PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

全国高等学校柔道選手権大会・男子個人戦ひとこと展望

(2014年3月19日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版3月19日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
全国高等学校柔道選手権大会
男子個人戦各階級ひとこと展望
eJudo Photo
第2シードに配された永山竜樹がトーナメントを引っ張る

■60kg級

-優勝候補は一発の切れ味と展開力備える永山竜樹。大島拓海、仁田泰斗が後を追う-

13年世界カデ王者大島拓海(阿波高)と、もと55kg級世界ジュニア王者で13年インターハイ3位の永山竜樹(大成高)がそれぞれ第1、第2シードに配置された。黒潮旗大会での充実した柔道を見る限り、本命が永山、対抗が大島と規定して良いのではないかと思われる。比較的柔道がナイーブな大島に比べ、オールラウンダーで裏投、掬投と得意技以外の大技を持ってどこからでも攻められる永山は展開力にも一発の威力にも優れる。他から一段抜け出した強さを期待したい。

2人の争いに割って入りそうなのが、復活基調にある仁田泰斗(大牟田高)。優勝者はこの3名のいずれかになるのではないだろうか。大島との準々決勝はトーナメントの行方自体を大きく揺るがす注目の一番。

永山と準々決勝を争う巣山太智(松本第一高)、黒潮旗で永山と激戦を繰り広げたセンス抜群の山本達彦(東海大相模高)、小島隆仁郎(新田)も上位を伺う。

eJudo Photo
インターハイ2位の吉田優平

■73kg級

-天才肌揃った最激戦階級、3回戦以降は注目カード続々-

66kg級と73kg級という2階級合同カテゴリ、かつシニア同様日本人の運動特性が嵌る軽中量級とあって好選手が目白押し、今大会の最激戦階級となっている。

優勝候補筆頭は昨夏のインターハイ2位で全日本カデ準優勝者の吉田優平(大垣日大高)。袖、襟、左右、縦回転に横回転と形に拘らない袖釣込腰の一撃が強力。もちろん今大会は第1シードだ。

1年生ながら才能ナンバーワンの呼び声高いのが昨年66kg級で全日本カデを制した阿部一二三(神港学園高)。こちらは抜群の運動神経と、あくまで立ったまま投げ切る日本人好みの高い打点の投技が魅力。センスだけなら前後数代の中でナンバーワン、東京五輪代表の有力候補と評する向きも多い天才肌の選手だ。

ただし吉田、阿部ともファイトスタイルのヤンチャさ、勝ちぶりの面白さを反映するかのようなメンタル面のムラが不安要素。精神面での成長、冷静沈着さを獲得出来ているのかが実は勝ち上がり最大の要因ではないだろうか。

担ぎ技と小内刈という古風な軽量級スタイルで国体少年の部における神奈川県優勝の原動力となった込山龍哉(相洋高)も面白い存在。切って担ぐというファイトスタイルの融通の利かなさはあるが、ここ一番の思い切りの良さは非常に面白い。

昨年の全中王者古賀颯人(大成高)も1年生らしからぬ冷静さと技の威力を併せ持った好選手。73kg級全日本カデ王者で戦術派の立川新(新田高)、第2シード評価を受けた鳥羽潤(松本第一高)、団体戦で全国優勝を狙う白鴎大足利高の斬り込み隊長で12月の水田杯ではインターハイ66kg級3位の福岡克仁(関西高)を一撃で倒した浅野大輔(白鴎大足利高)、その福岡を予選で下して第3シード評価を受けている野尻幸汰(作陽高)、団体戦でもレギュラーを張る田島優人(東海大浦安高)ととにかく強豪が目白押し。3回戦以降は気の抜けない戦いが続く。

【Aブロック】

吉田優平と田島優人が準々決勝で激突。パワーファイターへの対応を獲得しきれていない田島に対して、ゴリゴリ攻める吉田が優位というのが穏当な予想。相手を見てしまう吉田の悪い癖が顔を出さない限りは吉田が勝ちあがる可能性が高い。

【Bブロック】

込山龍哉と阿部一二三が準々決勝で戦う。過去の戦いを見る限り込山の強気は却って阿部の際の強さと投げ一発の切れ味を呼び覚ましている傾向があり、順当なら阿部が勝ち上がるはず。神港学園という超強豪校ではない環境を自ら選択した阿部の、この1年間の稽古の取り組みが問われる一番。

【Cブロック】

3回戦で鳥羽-浅野、その勝者と準々決勝で古賀が戦う激戦ブロック。浅野-古賀は翌日の団体戦でもマッチアップの可能性が高く、実現すれば見逃せない一番。

【Dブロック】

シード選手の野尻は2回戦で激戦区東京を勝ち抜いたこれも天才肌の1年生佐藤晃輔(安田学園高)の挑戦を受ける。勝者が準々決勝で立川と対戦。この階級の中ではAブロック同様比較的人材密度の粗いブロック。3者に勝ちあがりのチャンスがあると見る。

eJudo Photo
激戦区神奈川を勝ち抜いた飯島俊佑

■81kg級

-本命不在の大混戦階級、スター誕生に期待-

軽中量級の人材密集現象と基調を揃え、こちらはシニアの低調を反映する形で有力選手が少ない階級。高校選手権体重別個人戦創設の際に「日本の81kg級の低迷をなんとかしたい」「高校生の中で登録人数がもっとも多い階級」とのことで81kg級級を敢えて実施5階級に残したという経緯を考えるになんとも寂しい限り。今大会でのスター誕生に期待したいところだ。

有力と目されるのは飯島俊佑(東海大相模高)、鳥居天凱(神戸国際大附)、佐藤竜(修徳高)、青木雅道(宮崎工)というところ。

負傷明けの飯島、大型のチームメイトに囲まれた鳥居はともに今期の団体戦で本領を発揮できておらず、本来の「村」である体重別にあってどれだけのパフォーマンスが出来るか注目したい。

飯島は抜群の技の切れ味が魅力だが、この選手もメンタルの揺れが激しく、そんな中で初戦に対戦する米澤智史(北陸高)は関係者の前評判が高い。前代は同県の高校選手権王者伊藤祐輝の影に隠れていたが、懐が深く、粘り強くて戦いにくい選手。その後の勝ち上がりを測る上で面白い対戦になりそうだ。

佐々木健志(平田高)と岡田友徳(高知高)も関係者の評価が高く注目しておきたい選手だ。

eJudo Photo
ノーシードながら優勝候補の筆頭と目される川田修平

■90kg級

-川田修平と二見省吾が優勝候補、白川剛章と貫目純矢が後を追う-

ノーシードながら川田修平(大成高)が優勝候補筆頭、同じくノーシードの二見省吾(相洋高)が対抗と見る。

川田は急成長中の大型新人。体はまだ細い印象で技も粗削りだが、上から目線の組み手から繰り出す左大外刈の威力は出色。招待試合シリーズには序盤の1大会(黒潮旗)しか出ておらずまだ実力の底は測れていないが、未完成のこの段階で全国を獲ってしまうのではと評されている大物選手だ。

二見も今期急成長した有望株で、得意の内股だけでなく担ぎ技にも抜群の威力を持つ、センスと取り味溢れる選手。攻めにかかったときの強さは全国屈指。

このノーシード2人に、カデカテゴリで実績を残してきた第1シードの白川剛章(福井工大福井)、第2シードの貫目純矢(崇徳高)が絡むというのが今大会の様相。ほか、加倉雅士(高川学園高)、浜野大生(大牟田高)、石山潤平(神戸国際大附)、新井輝(國學院栃木高)が有力選手。

【A・Bブロック】

第1シードの白川剛章が3回戦で浜野大生の挑戦を受ける。Bブロックには有力選手の影が薄く、川田修平が初戦で染谷涼央(東海大浦安高)を退ければそのままベスト4入りという可能性が高い。

【C・Dブロック】

Cブロックは初戦で1年生の新井輝と安達健太(作陽高)が対戦。新井は組ませてくれる相手には投げ一発の切れ味を発揮するが、いきなりねちこい安達を相手にせねばならず、勝ち上がっても準々決勝は試合巧者の貫目純矢が待ち受ける。Cブロックの勝ち上がりは貫目の可能性が高い。

Dブロックは激戦。第3シードの釘丸将太(国士舘)の初戦が加倉雅士、その直下では2回戦で二見省吾と石山潤平が対戦する。

二見はまず体の力が強い前進タイプの石山との戦いで試され、これを抜けると釘丸か加倉。二見は抜群の攻撃力の一方、団体戦の神奈川県予選準決勝では凌ぐ相手に対する攻撃ロジックの意外な欠如を露呈。戦術派タイプに対する不安が残るが、ここで加倉ではなく釘丸、勝ち抜いたとして貫目と典型的な試合が巧い、かつベースが強い選手と対戦するという試練が待ち受ける。実力の最高到達点が高いのは二見だが、決勝への勝ち上がりは貫目という可能性もまた否めない。

eJudo Photo
優勝候補筆頭は小川雄勢

■無差別

-主役級揃った目玉階級、ノーシードスタートの小川雄勢がトーナメントの軸-

役者が揃った非常に面白い階級。小川雄勢(修徳高)が優勝候補、対抗が四つ角シードの香川大吾(崇徳高)、田中源大(高川学園高)、太田彪雅(白鴎大足利高)、奥野拓未(東海大仰星高)で、わけても注目は小川、香川、田中。この5人に村田大祐(東海大浦安高)が続くという構図となる。


【Aブロック】

第1シードが田中源大、逆側サイドに小川雄勢が入った。
田中は3回戦で明石将太(小杉高)、小川は2回戦で光明駿(神戸国際大附高)と好選手との対戦があるが、田中と小川のベスト8での激突はまず間違いないところだ。

団体戦展望の稿で書いたとおり、小川の最大の武器は「アンチ展開力」とでもいうべき圧力。小川はこの圧力が掛けやすい相四つを好む傾向があり、左相四つの田中とは比較的戦い易いはず。小川の勝ち上がりを推しておきたい。

【Bブロック】

太田彪雅の山。実力派選手は散見されるものの刺客として具体的に太田を刺せる力とロジックがある、というところまで基準を引きあげると名前を挙げるのは難しい。太田は残す結果の高さの割には戦い方にナイーブなところがある選手だが、このブロックは比較的波乱なく勝ち上がる公算が高い。

【Cブロック】

香川大吾の山。3回戦で並木泰雅(大成高)、準々決勝で野地優太(作陽高)か中尾旭(東海大相模高)との対戦が待ち受けるが各選手のこれまでの各種試合の出来を見る限りでは香川に死角はなさそう。香川が勝ち上がるだろう。

【Dブロック】

奥野拓未の山。2回戦の村田大祐戦が最大の山場で、勝者は準々決勝で山口智広(大牟田高)-古田伸吾(天理高)と対戦する。

このブロックの勝ち上がりは不透明。奥野-村田戦の勝者がベスト4に進出する可能性が高いとしておくが、誰が勝ちあがってもおかしくない混戦ブロックだ。

【準決勝-決勝】

高い確率で小川雄勢-香川大吾の決勝対決が実現すると思われる。2月に合同稽古で手合わせしているという情報があるが、試合での直接対決となればこれが初。

団体戦展望の繰り返しになるが、左相四つゆえ上背に勝る小川の圧力が掛かりやすい、かつ、ブレイク前の香川が相四つの相手に釣り手を高く持たれることを嫌気していたという現象から敷衍すると小川が有利。

一方昨夏から成長著しい香川が小川を凌ぐところまで地力を上げていた場合は、これも力をつける前の小川が、力関係が上と感じるやいきなりコインの裏表を返すように攻撃意欲を減退させていたということから敷衍して、雪崩を打って展開は香川に傾くと見る。また、香川が「持ちあいながら」の相手の誘導を今期試み続けていること、体が回らないはずの近い間合いからでも腰を切っての前技を見せていることも小川に対する対抗材料。

いずれ、翌日の団体戦の趨勢にも大きく関わるこの一番、高校柔道ファンなら決して見逃してはいけない。激戦必至の好カードだ。

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版3月19日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.