PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

全国高校柔道選手権男子有力校監督直前インタビュー⑦桐蔭学園高・高松正裕監督

(2014年3月16日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版3月16日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
全国高校柔道選手権男子有力校監督直前インタビュー⑦
桐蔭学園高・高松正裕監督
eJudo Photo

学校の試験が入って稽古が中断していたんですが、先週の金曜日から復帰。怪我人もなく、どうやら順調に来ています。

小粒なチームですが、中心選手は岡田武志と小原弘暉ですかね。岡田は父親(岡田弘隆氏)譲りの足腰の強さ、小原はパワーと力強さ、それに組み手のうまさが持ち味です。

優勝云々よりも3回戦で国士舘高校と当たりますので、これがすべてですよ。上を見ずに、とにかくそこに絞ってやっています。相手は左組みの選手が多いので、対左対策をしっかりやっています。何試合か見させていただいたのですが、ガンガン前に出てくるので去年のチームよりもむしろ今年のチームのほうが怖い。試合時間が3分なのでそこを意識してうまく試合を運んでいきたい。小柄なチームで不利と言われていると思いますが、試合のシナリオはしっかり考えていますよ。しぶとく戦います。

神奈川県予選(決勝で東海大相模高を3人残し)は大差の試合になりましたが、しぶとく、しぶとく戦おうとしているとああいうことも起こるということ。勉強にはなりましたが、あれは最高の出来ですので、ああいう試合を求めていくと歯車が狂ってしまいます。メンバーはほぼ固定ですので、身の丈を忘れず、全員でしっかり戦っていきたい。

追い込む稽古は明日か明後日まで。そこを乗り切ればあとは調整ですのでとにかく怪我なくそこまで持っていくことです。

キーマンですか?うちは負けない選手は揃っていますが、取り役は決まっているので、勝つべき選手がしっかり仕事が出来るかどうか。結局点を取らないと勝たないので、勝負はここに尽きます。ということで小原がカギになってくると思います。

とにかく3回戦が勝負です。ここがすべて。

とはいえ、決勝までのオーダーは全試合考えてありますよ。それは当然です。

一戦一戦しっかり戦うだけです。頑張ります。


※インタビューは3/14に行いました。

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版3月16日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.