PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

池絵梨菜が決勝で畠石香花破って優勝、2階級制覇を達成・第36回全国高等学校柔道選手権70kg級レポート

(2014年4月17日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版4月16日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
第36回全国高等学校柔道選手権70kg級レポート
池絵梨菜が決勝で畠石香花破って優勝、2階級制覇を達成
eJudo Photo
準決勝、池絵梨菜が新添左季を背負投「一本」に仕留める

決勝に進んだのは第1シードの池絵梨菜(東大阪大敬愛高2年)と第2シード畠石香花(土浦日大高1年)。

池は昨年の63kg級王者。初戦で飯島彩加(敬愛高2年)との対戦という山場があったが、ここを横四方固「一本」(3:14)で勝利すると後は電車道。3回戦は甲斐七海(西京高2年)を横四方固(2:26)、準々決勝は牧田朱加(鹿児島南高2年)を背負投(0:47)、準決勝では新添左季(天理高2年)を背負投(2:08)と全試合一本勝ち、一段違う力を見せての決勝進出。

eJudo Photo
2回戦、畠石香花が内藤かりんを攻める

一方の畠石は一昨年の全中王者、昨年の全日本カデ王者。この日は2回戦で内藤かりん(新田高2年)に手を焼き旗判定での勝利という滑り出し。しかし3回戦は池田真梨(埼玉栄2年)を僅か12秒の内股「一本」、準々決勝は滝澤美咲(前橋育英高2年)をこれも1分掛からず袈裟固「一本」(0:48)と完全に立ち直り、準決勝では積年のライバル中江美裕(大成高1年)をGS延長戦「技有」(GS0:44)で下して決勝に駒を進めてきた。

eJudo Photo
池が先んじて左内股で攻める

池は左、畠石は右組みのケンカ四つ。
近い間合いでの組み合いから池が左内股を2連発。畠石がこらえきった後の46秒、畠石に「指導」が宣告される。「指導」裁定が遅くなって縺れた前戦の63kg級決勝を踏まえてか、この試合の反則裁定は明確。

続く展開、池の左小外刈に畠石が腹ばいに伏せる。再開後も池は片襟を握った右背負投で攻撃を継続。

eJudo Photo
池が片襟の右背負投で攻める

1分を過ぎ、池が両襟を握ると畠石が切り離して回避。続く展開で池が引き手を握るとこれも畠石嫌って切り離しどうやら地力は池が上の模様。

そして1分50秒、両者が片手の小外刈と出足払を打ち合う攻防の末、双方に「指導」が宣告される。反則累積は池が「1」、畠石が「2」。直後の展開も池が右背負投を先んじて放ち、この技自体はスッポ抜けたものの池はこれまで変わらず主導権をキープ。

eJudo Photo
池が左小内刈で「技有」

残り1分を過ぎ、畠石が腰を切って右大内刈。抜き捌いた池は動きを止めずに反時計回りの運動に畠石を誘導、その動きが止まる瞬間を狙って鋭い左小内刈。畠石は真裏に倒れてこれは「技有」となる。経過時間は2分22秒、残り時間は38秒。そのまま畠石が下から引き込んで寝技の攻防となり、「待て」が掛かった時点で残り時間は僅か25秒となる。

畠石の粘りによって演出されてきた拮抗はこの得点をきっかけに決壊。残り8秒、池は右の片襟背負投、次いで左内股に繋いで押し込み「有効」を追加。最後は池の左小外刈に畠石が下がったところで終了ブザー。

池、「技有」による優勢で優勝決定。昨年の63kg級に続く高校選手権2階級制覇を達成した。

eJudo Photo
優勝の池絵梨菜選手

「70kg級だとまだ力負けすることがある」と語った池だがもともとかなりの減量をしていたこともあり、勝ちぶりの良さから考えるにどうやら70kg級は適正階級。ここ数年二極分解で強豪の層が薄く、かつ畠石、中江ら有望人材が集中している状況から1年生世代の独壇場となるかと思われたこの階級だが、一学年上の池が格の違いを見せ付けたという格好の大会となった。1年生時の負傷による停滞から完全に抜け出した感のある大物・池が今年どこまで伸びるのか、期待して見守りたい。

【入賞者】
優勝:池絵梨菜(東大阪大敬愛高2年)
準優勝:畠石香花(土浦日大高1年)
第三位:新添左季(天理高2年)、中江美裕(大成高1年)
第五位:牧田朱加(鹿児島南高2年)、滝澤美咲(前橋育英高2年)
    小野華菜恵(松商学園高2年)、杉山歌嶺(修徳高1年)

池絵梨菜選手のコメント
「70kg級でどこまで出来るか、挑戦者の気持ちで出来たこともあって、今日は楽しかった。攻め続けることを意識して稽古してきて、そういう柔道が出来たと思います。この階級ではまだ力負けする部分があるので、組んで、止まらずに攻撃できるような柔道を目指したい」

eJudo Photo
準々決勝、池絵梨菜が牧田朱加を背負投「一本」に仕留める

【準々決勝】

池絵梨菜(東大阪大敬愛高2年)○背負投(0:47)△牧田朱加(鹿児島南高2)
新添左季(天理高2年)○内股(1:28)△小野華菜恵(松商学園高2年)
畠石香花(土浦日大高1年)○袈裟固(0:48)△滝澤美咲(前橋育英高2年)
中江美裕(大成高1年)○横四方固(3:00)△杉山歌嶺(修徳高1年)

【準決勝】

池絵梨菜○背負投△新添左季
畠石香花○GS技有△中江美裕

【決勝】

池絵梨菜○優勢[技有・小内刈]△畠石香花

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版4月16日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.