PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

常見海琴が2連覇達成・全日本カデ柔道体重別選手権48kg級レポート

(2014年5月20日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版5月20日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
全日本カデ柔道体重別選手権48kg級レポート
常見海琴が2連覇達成
eJudo Photo
決勝進出の常見海琴は昨年の世界カデ王者

決勝に進出したのは常見海琴(埼玉栄高2年)と、仲田奈央(桐蔭学園高1年)の2名。

第1シードの常見は昨年の世界カデ選手権王者、3週間前の全国高校選手権でも個人戦52kg級で3位、団体戦では先鋒として埼玉栄高の全国優勝を支えた強者。1回戦は松西夢紀(三島高1年)から中盤に奪った崩袈裟固「有効」で勝利、準決勝は刈谷美咲(東大阪大敬愛高1年)を相手に2分7秒肩固「有効」、3分29秒大外車「有効」と2つの攻撃ポイントを奪っての優勢勝ちで決勝進出を決めてきた。

eJudo Photo
1階級下の44kg級で実績を残してきた高校1年生・仲田奈央

一方の仲田は昨年の全国中学校大会44kg級王者、全日本ジュニアでも44kg級で2位に入賞しているこの学年の軽量級を牽引するホープ。1回戦は小倉葵(創志学園高2年)を「指導3」対「指導1」の反則累積差で破り、勝負どころの準決勝、第2シードの五十嵐真子(横須賀学院高2年)戦は2つの「指導」を奪った末の残り35秒に大外返「有効」を奪って快勝。見事決勝へと勝ち上がってきた。

eJudo Photo
常見が得意の逆大腰で仲田を伏せさせる

決勝は常見が右、仲田が左組みのケンカ四つ。
前半は常見が左大腰から寝技に繋ぐ得意のパターンで攻勢を確保。32秒には組み際の右大外刈で仲田を伏せさせ、1分45秒には遠間からの右大外刈であわやという場面も作る。

eJudo Photo
常見が右大外刈「一本」で試合を決める

押され気味の仲田は2分6秒にケンケンの右大内刈で激しく追い込むが、返そうとしてバランスを崩した常見がなんとか脚を外して伏せ、ノーポイント。

3分35秒、常見が相手が前に踏み出してくるところに下がりながらの右大外刈を引っ掛ける。仲田いったん踏み止まるが常見が体を捨てると耐え切れずにグシャリと転がりこれは「有効」。

常見は以後も攻勢継続。3分31秒には再び強烈な右大外刈。仲田が耐えると時計回りに追い込んで投げ切り「一本」。

常見、見事2連覇達成。一学年下の強者仲田に対し、高校カテゴリ、そして世界で修羅場を踏んできた常見が貫禄を示した一番となった。

eJudo Photo
優勝の常見海琴(左)と仲田奈央

【成績上位者】

優勝:常見海琴(埼玉栄高2年)
準優勝:仲田奈央(桐蔭学園高1年)

常見海琴選手のコメント
「この大会は負けられないです。ただ、小さくやるより大きい柔道をやろうと思っていました。(高校選手権の)52kg級から48kg級に戻って体がまだ慣れておらず自分の柔道が出来なかったですが、練習してきた大外刈で取れたのは良かったです。(得意の)左大腰は先生に『1試合で2回まで』と言われていましたし(笑)。組み手、技ともっと徹底的にやっていきたいです」

【1回戦】

常見海琴(埼玉栄高2年)○優勢[有効・崩袈裟固]△松西夢紀(三島高1年)
五十嵐真子(横須賀学院高2年)○縦四方固(2:15)△森部真於(大成中3年)
刈谷美咲(東大阪大敬愛高1年)○GS崩袈裟固(4:41)△中鉢美樹(古川工高)
仲田奈央(桐蔭学園高1年)○優勢[指導3]△小倉葵(創志学園高2年)

【準決勝】

仲田奈央○優勢[有効・大外返]△五十嵐真子
常見海琴○優勢[有効・肩固]△刈谷美咲

【決勝】

常見海琴○大外刈(3:31)△仲田奈央

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版5月20日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.