PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

最高成績は鳥居天翔の4回戦進出、日本選手の入賞者なし・オーストリアジュニア国際大会第1日日本選手勝ちあがり詳細

(2014年6月1日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版6月1日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
最高成績は鳥居天翔の4回戦進出、日本選手の入賞者なし
オーストリアジュニア国際大会第1日日本選手勝ちあがり詳細
オーストリアジュニア柔道国際大会は31日、オーストリア・ライプニッツで第1日の4階級の競技が行われた。日本勢は55kg級に毎熊拳太(日本大4年)、60kg級に林浩平(国士舘大2年)、66kg級に鳥居天翔(山梨学院大2年)、73kg級に吉田優平(大垣日大高3年)を送り込んだが、鳥居の4回戦進出が最高成績で入賞者を出すには至らなかった。

各階級の成績上位者と日本選手の勝ちあがり詳細は下記。

※海外選手の表記は全日本柔道のリリースに拠っています


■55kg級

【成績上位者】

1.マハラモフ(アゼフバイジャン)
2.コフィジベルグ(オランダ)
3.セイドゥアリ(カザフスタン)
3.ザイルベコフ(ロシア)

【日本選手勝ちあがり】

毎熊拳太(日本大4年)
成績:2回戦敗退

[1回戦]
毎熊拳太○裏投△バティッセ(フランス)
[2回戦]
毎熊拳太△優勢[技有・袖釣込腰]○ゼイリベコフ(ロシア)
[敗者復活1回戦]
毎熊拳太△優勢[技有・袖釣込腰]○ヴァン・リールダム(ベルギー)

■60kg級

【成績上位者】

1.サディゴフ(アゼフバイジャン)
2.ママドフ(アゼルバイジャン)
3.ファルキフスキー(ウクライナ)
3.ガドシエフ(ロシア)

【日本選手勝ちあがり】

林浩平(国士舘大2年)
成績:2回戦敗退

[1回戦]
林浩平○合技△ノーイジェン(オランダ)
[2回戦]
林浩平△一本背負投○レボル(フランス)

■66kg級

【成績上位者】

1.ムグドシアン(ロシア)
2.ルフライエフ(アゼルバイジャン)
3.セッツ(ドイツ)
3.トゥルスノフ(ウズベキスタン)

【日本選手勝ちあがり】

鳥居天翔(山梨学院大2年)
成績:4回戦敗退

[1回戦]
鳥居天翔○合技△ジュンハーネル(ドイツ)
[2回戦]
鳥居天翔○背負投△ヴォルステンボッシュ(オランダ)
[3回戦]
鳥居天翔○優勢[有効・払巻込]△サケヌリー(カザフスタン)
[4回戦]
鳥居天翔△優勢[有効・隅落]○クリキフスキ(ロシア)
[敗者復活1回戦]
鳥居天翔○反則[指導4]△サケヌリー(カザフスタン)
[敗者復活2回戦]
鳥居天翔△小外掛○トゥルスノフ(ウズベキスタン)

■73kg級

【成績上位者】

1.ラヒムリ(アゼルバイジャン)
2.ネヴェス(ブラジル)
3.バラエフ(ロシア)
3.サファーリ(アゼルバイジャン)

【日本選手勝ちあがり】

吉田優平(大垣日大高3年)
成績:3回戦敗退

[1回戦]
吉田優平○払腰△ブンチク(セルビア)
[2回戦]
吉田優平○送襟絞△デルカ(イタリア)
[3回戦]
吉田優平△優勢[有効・隅落]○ブリギダ(ブラジル)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版6月1日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.