PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

平成26年全日本柔道選手権 全試合写真入り詳細 ①一回戦

(2014年4月30日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版4月30日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
平成26年全日本柔道選手権 全試合写真入り詳細
①一回戦
eJudo Photo
吉永慎也が巴投で谷井大輝を攻める

吉永慎也(新日鐵住金)○反則[指導4](4:17)谷井大輝(東海大)

右相四つ。互いに先に引き手を欲しがる厳しい組み手争いの中から吉永が右一本背負投、巴投で展開を出し入れして一歩抜け出す。48秒双方に「指導」、1分12秒、谷井に袖口の「指導2」、2分35秒谷井に「指導3」、3分20秒吉永が裾を握ったままの牽制を長く続け「指導2」。最後は4分17秒、谷井に場外の「指導4」で決着。普段の全日本選手権の雰囲気と異なるIJF新ルール「指導」の早さに場内戸惑い気味、しばしざわめき収まらず。審判団3人はベテラン揃い、IJFルールを粛々適用するとの方針を示した形の一番。

eJudo Photo
猪又が右内股、仲田返そうと抱きつくも果たせず

猪又秀和(東京学館新潟高教)○優勢[旗判定3-0]△仲田直樹(仙台大職)

仲田左、猪又は右組みのケンカ四つ。
序盤は引き手争いの中、仲田が左大外刈に左体落、猪又は上から圧を掛けて右払腰にフェイントの小外刈で攻める。技の威力は猪又、手数は仲田。

中盤仲田が釣り手を突いて押し込んでは、引き手を先に触り、かつ機を見て自ら離すことを繰り返しつつ攻撃。体格に劣る中で巧みに試合を作り、主導権は猪又も形の上では仲田の攻勢が続く。2分56秒猪又に「指導」、3分26秒双方に「取り組まない」判断の「指導」。直後、猪又の右内股で崩れ落ちた際に仲田が肩を負傷した様子、以降は猪又にペース移る。4分49秒仲田に「指導2」。終盤猪又が猛攻、残り22秒で猪又の右内股を仲田が抱きかかえて返そうとするが猪又上に乗って着地、これはノーポイント。双方2つの「指導」を負ったまま試合終了。旗は3本が猪又に揃う。

eJudo Photo
西潟がパワー全開、開始早々の「ハンドル投げ」で「有効」ポイント獲得

西潟健太(旭化成)○崩上四方固(1:02)黒岩貴信(筑波大)

実業王者の西潟と学生重量級のホープ黒岩による注目対決。開始早々、組み際に両襟を握った西潟がハンドル操作の浮落で黒岩の重心を捕まえ「有効」、35秒。そのまま横四方固、縦四方固と繋いで一本勝ちを果たす。圧力、左右の利く崩し、増えた体重を使っての強い決めといかにも西潟らしい試合。

eJudo Photo
羽賀龍之介が左内股で攻め込み、佐藤が股中で捌く展開が続く

羽賀龍之介(旭化成)○優勢[指導3]△佐藤和哉(日本大)

スター候補同士による注目対決。
羽賀が左、佐藤右組みのケンカ四つ。引き手争いで優位に立つ羽賀が思い切った左内股を連発、佐藤はことごとく足を高く上げて凌ぐ。佐藤、前半は釣り手を突いての前進、後半は両襟の払腰で対抗するが、大技を連発してしっかり山場を作ってくる羽賀の優位を動かすことは出来ず「指導3」対「指導1」の優勢で決着。反則累積の経過は54秒双方に「指導」、2分58秒佐藤に「指導」、4分2秒佐藤に「指導」。

羽賀は内股の連続攻撃で山場を度々作る積極性を見せたが、攻め込んだのは引き手を一方的に握ることに成功した状況のみで、決して強気というわけではなかった。が、その組み手の展開を崩すだけの力が佐藤にはまだ養えていなかったという印象。佐藤は釣り手で突いて強気に前に出た前半よりも、むしろ覚悟を決めて両襟を握って受けて立ち、かつ攻撃した後半の方が可能性が感じられた。羽賀の内股を残し続けたバランスの良さに度々会場を沸かせた鋭い足技と、羽賀の積極性の一方佐藤の資質の高さもまた存分に感じられた一戦。

eJudo Photo
加藤博剛が腕緘、劣勢を跳ね返して高橋良介から一本勝ち

加藤博剛(千葉県警)○腕緘(3:08)△高橋良介(警視庁内定者)

左相四つ。序盤は加藤が片袖の担ぎ技で攻勢権確保。しかし袖の確保に拘り過ぎる傾向があり、39秒に高橋に「指導」が与えられて以降は、2分11秒に組み手をはたく行為で加藤に「指導1」、2分29秒には両手を離した左体落で潰れて偽装攻撃で「指導2」が宣告される。

高橋は片襟の左大外刈で加藤の両足を浮かせて転がしあわや「有効」という場面を作って攻勢。しかし片襟の左大内刈で場外際に加藤を激しく追った攻防の後に加藤の罠あり、下から寝技に引き込むと得意の腕緘に捕らえて「一本」。高橋が良く攻めた試合だが、組み手の厳しさと変則の担ぎ技、そして蟻地獄のような寝技と終わってみれば加藤が持ち味を存分に発揮した一番。

eJudo Photo
吉田優也が木下泰成から右袖釣込腰「技有」

吉田優也(旭化成)○優勢[技有・袖釣込腰]△木下泰成(兵庫県警察)

右相四つ。吉田は両襟から組み手を開始、木下は引き手で袖、釣り手で奥襟を叩く形から思い切った右大外刈を放ってたびたび会場を沸かす。
2分39秒、組み手争いに混ぜ込み、これまでとパターンを変えた吉田が引き手を絞り落としたところから両袖の右袖釣込腰。これは「技有」となる。
以降流れは完全に吉田が掌握。両襟から払腰を連発すると、3分40秒に木下に「指導1」。4分42秒吉田が襟を隠したという判断で「指導1」が与えらるが、大枠吉田優勢のまま決着。

eJudo Photo
高橋和彦が左大外刈、場外を背にしたウルフは力を逃がせず「技有」

高橋和彦(新日鐵住金)○優勢[技有・大外刈]△ウルフアロン(東海大)

もと全日本覇者高橋と、高校3年生で関東選手権を制して出場のウルフという、このブロックからのベスト4進出を占うと評される大一番。

左相四つ。序盤は高橋の奥襟にウルフが良く対抗。両襟で圧を掛ける高橋の袖を押さえ、前に出て「人」の字の形で相手の前進を止めてあくまで拮抗を譲らず。ウルフの我慢が功を奏して高橋に「切り離す」(1:29)、「極端な防御姿勢」(2:58)で「指導」2つが累積するも、中盤から高橋の圧が効き始め、流れが変わる。3分過ぎから高橋が引き手を抱きこんで、あるいは両襟を掴んでの左払腰、さらに肩越しに釣り手を入れた左大外刈と連発。4分18秒、ウルフに「取り組まない」判断の「指導1」。

直後に高橋が左大外刈、ウルフはたたらを踏んで踏みとどまる。この攻防に手ごたえを得た高橋が場外際までウルフを追い込むと、場外を背にしたウルフは一瞬棒立ち。高橋肩越しに釣り手を入れて有無を言わせぬ左大外刈「技有」、4分42秒。

以後は残り7秒でウルフに場外の「指導2」。そのままタイムアップとなる。

高橋の膂力がパワー自慢のウルフを上回ったという試合。パワー、体格、長い手足と己の長所を良く知る、高橋会心の一番だった。「組み合う」新ルールは力のある側に試合を傾ける特徴があるが、これによって高橋の体力優位が炙り出されたという試合でもあった。

eJudo Photo
穴井亮平が徳弘哲也の右一本背負投を潰し、めくり返して抑え込む

穴井亮平(了徳寺学園職)○横四方固(1:41)△徳弘哲弥(高知県警)

徳弘は左、穴井は右組みのケンカ四つ。
最軽量選手徳弘、動き良く果敢に左右の背負投で度々攻め込む。穴井序盤は圧力を掛けることに集中、徳弘の背負投は深く入れず、横を向かされる形で止められ51秒「待て」

直後、徳弘が引き手を確保。右一本背負投を放つが、キッチリ潰した穴井が腹を包んで下からめくり返し、肩固に近い形で抑え込み一本勝ち。公式記録は横四方固。晴れ舞台でなんとか勝利を伺いたかった徳弘だが、体格差に加え、なにより軽量級なみに手堅く、試合の巧い穴井に隙を探すことは難しかった。

eJudo Photo
ケンカ四つ、森本翔太が右体落を狙って試合を動かす

森本翔太(札幌山の手高教)○反則[指導4](4:53)△鰐渕良則(愛知県警)

140kgの鰐渕が左、100kgの森本右組みの相四つ。引き手争いの中から森本が右大内刈と腰を切り返しての右小外刈で展開に差をつける。鰐渕の放つ左内股は散発、いずれも引き手が切れてしまい威力、手数とも攻勢権を確保するには至らず。1分7秒に宣告された双方への「指導」以降は、一方的に鰐渕に反則が累積。いずれも消極的との判断で、2分35秒、3分52秒、5分3秒と「指導」が与えられて、決着。

eJudo Photo
増渕樹が鮮やかな左払腰、増田哲也に一本勝ち

増渕樹(旭化成)○払腰(3:19)△増田哲也(新日鐵住金)

左相四つ。両者両襟で圧を掛け合う。一発大きな投技を仕掛けたい増渕に対し、腰の重い増田が両襟を絞って前進圧力、スタティックな試合を志向して抵抗。増渕は両襟の左内股、さらに釣り手を激しく動かして牽制しておいての左内股と放つが増田初弾は受け止め、二度目は前に押し込んで崩れず。

57秒、ならばと増渕は左内股で追い込み、釣り手を抑えさせたまま巻き込み流しつつ、体を浴びせて相手の斜め後ろに押し込む。軸足の膝が畳につき、腰が砕けたがこれは「有効」。

この一撃でやや気持ちの切れた増田に対し、増渕今度は鮮やかな左払腰を決めて「一本」、3分19秒。攻撃志向の増渕が、堅い防御を崩す手立てと力をしっかり見せた一番。

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版4月30日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.