PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

決戦前に五選手が会見、上川大樹は「全試合一本勝ち目指す」と初優勝誓う・全日本柔道選手権

(2014年4月28日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版4月28日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
全日本柔道選手権
決戦前に五選手が会見、上川大樹は「全試合一本勝ち目指す」と初優勝誓う
eJudo Photo
全日本選抜体重別で決勝を争った上川と七戸。明日は準決勝での対決が予想される

体重無差別で柔道日本一を争う全日本柔道選手権を翌日に控えた28日、講道館で有力選手五人が前日記者会見に臨んだ。

全日本選抜体重別選手権で優勝、今大会は優勝候補筆頭と目される上川大樹(京葉ガス)は「超級の王者が2年間出ていない。もう自分しかいないだろうという気持ちでやっている」と強気の言葉。「全試合、秒殺で一本勝ちするのが理想」と、初優勝を誓ってみせた。

七戸龍(九州電力)は「全日本では毎回思うような試合ができなかった。今回は世界選手権の選考のことは考えず、自分の力を出し切りたい」と決意を表明、昨年準優勝の原沢久喜(日本大)は「結果だけにこだわらず、一戦一戦自分の柔道をしたい」と内容重視とのコメントに意気込みを込めた。

eJudo Photo
会見に臨んだ五選手

派遣なしの可能性もある世界選手権100kg級の代表選出を今大会の上位進出に掛ける熊代佑輔は「表彰台(3位以上)を狙う。去年一年国際大会で全く成績を残していないので、この大会勝つしか選ばれる道はない」と覚悟の表情。

世界選手権優勝者に与えられる推薦出場権を行使して出場する73kg級の大野将平は「目標は1回でも多く会場を沸かせること」と不敵な笑みを浮かべていた。

大会は29日、日本武道館で100kg級と100kg超級の世界選手権代表選考会を兼ねて行われる。

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版4月28日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.