PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

全国高校柔道選手権女子有力校監督直前インタビュー③東大阪大敬愛高・平田勝美監督

(2014年3月17日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版3月17日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
全国高校柔道選手権女子有力校監督直前インタビュー③
東大阪大敬愛高・平田勝美監督
eJudo Photo

大きな怪我もなく、ここまで出来る限りのことをやってきました。

冬の関東遠征の後、池絵梨奈と米沢夏帆は年末に残って三井住友海上さんの稽古に参加させて頂きました。非常にイキイキして帰ってきて、栄養をもらってきた感じ。この元気を周囲に還元して、全体がレベルアップしたんじゃないかなと思っています。

米沢が57kg級から63kg級へ、池が63kg級から70kg級に階級を上げての大会となります。
米沢はジャストフィットという印象。顔色も良いですし、57kg級の頃より動きにキレも出てきました。池も、単に重くなっただけではなく力強さが出てきましたね。重量級の斉藤芽生もいますが、練習でも池のほうが強いので予選から池の起用に踏み切りました。

中堅、大将が固まっているのでやはり先鋒、三島千賀子の出来が勝負を左右することになります。年末からずっと課題を与えてきまして、浮いたり沈んだりしながら出来上がって来ました。良い仕事をしてくれると思います。

池は大型選手と戦っても担げるし、足技も巧いし、安心して見ていられます。ただ、後輩の(重量級の)斉藤とやると自信があるので、大きい選手に対しても間合いが近すぎて、少々不安なところもあります。自信と、慎重さをうまく併せて戦ってもらいたいですね。

とはいえ高校生は日替わりですから。斉藤は試合と練習では全くパフォーマンスが違うタイプですので、本番で物凄い力を出すこともある。個人戦の2人の様子を見て、相手との相性も考えて、起用も考えていきたいと思います。

とにかくポイントは先鋒で勢いが出せるかどうか。吹っ切ってくれたらチーム全体が乗っていきます。後ろがノビノビ力を発揮できるようなスタートを切ってもらいたいですね。十分力はあるんですが、全国大会の団体戦ということで経験がまだ不足していて、どうしても場慣れしていない部分がある。個人戦で雰囲気に慣れて、思い切り試合が出来るようになって欲しいです。

チームの雰囲気は良いと思いますよ。稽古でもミーティングでも「優勝する」と口にして意識しつつ、かつ、選手が固くならないように気をつけながらやっています。ガチガチに勝負のことを考えるよりも、勝った瞬間の感動や喜びをイメージさせる方向ですね。良い感じで力が抜ければと思っています。

最後に一言ですか?
粘り強く戦って、最後まで負けずに大会を終わります。頑張ります。

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版3月17日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.