PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

階級アップの飯田健太郎が抜群の技の切れ味披露、全国大会初制覇・全日本カデ柔道体重別選手権90kg級レポート

(2014年5月27日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版5月27日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
全日本カデ柔道体重別選手権90kg級レポート
階級アップの飯田健太郎が抜群の技の切れ味披露、全国大会初制覇
eJudo Photo
準決勝、伊藤好信が貫目純矢を攻める

決勝に進んだのは伊藤好信(新田高2年)と飯田健太郎(国士舘高1年)。

伊藤はダークホース。1回戦で昨年の全国中学校大会準優勝者佐々木卓摩(足立学園高1年)を背負投「一本」(2:56)に沈め、準決勝では昨年王者の貫目純矢(崇徳高3年)と「指導2」を取り合って本戦を終えたがここで貫目が棄権を表明。公式記録「棄権勝ち」扱いで初の全国大会決勝へと駒を進めることとなった。

eJudo Photo
1回戦、飯田健太郎が長島立弥に大外返で一本勝ち

一方の飯田は昨年の全国中学大会81kg級の準優勝者。同大会で決勝を争った藤原崇太郎ともども世代を代表する大物と目されており、その投技の切れ味から全中2位という経歴以上に関係者の注目を集める有望選手だ。
階級を一つ上げて臨んだこの日はまず1回戦でこの階級の全中王者長島立弥(白鴎大足利高1年)を大外返「一本」で一蹴。しかし準決勝はしぶとさが売りの担ぎ技ファイター・前濱忠大(大成高2年)に食いつかれて苦戦、1分1秒には自ら場外に追い込んだはずの展開から判断を誤り場外の「指導」1つを失い、さらに終盤には場外であわや「一本」という技を貰う場面も現出。しかしGS延長戦46秒、「取り組まない」判断で2つ目の「指導」が前濱に与えられ、「指導2」ポイントで決勝へと駒を進めることとなった。

eJudo Photo
決勝、伊藤が左袖釣込腰で飯田を大きく崩す

決勝は伊藤、飯田ともに右組みの相四つ。

組み合って飯田が圧力を掛けると伊藤は膝を屈して潰れてしまい、飯田は寝技に持ち込む。ローリングを試みるも伊藤耐え切り「待て」。

開始早々のこの攻防を経て、伊藤は先んじての担ぎ技でペースを掴む戦術を志向。再開直後飯田が引き手で襟を掴むと伊藤は思い切った左袖釣込腰、飯田はなんとか踏みとどまる。続く展開も飯田が左出足払で前に出ると伊藤は左の一本背負投を仕掛け、飯田が背中について潰し「待て」。経過時間は54秒。

伊藤、組み合うなり座り込みの右背負投。飯田大きく崩れて「待て」。直後の1分10秒、主審は伊藤の攻勢を採り、飯田に「指導」を宣告する。

ここから飯田が奮起。両襟で組み合うなりの右大外刈に打って出ると、伊藤斜め後方にバランスを崩して腹ばいに伏せ「待て」。

続く展開は飯田が釣り手で奥襟を確保して右内股。大きく浮いた伊藤は頭から畳に突き刺さって「待て」。

eJudo Photo
飯田が見事な右内股「一本」で初の全国制覇達成

優位のシークエンスを2回重ねてどうやらペースを掴んだ飯田はまず引き手で襟を掴むと、左出足払を入れながら釣り手で奥襟を確保。不利を感じた伊藤は巴投で攻防を一旦切る。経過時間は1分36秒、飯田、明らかな攻勢。

飯田が再び引き手で襟、釣り手で奥襟を掴むと、伊藤は攻めることで展開を取り戻すべく強気の右大外刈。しかし待ち構えた飯田は前に体を捨てて大外返で迎え撃ち、崩れた伊藤は腹ばいに伏せて「待て」。経過時間は2分3秒。

伊藤は飯田の圧力に引き手で襟を突いて対抗するが、飯田は右大内刈を入れつつ組み手を直し、圧力の掛かる形を確保し続ける。2分28秒、伊藤の頭が下がったところで飯田が思い切り良く右内股。伊藤の体が高々と宙を舞う滞空時間の長い一撃、これは文句なしの「一本」。

飯田、前評判通りの素晴らしい技で全国大会初制覇。昨年は素晴らしい技の切れ味の一方で線の細さも目立っていたが、階級アップで体が太くなり一段安定感が増したように感じられた。

昨年までの飯田について「線が細い」と表現させて頂いたが、遠心力を存分に使って体格差を無力化する技の切れ味に異常なまでの思い切りの良さと、飯田のパワーに頼らぬ技術や強いメンタリティの獲得の因はその「線の細さ」ゆえとも考えられる。現状、増した筋力と大型化した体格は飯田のストロングポイントである「技」の威力を増す方向に働いており、成長曲線は明らかに上向き。高校カテゴリに進出した天才児が、今後もその長所を生かしたまま体格を上げ、成長し続けることが出来るか。楽しみに見守りたい。

eJudo Photo
優勝の飯田健太郎と伊藤好信

【成績上位者】

優勝:飯田健太郎(国士舘高1年)
準優勝:伊藤好信(新田高2年)

飯田健太郎選手のコメント
「先に『指導』を取られたので行くしかないと思い切り技に入りました。全国優勝は初めて。初めて日本一を達成できて嬉しいです。(体が大きくなっていますが?)身長はここ1年で5、6cm伸びています。まだ止まる気配はあまりありません。目標は団体戦のレギュラーに入ること、将来はオリンピックで金メダルを取りたい。」

【1回戦】

貫目純矢(崇徳高3年)○優勢[指導2]△米山魁人(国士舘高2年)
伊藤好信(新田高2年)○背負投(2:56)△佐々木卓摩(足立学園高1年)
前濱忠大(大成高2年)○背負投(1:27)△浜野大生(大牟田高2年)
飯田健太郎(国士舘高1年)○大外返(1:45)△長島立弥(白鴎大足利高1年)

【準決勝】

伊藤好信○棄権(4:00)△貫目純矢
飯田健太郎○GS指導2(GS0:46)△前濱忠大

【決勝】

飯田健太郎○内股(2:28)△伊藤好信

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版5月27日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.