PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

西尾直子が悲願の高校カテゴリ初優勝・第36回全国高等学校柔道選手権57kg級レポート

(2014年4月17日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版4月16日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
第36回全国高等学校柔道選手権57kg級レポート
西尾直子が悲願の高校カテゴリ初優勝
eJudo Photo
3回戦、西尾直子が枠谷菜々を体落「一本」に仕留める

決勝に進出したのは西尾直子(帝京高2年)と柴田理帆(埼玉栄高2年)の関東勢2人。

昨年2位の西尾はもちろん第1シード。この日は2回戦で小林真依子(金沢学院東高2年)を横四方固「一本」(1:52)、3回戦で枠谷菜々(箕島高1年)を体落「一本」(1:24)、準々決勝では外処美紗葵(常盤高1年)をGS延長戦「有効」(GS1:04)、準決勝では小川寧々(創志学園高2年)をこれもGS延長戦「有効」で下して決勝進出を決めてきた。

eJudo Photo
決勝に臨む柴田理帆

一方の柴田はノーシードからの勝ちあがり。1回戦では中島美希(塩田工高2年)を横四方固「一本」(0:56)、2回戦は優勝候補の一角村井惟衣(奈良育英高1年)にGS延長戦の末の「有効」(GS0:17)で競り勝ち、3回戦は杉原加奈(大成高1年)に「指導2」優勢、準々決勝は小林由依(新田高1年)に「技有」優勢で勝ち抜け、準決勝では前戦で第2シードの立川莉奈(敬愛高2年)を破った林美七海(東大阪大敬愛高1年)を「指導2」優勢で退けての決勝進出。

eJudo Photo
柴田が右一本背負投で先制攻撃

決勝は西尾が右、柴田が左組みのケンカ四つ。
激しい手先の組み手争いの末に、釣り手を持ち合ったところから柴田が一瞬引き手を狙うフェイントを入れての右一本背負投。西尾が崩れるとみるや立ち上がりざまにもう一撃同じ技を食わせる。体を捨てた柴田先に畳に落ち、西尾が背中を押さえて技を止めて「待て」。経過時間は19秒。

eJudo Photo
両手が切れてしまい、柴田はこれで痛恨の「指導1」を食らう

この先制攻撃を受けた西尾、引き手争いが続く中から釣り手一本で片手の内股、さらに相手の股下に右体落を落とす崩し技で展開を作る。対抗した柴田は続けて西尾が放った右小外刈に反応、再度の右一本背負投で展開を作ろうとするが、入りきれずに90度横に仕掛ける形で座りこんで両手が切れてしまう。主審はこの技を受けて柴田に偽装攻撃の「指導」を宣告。経過時間は47秒。

eJudo Photo
柴田が西尾の動きを捉えて左内股

続く展開、西尾は組み立てを変えて時計回りに回りながらまず引き手を探る。柴田はこれに応じて自分が引き手を先に掴み、釣り手を奥に入れながら西尾が作り出した時計回りの運動に合わせて思い切った左内股。受けた西尾が一瞬崩れて立ち直ると間をおかずに足を差し入れケンケンの左大内刈、ついで左内股と繋ぐ。西尾が崩れ伏せて「待て」。経過時間は1分13秒。

以後は袖の絞りあい、足の飛ばしあい。1分27秒に西尾の右大内刈の起こりを柴田が支釣込足に捕らえて回し伏せさせる攻防、2分には引き手争いの中から西尾が放った右背負投に柴田が左内股を合わせて潰れるという攻防があったが大枠拮抗のまま試合は終盤へ。残り1分を切っても引き手争いが続き、両者担ぎ技のモーションを見せるが反転運動のみですぐに自ら戻ることの連続、なかなか試合を動かせない。

eJudo Photo
西尾の出足払に柴田が伏せる

残り30秒を過ぎての引き手争いのさなか、西尾が右小外刈、柴田が左小外刈を連続で打ち合う攻防。西尾が崩し技の右体落を股中にまず落とし、受けた柴田の上体が起き上がるタイミングに合わせて右出足払を放つと柴田ガクリと崩れて伏せる。残り時間は18秒。

ここで双方に「取り組まない」判断の「指導」が与えられる。累積は西尾が「1」、柴田が「2」。

後のなくなった柴田は猛進、西尾が襟を狙って伸ばした左引き手の袖を手首をクルリと返して確保すると、釣り手を背中に入れて左内股を2連発。頭の下がった西尾は2発目に大きく崩れるが、柴田の体を捨てる運動がやや早すぎたことに助けられなんとか力の圏外に逃れて伏せる。西尾立ち上がろうとするが柴田は背中を握った釣り手を放さず立ち上がり際に再び左内股、再び西尾を潰すとすかさず得意の横三角に移行。

柴田は両脚で頭をしっかりロックしたように見えたが、残り時間僅かでミスの許されない状況に焦ったかめくり回そうとした瞬間に固定が緩んでしまい、自分だけが半回転。その場に残った西尾が脚を抜いて頭を上げたところで終了ブザー。西尾が「指導2」による優勢で勝利を決め、念願の高校選手権初制覇を成し遂げた。

eJudo Photo
勝ち名乗りを受ける西尾。小学以来これで4カテゴリ目の全国制覇

西尾は小学、中学、カデに続く4カテゴリ目の全国制覇。高校入学直後のインターハイで2位に入賞しながら、続く高校選手権ではインターハイで勝った出口クリスタに敗れて2位、高校2年時のインターハイではベスト8とどうしても高校カテゴリで勝つことができなかったが、入賞4大会目にして悲願の初優勝となった。決勝は中盤の攻防を見る限りあるいは柴田の方が地力が上ではと感じさせる場面もあったが、「4度目の正直」に賭ける西尾の執念と長年磨いた試合力の高さに軍配が上がった格好となった。

健闘の柴田は、強さを見せ付けての2位。52kg級3位入賞の常見海琴と合わせて、大将に絶対のエース冨田若春を置く埼玉栄の不確定要素として指摘されていた先鋒枠と中堅枠の前衛2枚が揃って全国上位レベル対戦での戦闘力の高さを見せ付けたということとなり、「埼玉栄はやはりキッチリ仕上げてきた」と団体戦前日にライバル各校に与えたインパクトは大きかった。団体戦Vの布石となる、価値ある内容と結果だった

eJudo Photo
優勝の西尾直子選手

【入賞者】
優勝:西尾直子(帝京高2年)
準優勝:柴田理帆(埼玉栄高2年)
第三位:小川寧々(創志学園高2年)、林美七海(東大阪大敬愛高1年)
第五位:外処美紗葵(常磐高1年)、岡本光理(京都学園高2年)
    立川莉奈(敬愛高2年)、小林由依(新田高1年)

西尾直子選手のコメント
「去年準優勝だったので、どうしても優勝しなかった。決勝は『一本』取ることが出来ずに悔しかったですが、前に出る気持ちが出せたところと最後まであきらめなかったところは良かったと思います。今後の課題は、今重点的に練習している足技です。目標にしている選手は宇高菜絵選手。将来は東京五輪に出たいです」

【準々決勝】

西尾直子(帝京高)○GS有効(GS1:04)△外処美紗葵(常磐高)
小川寧々(創志学園高)○優勢[指導2]△岡本光理(京都学園高)
林美七海(東大阪大敬愛高)○GS有効(GS1:22)△立川莉奈(敬愛高)
柴田理帆(埼玉栄高)○優勢[技有]△小林由依(新田高)

【準決勝】

西尾直子○GS有効△林美七海
柴田理帆○指導2△立川莉奈

【決勝】

西尾直子○優勢[指導2]△柴田理帆

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版4月16日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.