PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

中江美裕がついにカデ初優勝、決勝はライバル畠石香花を「一本」で下す・全日本カデ柔道体重別選手権70kg級レポート

(2014年5月26日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版5月26日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
全日本カデ柔道体重別選手権70kg級レポート
中江美裕がついにカデ初優勝、決勝はライバル畠石香花を「一本」で下す
eJudo Photo
山場の準決勝、畠石香花が鈴木伊織から「技有」

優勝候補は第1シードの昨年王者畠石香花(土浦日大高2年)、第2シードに配された昨年3位の中江美裕(大成高2年)、そして中江の同僚で全国高校選手権では無差別枠でレギュラーを務めた鈴木伊織(大成高2年)の3名。畠石と鈴木がぶつかる準決勝、そしてその勝者が中江と対戦することになるであろう決勝と、戦前に予想される山場は2つだ。

決勝に進んだのは畠石と中江の2名。

畠石は1回戦で比嘉杏美乃(沖縄尚学高1年)を相手に僅か44秒の背負投「一本」で勝利し、大一番の鈴木戦は試合が始まるなり両袖を巧みに操作して右小内刈、右大内刈と繋いで押し込み「技有」奪取。「一本」でもおかしくないこの強烈な一撃の余勢を駆ってそのまま袈裟固に抑え込み、32秒合技の「一本」で見事今年も決勝進出を決めた。

eJudo Photo
準決勝、後輩の岡田蛍と「指導」累積差の接戦を演じた中江は「やりにくかった」と微妙な表情

一方の中江の初戦は島袋玲美(沖縄尚学高3年)を相手に開始7秒の大内刈「技有」、さらに中盤に横四方固に抑え込んで合技「一本」(2:06)で勝利。
準決勝は後輩の岡田蛍(大成高1年)を「指導2」対「指導1」の反則累積差で退けての決勝の畳。

eJudo Photo
決勝、中江が足を抜いて縦四方固を狙う

決勝は畠石、中江ともに右組みの相四つ。
絞り合いが続き、なかなか双方手が出ない厳しい組み手争いで1分過ぎまで試合は膠着。

1分15秒、組み手争いから畠石が膝を畳に着いた右背負投。中江これを潰して背中につくと寝技を選択。めくり返して絡まれた右足を抜くと縦四方固に抑え込む。畠石の動きに応じて横四方固に変化して、1分53秒「一本」。

積年のライバル対決を「一本」で制した中江が中学2年時の全中制覇に続く久々の全国タイトル獲得。見事全日本カデ体重別選手権初制覇を達成した。

eJudo Photo
優勝の中江美裕(左)と2位の畠石香花

【成績上位者】

優勝:中江美裕(大成高2年)
準優勝:畠石香花(土浦日大高2年)

中江美裕選手のコメント
「準決勝がやりにくかった。もっと良い勝ち方をしたかったです。決勝は、畠石さんにはずっと負けていたので挑戦者の気持ちで挑みました。高校選手権では団体戦も外されて、自分が出たほうが良いと思われるには個人で勝つしかありません。意地もありました。」

【1回戦】

畠石香花(土浦日大高2年)○背負投(0:44)△比嘉杏美乃(沖縄尚学高1年)
鈴木伊織(大成高2年)○優勢[有効・大内刈]△新森涼(敬愛高1年)
中江美裕(大成高2年)○合技[大内刈・横四方固](2:06)△島袋玲美(沖縄尚学高3年)
岡田蛍(大成高1年)○払巻込(2:46)△岸本菜々美(上郡中3年)

【準決勝】

畠石香花○合技[小内刈・袈裟固]△鈴木伊織
中江美裕○優勢[指導2]△岡田蛍

【決勝】

中江美裕○横四方固(1:53)△畠石香花

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版5月26日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.