PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

全国高校柔道選手権女子有力校監督直前インタビュー②大成高・大石公平監督

(2014年3月17日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版3月17日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
全国高校柔道選手権女子有力校監督直前インタビュー②
大成高・大石公平監督
eJudo Photo

優勝候補筆頭?とんでもない(笑)。そう言って頂けるのはうれしいですが、うちはまだまだのチームですよ。

メンバーは黒木七都美、鍋倉那美、中江美裕の3人。経験を十分積んだメンバーなので、「全員1年生だから」というような不安はありません。皆で前を向けるチームワークが出せるかどうか、ミーティングでもそういうところをしっかり話しています。

中江は皇后盃予選から、試合内容が非常に良くなってきました。今までは慌てて余計なことをしてしまったりということもあったんですが、落ち着いて試合の状況を判断できるようになってきた。こちらも意外なんですが、皇后盃予選を見ると大きい相手とは戦いやすいみたいなんですね。物凄く安定感があるというわけではないですが、良いところを出せているし、力負けすることがない。これは好材料だと思っています。

鍋倉は意識して稽古を積んできた部分が結実し始めていることと、不安と、半々ですね。去年の後半あたりに調子を落としていたのですが、どうやら復活してきました。内股一辺倒だったところを、足技などほかの技を幅広くやりながら内股をさらに良くする、という方針でやってきたんですがこれが成果を上げてきています。足技は抜群に良いですね。あとは心のコントロールがしっかり出来るかどうかです。

黒木は予選までは試合内容が良くなかった。稽古では良いのに、試合になるとリスクを恐れているところがあったんです。が、この1ヶ月で前に出れるようになって持ち味を出せるようになってきました。対外稽古でも、練習での強さが出せるようになってきました。

うちは夏以降、ローカルの大会に一切出ていません。3月末からずっと試合続きでじっくり稽古で力を練ることができませんでしたので、この半年は学校でしっかり、じっくり練習に取り組んできました。相手の研究もしていませんし、ひたすら見えない相手、自分との戦いをやってきたので不安がないわけではないですが、ある程度の手ごたえは持っています。

最初の試合から気が抜けない対戦が続きますが、相手が誰かというよりは自分たちの力をどう出せるかです。皆が前のめりになるような勢いが出てくれば、というところですね。一個嵌ればそういう勢いと執念が出てくると思いますので、そういう良い展開を早く出せるようにしていきたいですね。謙虚に、大胆に、全力を尽くすだけです。そして絶対に優勝します。

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版3月17日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.