PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

全日本柔道選手権予選始まる、初日は3地区で高校生が優勝

(2014年3月10日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版3月3日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
全日本柔道選手権予選始まる、初日は3地区で高校生が優勝
全日本柔道選手権(4月29日・日本武道館)の予選が開幕、2日は全国10地区のうち東北、北信越、関東、東海、四国の5地区で代表が決まった。

東海地区では佐藤和哉(静岡学園高3年)が優勝し2年連続の武道館進出決定。関東ではウルフアロン(東海大浦安高3年)、四国では影浦心(新田高3年)が優勝を果たし、3地区で高校生が優勝するという異例の幕開けとなった。

各地区の代表者は下記。

【東北】
仲田直樹(宮城・仙台大教)、橋本憲宗(岩手・岩手県警)

【関東】
ウルフアロン(千葉・東海大浦安高)、穴井亮平(千葉・了徳寺学園職)
黒岩貴信(茨城・筑波大)、永瀬貴規(茨城・筑波大)
鈴木誉広(山梨・山梨学院大)、加藤博剛(千葉・千葉県警)

【北信越】
猪又秀和(新潟・東京学館新潟高教)、藤田武志(石川・石川県警)

【東海】
佐藤和哉(静岡・静岡学園高)、鰐渕良則(愛知・愛知県警)

【四国】
影浦心(愛媛・新田高)、徳弘哲弥(高知・高知県警)


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版3月3日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.