PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

全国高校柔道選手権男子有力校監督直前インタビュー④修徳高・大森淳司監督

(2014年3月16日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版3月16日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
全国高校柔道選手権男子有力校監督直前インタビュー
④修徳高・大森淳司監督
eJudo Photo

選手6人でミニ合宿の最中で、チームの雰囲気が非常に良くなってきました。皆、選手権に向けて楽しんでいるという印象ですね。もちろん稽古の中で細かい確認はやっていますけど、追い込むというよりは短時間練習で集中して「仕上げている」というところ。全国大会の前はいつもこうです。もう最終調整の段階ですよ。

小川雄勢は昨日(インタビュー日は3/14)内容が良くなかったんですが、終わった後に話をしたら今日の稽古では非常に良かった。こういうことを繰り返しながら調子を上げています。とにかく「良い表情」をしているときは力が出ますので、試合でこれを発揮出来るようにということですね。崇徳の香川君と良く比較されているようですが、2月の稽古をしたときにはやりづらいということはなかったようです。期待していますよ。

レギュラーではない選手とも、それぞれがお互いを認め合えるようになってきたのが今冬一番の成長。こういうチーム作りはうちとしては一番大事にしているところですので、修徳らしさが発揮できる土台が整ったなと思います。

戦力的には、2月の三春大会で伊藤祐介が自信をつけてくれたのが大きい。安定してきていますし、力もあります。伊藤がやってくれるとチームに勢いがつきますから非常に楽しみですね。

課題ですか?どこからでも点が取れるチーム、5人全員がポイントゲッターになれる選手ですが、その中で個々が状況を考えた試合が出来るかどうかでしょうね。団体戦で引き分けると、ともすると負けたみたいな表情で帰ってくる選手が多いんです。皆力があるので「自分が取らなきゃいけない、引き分けだったら負けだ」というような考えですね。それは違うぞと。まず相手の良いところを消すことが必要な試合だってあるんだから、自分の役割を考えて試合をしようと話しているところです。

組み合わせは気にしていません。どこも力がありますし、どのチームとやるからこうしろというようなことも子供には言っていません。目の前に来た相手と戦うだけです。

個人戦に2人出ますが、これについても選手には特に何も言っていません。団体戦はOBも含めた色々なものを思って、背負って戦う場ですが、個人戦は自分の責任で戦う場です。「団体戦とは別物だよ」ということだけは話していますが、どうこうしろというようなことは一切言いません。これもいつも通りですね。

まだ全国優勝したことがないので、どのくらいの力があれば優勝できるのかはわかりません。ですが、このチームが十分力が出せれば同じ高校生には負けないと思います。子供たちに良い経験をさせたいという思いで一杯。これまでの歴史を一つ塗り替える活躍をしたいと思っています。

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版3月16日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.