PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

シーソーゲーム制した東海大相模高が優勝、桐蔭学園を大逆転で下す・インターハイ柔道競技神奈川県予選

(2014年6月14日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版6月14日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
シーソーゲーム制した東海大相模高が優勝、桐蔭学園を大逆転で下す
インターハイ柔道競技神奈川県予選
eJudo Photo
決勝、東海大相模高大将の辻湧人が桐蔭学園の大塚翔悟の大内刈を倒され掛かりながらも返して「技有」

インターハイ柔道競技(8月2日~6日、成田市中台運動公園体育館)の神奈川県予選が14日、神奈川県武道館(横浜市)で行われ、男子団体戦は東海大相模高が決勝で桐蔭学園高を破って優勝、高校選手権の雪辱を果たして全国大会本戦への進出を決めた。

決勝は、序盤から桐蔭学園ペースで試合が推移。

先鋒戦は開始早々に桐蔭学園の2年生稲山怜央が東海大相模の大黒柱の長谷川優から引込返で「有効」を奪う波乱の幕開け。試合は長谷川がこの失点から稲山を立たせずにそのまま横四方固で「一本」を奪って東海大相模が先制するが、これで生まれた取り合いムードを利して、次鋒戦は桐蔭学園の田中太基が「指導2」ビハインドから生き返り、残り数秒に右背負投で中尾旭をめくり転がし「有効」奪取で勝利。

中堅戦も東海大相模の主将飯島俊佑が「指導2」をリードするが、小原弘暉が残り1分9秒で組み手争いから相手を呼び込みながらの左大外刈「技有」を奪って逆転勝利。

桐蔭学園が2-1とリードしたまま迎えた副将戦は、桐蔭学園の岡田武志が芦川泰隆から開始早々に裏投「有効」を奪って先制。このまま試合が終われば桐蔭学園の勝ちが決まってしまうところだったが、2分8秒に芦川が裏投「有効」を奪い返す大殊勲。そのまま打ち合いをしのぎきって引き分け、試合を大将戦に持ち込んだ。

大将戦は東海大相模が1年生にして神奈川県100kg超級代表を射止めた辻湧斗、桐蔭学園高が3年生の大塚翔悟。大塚の大内刈に辻が大内返を試みてあわやいずれかにポイントという攻防が幾度も続く緊迫の展開、残り1分にそれでも引かない大塚がこれならばと感触を得て押し込んだ大内刈を辻が倒れこみながら返して「技有」を奪い、ついに東海大相模が内容差で逆転。以後大塚は猛攻で「指導2」を取り返し、残り30秒を過ぎてからは一方的展開。残り7秒で大内刈を押し込んで「有効」、さらに再開と同時に飛びついて小外刈、胸を合わせて押し込んで辻に完全に背中を付かせたが、これはタイムアップのブザー直後と判断されてノーポイント。結果この試合は辻の「技有」優勢勝ちに終わり、2対2の内容差で東海大相模の優勝が決まった。

高橋洋樹監督は「きつかった」と一声振り絞って激戦を振り返ると、「殊勲は芦川。そして、分が良いとは思っていたがあの場面で勝って来れるのは辻しかいない。」と選手を称え「予選は勝たないと話にならない。勝ったこと自体がなによりの結果だし、このチームはまだ優勝したことがない代なのでようやくスタート地点に立ったという感じ」とコメント。「伸びしろ十分のチームですし、一つ一つしっかりやって全国優勝を目指します」とインターハイに向けての抱負を語って激戦の一日を締めくくった。

女子は全国高校選手権優勝の桐蔭学園高が決勝で横須賀学院高を3-0で破って優勝を決めた。

男女それぞれの入賞校、準々決勝のスコア、準決勝以降の結果詳細は下記。

◇      ◇      ◇
eJudo Photo
優勝の東海大相模高

■男子

【入賞者】

優 勝:東海大相模高
準優勝:桐蔭学園高
第三位:相洋高、日大藤沢高

【準々決勝】

東海大相模高 5-0 日大高
日大藤沢高 ②-2 慶応高
相洋高 4-0 横浜高
桐蔭学園高 5-0 武相高


【準決勝】

東海大相模高 4-1 日大藤沢高
(先)長谷川優○裏投△渡部敦也
(次)中尾旭○小外刈△篠永懸
(中)飯島俊佑○大腰△中村拓人
(副)芦川泰隆△大腰○加藤慎乃助
(大)辻湧人○支釣込足△田邉智貴

桐蔭学園高 3-1 相洋高
(先)稲山怜央○優勢[技有]△込山龍哉
(次)田中太基○体落△関野晴矢
(中)小原弘暉△上四方固○二見省吾
(副)岡田武志○内股△間瀬勇希
(大)大塚翔悟×引分×辻幸之介


【決勝】

東海大相模 ②-2 桐蔭学園高
(先)長谷川優○横四方固△稲山怜央
(次)中尾旭△優勢[有効]○田中太基
(中)飯島俊佑△優勢[技有]○小原弘暉
(副)芦川泰斗×引分×岡田武志
(大)辻湧斗○優勢[技有]△大塚翔悟

eJudo Photo
女子優勝の桐蔭学園高

■女子

【入賞者】

優 勝:桐蔭学園高
準優勝:横須賀学院高
第三位:三浦学苑高、日大藤沢高

【準々決勝】

日大藤沢高 2-1 新羽高

【準決勝】

横須賀学院高 3-0 日大藤沢高
(先)栗田ひなの○袈裟固△志村真優
(中)大川優希○支釣込足△山﨑さくら
(大)岡田彩加○支釣込足△奥田千尋

桐蔭学園高 ①-1 三浦学苑高
(先)櫻井眞子×引分×野口あずみ
(中)嶺井美穂○優勢[技有]△久野愛莉
(大)鈴木双葉△優勢[有効]○小林幸奈

【決勝】

桐蔭学園高 3-0 横須賀学院高
(先)櫻井眞子○横四方固△栗田ひなの
(中)嶺井美穂○内股△大川優希
(大)鈴木双葉○優勢[有効]△岡田彩加

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版6月14日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.