争いは第3シードに入った今期欧州選手権2位のエルマー・ガシモフ(アゼルバイジャン)と合わせたアゼルバイジャン勢2人が軸になるかと思われる。

第2シードのヘンク・グロル(オランダ)が入ったプールCにはセルゲイ・サモイロビッチ(ロシア)が配置。昨年来成績は残っていないが爆発力を秘める選手でもあり、今後を考えるとその戦いぶりは頭に入れておく必要がある。このベテラン2人がぶつかる準々決勝は要注目。

日本のファンの興味は、羽賀龍之介が世界王者ママドフに挑戦するプールAの2回戦に絞られるだろう。世界選手権に代表を送らない日本の100kg級は来期に向けて各選手がそれぞれ実力・実績を積み上げる時期であり、その中で世界王者との対戦は戦うことそれ自体が大きなアピールポイントになるはずだ。初戦のアレクサンドル・ムシュカラドゼ(グルジア)は表彰台こそ僅少だがIJFツアーではたびたび入賞の強豪で油断がならない相手。まずここをしっかり勝って、確実にママドフと対戦することが肝要だ。

■ 100kg超級
-出場予告のリネールは休養、上川大樹はノーシードから優勝狙う-

参加選手:25名
日本人選手:上川大樹(京葉ガス)
第1シード(プールA):OKRUASHVILI, Adam (GEO) WR4位
第2シード(プールC):PASKEVICIUS, Marius (LTU) WR12位
第3シード(プールD):MATIASHVILI, Levani (GEO) WR14位
第4シード(プールB):BONDARENKO, Stanislav (UKR) WR20位

報道陣に出場を公言、予備登録にも名を連ねていたテディ・リネール(フランス)が直前で出場回避。

ランキング一桁台の選手は第1シードのアダム・オクリアシビリ(グルジア)1人のみ。つまりはリネールを追いかけるダンゴ状態の「第2グループ」からのエントリーがオクルアシビリと上川大樹の2人のみという、強者と弱者がハッキリ分かれた二極分解のトーナメントとなった。

上川はプールBに配置。シード選手はスタニスラフ・ボンダレンコ(ウクライナ)だが、より警戒すべきは2回戦で対戦するバルナ・ボル(ハンガリー)。ハバナ大会ではオクルアシビリに勝利して3位に入るなど復調傾向にあり、油断ならない。

準決勝で対戦濃厚のオクルアシビリはその徹底裏投作戦とスタミナ不足が周囲に知れ渡ったことと「組み合う」新ルールの厳格採用がクロスして今期はやや精彩を欠いている。デュッセルドルフ大会では原沢久喜に敗れており、上川にとっては負けられない一戦。

というよりも、打倒リネールを掲げる日本勢は、もはや「リネール以外」の選手に敗れている暇はない。メンタルの不安定さが拭えない上川、世界選手権に向けて一段自信を深めるためにもここはぜひ結果を残してもらいたいところだ。

■ 70kg級
-ヌンイラが2回戦でアルベアルに挑戦-

参加選手:26名
日本人選手:ヌンイラ華蓮(了徳寺学園職)

第1シード(プールA):ALVEAR, Yuri (COL) WR3位
第2シード(プールC):POSVITE, Fanny Estelle (FRA) WR12位
第3シード(プールD):MATIC, Barbara (CRO) WR13位
第4シード(プールB):MARZOK, Iljana (GER) WR17位

昨年の世界選手権王者ユリ・アルベアル(コロンビア)が参戦。以下ファニーエステル・ポスヴィト(フランス)に、ハバナ大会で3位入賞したばかりのバーバラ・マティッツ(クロアチア)、イリヤナ・マルツォク(ドイツ)と続く。アルベアルは調整具合でかなりパフォーマンスが変わってくると思われるが、このメンバーの中では力は一段抜きん出ていると見ておくべき。優勝争いはアルベアルが軸だ。シード選手以外ではプールBのチェン・フェイ(中国)、同じくプールCのカタリナ・クリス(ポーランド)、プールCのツェンドアユシュ・ナランジャルガル(モンゴル)が注目だが、上位対戦でも我慢が利くチェン以外はダークホース扱いと考えて良いだろう。

そんな中、日本は世界選手権代表のヌンイラ華蓮(了徳寺学園職)が出場。国際大会の実績がないヌンイラはノーシード、それも第1シードのアルベアルの直下に置かれることとなった。対戦は2試合目、プールAの2回戦だ。

ヌンイラは2月のヨーロッパオープン・ローマで優勝しているがこれが唯一のシニア国際大会の優勝で、勝利した強豪はまだこのときのサリー・コンウェイ(イギリス)、ケリタ・ズパンシック(カナダ)の2名のみ。今大会の参加選手では昨年ポスヴィトに敗れている。国内3連勝の何よりの因となったパワーがこのクラスの強豪に果たして通用するのか、世界選手権に向けて見逃せない大会。そして国際大会の実績よりも国内の無敵ぶりという「筋」を通してヌンイラを選んだ首脳陣の判断の良否が問われる最初の機会でもある。良くも悪くも上から目線で試合をするしかないヌンイラがどのような柔道を繰り広げるか。期待して見守りたい。

■ 78kg級
-メダル当落線上の実力者揃う。注目はフランスの新鋭マロンガ-

参加選手:27名
日本人選手:参加なし
第1シード(プールA):VERKERK, Marhinde (NED) WR2位
第2シード(プールC):VELENSEK, Anamari (SLO) WR3位
第3シード(プールD):JOO, Abigel (HUN) WR5位
第4シード(プールB):POWELL, Natalie (GBR) WR11位

前戦のハバナ大会でロンドン五輪金メダリストのケイラ・ハリソン(アメリカ)が復活、それも決勝でオドレイ・チュメオ(フランス)を破って優勝という大事件があったばかりのこの階級。今大会は、世界大会で長年「四強」を張っていた感のあったハリソン、チュメオ、マリア・アギアール(ブラジル)、緒方亜香里をこの1年で激しく追い上げたグループであるマリンダ・フェルケルク(オランダ)、アナマリ・ヴェレンチェク(スロベニア)にアビゲイル・ヨー(ハンガリー)らイキの良いメンバーが集まった。第4シードのナタリー・ポウエル(イギリス)と合わせてワールドツアーに皆勤して試合で力を上げてきた型の選手たちだ。

その中で注目したいのが20歳の新鋭、ワールドランキング14位のマデリーン・マロンガ(フランス)。昨年の世界ジュニア選手権では吉村静織に敗れて3位だったが以後覚醒。グランドスラムパリでは岡村智美を内股で2度立て続けに投げつけての合技「一本」で破るなど大活躍で3位。グランプリ・デュッセルドルフでは5位だったが5月のグランドスラム・バクーでは見事優勝を飾っており、この階級で今もっとも伸びている選手の1人。ムラ気のチュメオに失速の兆候がある中、順調に成長すればリオ五輪ではフランスの看板を背負う可能性すらあるのではないだろうか。2回戦でヴィクトリア・タークス、準々決勝でヴェレンチェク、準決勝でヨーとの対戦待ち受ける今大会はその成長曲線を測るに絶好の機会。同じフランスからは最近好調のリューシ・ルエットも出場、プールAでフェルケルクに挑戦する。前大会のチュメオ敗退を受けてフランスの2番手、3番手がどう戦うか、心して注視したい。

■ 78kg超級
-田知本が唯一絶対の優勝候補、対クルブスで問われる巨大選手相手の「勝ち方」-

参加選手:18名
日本人選手:田知本愛(ALSOK)
第1シード(プールA):田知本愛(日本) WR3位
第2シード(プールC):KUELBS, Jasmin (GER) WR6位
第3シード(プールD):CERIC, Larisa (BIH) WR19位
第4シード(プールB):SLUTSKAYA, Maryna (BLR) WR24位

第1シードの田知本、そして、敢えてもう1人挙げておくならば第2シードのヤスミン・クルブス(ドイツ)の力が他を圧している。決勝でのこの2人の対戦はまずまず間違いないところで、実績から考えれば田知本の勝利と事前予想しておいても文句の出ないところではあろう。

急成長中のクルブスは欧州きっての巨大選手で、圧力と巻き込みで戦う典型的な重量級タイプ。担ぎ技を食って転がるシーンは散見されるが、田知本の手札に担ぎ技はない。「カベ」ともいうべき大きさのクルブスをどのような手立てで投げ、そして抑えるのか。大型選手に対する田知本の引き出しの多さと質が問われる一番だ。

文責:古田英毅
(writer:Hideki Furuta)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版6月21日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.