PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

旭化成がA、B同門決勝対決の目標達成、来期一部に3チーム参加へ・全日本実業柔道団体対抗大会男子第二部

(2014年6月8日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版6月8日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
旭化成がA、B同門決勝対決の目標達成、来期一部に3チーム参加へ
全日本実業柔道団体対抗大会男子第二部
eJudo Photo
優勝の旭化成A

全日本実業柔道団体対抗大会は8日、静岡県武道館(藤枝市)で最終日の競技が行われ、24チームが参加して行われた男子第2部は決勝で旭化成Aと旭化成Bの同門対決が実現。

決勝は1-1で迎えた副将戦で増渕樹が大鋸新に内股で一本勝ち。いかにも増渕らしく、崩されて軸足の膝を着きながらもそのまま投げ切った豪快な一撃でAチームが勝ち越し、そのまま2-1で試合を終えて優勝を飾った。

強豪をズラリと揃える旭化成だが、講道館杯100kg級王者で九州無差別王者の増渕を敢えて二部で起用するなど「強弱だけではなく、一部、それに二部の2チームを合わせた3チームそれぞれがもっとも良いパフォーマンスを発揮出来るようにメンバーを考えた」との中村兼三監督の策が当たり、一部で優勝、二部では決勝で同門対決とこれ以上ない結果を残すこととなった。

男子第二部の入賞者と準々決勝スコア、準決勝以降の詳細は下記。

eJudo Photo
決勝、増渕樹の内股「一本」

【入賞者】

優勝:旭化成A
準優勝:旭化成B
第三位:東レ、日本通運

【優秀選手】

小林督之、穴井航史、西田泰悟、斎藤涼(旭化成)、武山大代(日本通運)

【準々決勝】

旭化成A ②-2 日本エースサポート
東レ 2-1 三菱重工名古屋
旭化成B 2-0 ダイコロ
日本通運 3-1 高宮接骨院

【準決勝】

旭化成A 2-0 東レ
(先)穴井航史×引分×増子洋平
(次)土屋潤○払腰(3:06)△豊田竜太
(中)小林督之×両者棄権×角明典
(副)増渕樹○山嵐(2:00)△黒澤平
(大)田中貴大×引分×青木和明

旭化成B 4-1 日本通運
(先)西田泰悟○優勢[技有]△河野勇人
(次)海老泰博△優勢[有効]○武山大代
(中)辻玄太○内股(0:24)△加藤貴也
(副)大鋸新○不戦勝
(大)斎藤涼○大外刈(3:10)△大熊将史

【決勝】

旭化成A 2-1 旭化成B
(先)穴井航史×引分×西田泰悟
(次)土屋潤○不戦
(中)小林督之△優勢[技有・大外返]○辻玄太
(副)増渕樹○内股(3:25)△大鋸新
(大)田中貴大×引分×齋藤涼

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版6月8日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.