PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

ヨーロッパオープン・オーバーヴァルト

(2014年2月24日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版2月17日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
ヨーロッパオープン・オーバーヴァルト
第1日
川端龍ら日本勢が3階級の優勝を独占、高市賢悟は全試合一本勝ち
15日、日本が参加する欧州国際シリーズ第2戦となるヨーロッパオープン・オーバーヴァルト(男子)第1日の競技がオーストリア・オーバーヴァルトで行われ、日本勢は60kg級の川端龍(了徳寺学園職)、66kg級の高市賢悟(東海大2年)、73kg級の中村剛教(大阪府警)と日本勢はこの日行われた3階級すべてで優勝を飾った。

60kg級の川端は決勝でロンドン五輪銅メダリストフェリペ・キタダイ(ブラジル)を大外刈「一本」で下して堂々の優勝。

66kg級の高市は5試合をオール「一本」、それも全て得意の背負投で決めるという圧巻の内容で優勝。73kg級の中村は準決勝で第1シードのポンポ・ダ・シウバ(ブラジル)、決勝で第3シードのガンバータル・オドバヤル(モンゴル)を下してトーナメントを制した。

66kg級の六郷雄平(明治大4年)は準決勝でアディヤに敗れ、3位だった。73kg級の太田慶一(了徳寺学園職)は2回戦敗退だった。

各階級の入賞者と日本選手の勝ちあがり詳細は下記。

◇      ◇      ◇
■60kg級

【入賞者】 エントリー31名
1.KAWABATA, Ryo(JPN)
2.KITADAI, Felipe(BRA)
3.POSTIGOS, Juan(PER)
3.SANTOS, Diego(BRA)
5.KARAKIZIDI, Savva(RUS)
5.SHEMESH, Yoav(ISR)
7.MOOREN, Jeroen(NED)
7.TRBOVC, Matjaz(SLO)

【日本人選手勝ちあがり】

川端龍(了徳寺学園職)
成績:優勝

[1回戦]
川端龍○大内刈(2:11)△ウインス(ベルギー)
[2回戦]
川端龍○合技(3:57)△ペイシャー(オーストリア)
[3回戦]
川端龍○出足払(1:57)△ポステイゴス(ペルー)
[準決勝]
川端龍○優勢[指導3]△サントス(ブラジル)
[決勝]
川端龍○大外刈(2:21)△キタダイ(ブラジル)


■66kg級

【入賞者】 エントリー48名
1.TAKAICHI, Kengo(JPN)
2.ADIYA, Batsuuri(MGL)
3.ROKUGO, Yuhei(JPN)
3.SCHNEIDER, Rene(GER)
5.AKOPYAN, Akop(RUS)
5.VERDE, Elio(ITA)
7.BESSI, Cedric(MON)
7.ZAGRODNIK, Pawel(POL)

【日本人選手勝ちあがり】

高市賢悟(東海大2年)
成績:優勝

[1回戦]
高市賢悟○背負投(3:52)△ガンバット(モンゴル)
[2回戦]
高市賢悟○背負投(4:32)△レフェブリー(ベルギー)
[3回戦]
高市賢悟○背負投(1:16)△ベッシ(モロッコ)
[準決勝]
高市賢悟○背負投(2:57)△シュナイダー(ドイツ)
[決勝]
高市賢悟○背負投(3:58)△アディヤ(モンゴル)

六郷雄平(明治大4年)
成績:3位

[1回戦]
六郷雄平○大外刈(0:22)△ジャシント(ポルトガル)
[2回戦]
六郷雄平○合技(0:31)△ガンボルド(モンゴル)
[3回戦]
六郷雄平○内股(3:56)△ザグロドニック(ポーランド)
[準決勝]
六郷雄平△隅落(3:58)○アディヤ(モンゴル)
[3位決定戦]
六郷雄平○優勢[指導3]△アコビャン(ロシア)

■73kg級

【入賞者】 エントリー50名
1.NAKAMURA, Takenori(JPN)
2.GANBAATAR, Odbayar(MGL)
3.OZDOEV, Zelimkhan(RUS)
3.POMBO DA SILVA, Alex(BRA)
5.CLARA, Alejandro(ARG)
5.MENDONCA, Bruno(BRA)
7.CHOUCHI, Sami(BEL)
7.KIRAKOZASHVILI, Tamazi(GEO)

【日本人選手勝ちあがり】

中村剛教(大阪府警)
成績:優勝

[1回戦]
中村剛教○一本背負投△ノザデズ(グルジア)
[2回戦]
中村剛教○優勢[技有・大外刈]△モリン(カナダ)
[3回戦]
中村剛教○背負投△チョウチ(ベルギー)
[準決勝]
中村剛教○体落△ポンポ ダ シウバ(ブラジル)
[決勝]
中村剛教○優勢[技有・大外刈]△ガンバータル(モンゴル)

太田慶一(了徳寺学園職)
成績:優勝

[1回戦]
太田慶一○優勢[有効・大内刈]△サルキシャン(ウクライナ)
[2回戦]
太田慶一△優勢[指導3]○シアノ(イタリア)

最終日
100kg級はコヘアが優勝、日本勢は王子谷剛志が2位入賞果たす
16日、ヨーロッパオープン・オーバーヴァルト(男子)最終日の競技がオーストリア・オーバーヴァルトで行われ、日本勢は全4階級に5人がエントリー。優勝者はなく、100kg超級の王子谷剛志(東海大3年)の2位が最高成績だった。

王子谷は3回戦で前週のグランドスラム・パリ2位のダビド・モウラ(ブラジル)を崩上四方固で下すなど全試合一本勝ちで決勝まで勝ち上がったが、2011年世界無差別選手権2位のバルナ・ボル(ハンガリー)に屈し惜しくも優勝を逃した。

100kg級ではルシアーノ・コヘア(ブラジル)が久々の国際大会制覇、高橋良介(明治大4年)は3回戦で日本大のレイズカヨル(カナダ)を破り3位入賞を果たした。

日本選手の勝ち上がりと各階級の入賞者は下記。

◇      ◇      ◇
■81kg級

【入賞者】 エントリー49名
1.REKHVIASHVILI, Zebeda(GEO)
2.VALOIS-FORTIER, Antoine(CAN)
3.MRVALJEVIC, Srdjan(MNE)
3.OTT, Marcel(AUT)
5.CIANO, Antonio(ITA)
5.KAZYDUB, Mikhail(RUS)
7.MARCONCINI, Matteo(ITA)
7.SCHOL, Melvin(NED)

【日本人選手勝ちあがり】

小原拳哉(東海大1年)
成績:3回戦敗退

[1回戦]
小原拳哉○優勢[指導3]△バシレンコ(ウクライナ)
[2回戦]
小原拳哉○優勢[技有・横四方固]△リード(イギリス)
[3回戦]
小原拳哉△優勢[技有・谷落]○シアノ(イタリア)

■90kg級

【入賞者】 エントリー43名
1.GOGOTCHURI, Zviad(GEO)
2.GASIEV, Murat(RUS)
3.FACENTE, Walter(ITA)
3.PALTCHIK, Peter(ISR)
5.KORREL, Michael(NED)
5.SUGAHARA, Takeshi(JPN)
7.BOEHLER, Laurin(AUT)
7.KRPALEK, Michal(CZE)

【日本人選手勝ちあがり】

下和田翔平(京葉ガス)
成績:2回戦敗退

[1回戦]
下和田翔平○腕挫十字固(1:30)△ズガンク(スロベニア)
[2回戦]
下和田翔平△優勢[指導3]○コレル(オランダ)

菅原健志(パーク24)
成績:5位

[1回戦]
菅原健志○反則(2:38)△ガルヤエフ(ウクライナ)
[2回戦]
菅原健志○合技(4:45)△アストビリヨン(タジキスタン)
[3回戦]
菅原健志○浮落(0:43)△ファセンテ(イタリア)
[準決勝]
菅原健志△反則(3:57)○ゴゴチュリ(グルジア)
[3位決定戦]
菅原健志△出足払(1:34)○バルトチク(イスラエル)


■100kg級

【入賞者】 エントリー27名
1.CORREA, Luciano(BRA)
2.MAMEDOV, Chingiz(KGZ)
3.REMARENCO, Ivan(UAE)
3.TAKAHASHI, Ryosuke(JPN)
5.CIRJENICS, Miklos(HUN)
5.REYES, Kyle(CAN)
7.ARDIZIO, Luca(ITA)
7.KRONBERGER, Christoph(AUT)

【日本人選手勝ちあがり】

高橋良介(明治大4年)
成績:3位

[1回戦]
高橋良介○大内刈(0:29)△ガルシア(メキシコ)
[2回戦]
高橋良介○小外刈(2:35)△ペッサンハ(ブラジル)
[3回戦]
高橋良介○優勢[有効・大内刈]△レイズ(カナダ)
[準決勝]
高橋良介△腕挫十字固(3:16)○マメドフ(キルギスタン)
[3位決定戦]
高橋良介○大内刈(1:51)△シルジェニクス(ハンガリー)

■100kg超級

【入賞者】 エントリー25名
1.BOR, Barna(HUN)
2.OJITANI, Takeshi(JPN)
3.BOSTANOV, Soslan(RUS)
3.PASKEVICIUS, Marius(LTU)
5.ULZIIBAYAR, Duurenbayar(MGL)
5.VOLKOV, Andrey(RUS)
7.MOURA, David(BRA)
7.NATEA, Daniel(ROU)

【日本人選手勝ちあがり】

王子谷剛志(東海大3年)
成績:2位

[1回戦]
王子谷剛志○体落(1:52)△カカハレイシビリ(グルジア)
[2回戦]
王子谷剛志○内股(1:07)△アルレストルファ(オーストリア)
[3回戦]
王子谷剛志○崩上四方固(3:25)△モウラ(ブラジル)
[準決勝]
王子谷剛志○支釣込足(2:56)△ウルジバヤル(モンゴル)
[決勝]
王子谷剛志△小外刈(0:36)○ボル(ハンガリー)


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版2月17日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.