PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ROAD TO 高校選手権】全国高校選手権東京都予選 男女個人戦

(2014年2月1日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版1月26日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
【ROAD TO 高校選手権】
全国高校選手権東京都予選
男女個人戦
男子個人戦
小川雄勢が無差別代表、73kg級は1年生の佐藤晃輔が野村琢眞破って代表権獲得
eJudo Photo
(写真:無差別決勝、小川雄勢が山田稔喜を攻める)

全国高等学校柔道選手権(3月20日~21日・日本武道館)の東京都個人戦の予選が25日、講道館で行われ、男子無差別は小川雄勢(修徳高)が優勝しインターハイ100kg超級に続く東京代表の座を射止めた。

小川は準決勝で岩渕将也、決勝で山田稔喜と連続して国士館高勢と対戦。岩渕には払腰「有効」、内股「技有」、大内刈「一本」と連取して快勝、決勝は前週の団体戦で引き分けられている山田を相手に首を抱えた左体落で「有効」を奪って順当に優勝を決めた。

代表権を獲得した小川は「準決勝、決勝の相手は団体戦で対戦してやり方がわかっていたので、さほど意識せずに試合が出来た」と試合を振り返り、「エンジンの掛かりが遅いのが自分の課題。ここを修正して日本一を目指します」と選手権本戦に向けて力強く語っていた。

73kg級は12年全日本カデ66kg級王者の野村琢眞(明大中野高)を準決勝で破った1年生の佐藤晃輔(安田学園高)が優勝。81kg級も1年生の佐藤竜(修徳高)が優勝、90kg級は釘丸将太(国士舘高)が制し、60kg級は準決勝でインターハイ代表の杉本大虎(日体荏原高)を破った藤阪泰恒(足立学園高)が優勝した。

各階級の入賞者と準決勝以降の結果は下記。

eJudo Photo
(写真:73kg級準決勝、佐藤晃輔が野村琢眞を攻める)

■60kg級

【入賞者】

優勝:藤阪泰恒(足立学園高)
準優勝:樋口裕大(足立学園高)
第三位:杉本大虎(日体荏原高)、大橋将延(修徳高)

【準決勝】

樋口裕大(足立学園高)○GS僅差△杉本大虎(日体荏原高)
藤阪泰恒(足立学園高)○優勢[指導3]△大橋将延(修徳高)

【決勝】

藤阪泰恒○優勢[有効・体落]△樋口裕大

■73kg級

【入賞者】

優勝:佐藤晃輔(安田学園高)
準優勝:見上心太(国士舘高)
第三位:野村琢眞(明大中野高)、鈴木海志(明大中野高)

【準決勝】

佐藤晃輔(安田学園高)○GS僅差△野村琢眞(明大中野高)
見上心太(国士舘高)○GS僅差△鈴木海志(明大中野高)

【決勝】

佐藤晃輔○優勢[技有・小外刈]△見上心太

eJudo Photo
(写真:81kg級準決勝、佐藤竜が中村親良の倒れ際を制し、抑え込みに持ち込む)

■81kg級

【入賞者】

優勝:佐藤竜(修徳高)
準優勝:坂東篤(日本学園高)
第三位:中村親良(日体荏原)、堀田大成(国士舘高)

【準決勝】

佐藤竜(修徳高)○横四方固(1:37)△中村親良(日体荏原)
坂東篤(日本学園高)○優勢[指導3]△堀田大成(国士舘高)

【決勝】

佐藤竜○GS僅差△坂東篤

■90kg級

【入賞者】

優勝:釘丸将太(国士舘高)
準優勝:長井隆之介(安田学園高)
第三位:東部雄大(日体荏原高)、横山麻人(日体荏原高)

【準決勝】

長井隆之介(安田学園高)○背負投(2:25)△東部雄大(日体荏原高)
釘丸将太(国士舘高)○横四方固(1:38)△横山麻人(日体荏原高)

【決勝】

釘丸将太○背負投(0:46)△長井隆之介

eJudo Photo
(写真:無差別準決勝、小川雄勢が岩渕将也から払腰でまず「有効」)

■男子無差別

【入賞者】

優勝:小川雄勢(修徳高)
準優勝:山田稔喜(国士舘高)
第三位:岩渕将也(国士舘高)、原澤脩司(修徳高)

【準決勝】

小川雄勢(修徳高)○大内刈△岩渕将也(国士舘高)
山田稔喜(国士舘高)○GS僅差△原澤脩司(修徳高)

【決勝】

小川雄勢(修徳高)○優勢[有効・体落]△山田稔喜(国士舘高)

女子個人戦
朝比奈沙羅が無差別優勝、今年は「朝比奈劇場目指す」
eJudo Photo
(写真:無差別準決勝、朝比奈沙羅が浜未悠から払腰で「技有」)

25日に講道館で行われた全国高等学校柔道選手権(3月20日~21日・日本武道館)の東京都個人戦予選、女子無差別は講道館杯王者で高校選手権2連覇を狙う朝比奈沙羅(渋谷教育学園渋谷高)が順当に優勝して代表権を獲得した。

「風邪を引いてしまってまったく体が動かなかった」という朝比奈は「調子に乗って足元を救われることだけはないように」と慎重に試合を展開。準決勝で講道館杯78kg級2位の浜未悠(淑徳高)から払腰「技有」で勝利、決勝は荒谷莉佳子(帝京高)を「指導2」の優勢で下して優勝を決めた。

体調不良の中、しっかり結果を出した朝比奈は「昨年はさんざんだったので今年はやります。"朝比奈劇場"が目標です」と笑顔で語り、2月に控える欧州遠征、そして高校選手権本戦に向けて決意新たな様子だった。

57kg級は全日本カデ王者の西尾直子(帝京高)が順当に優勝。63kg級と70kg級は斉藤百湖と杉山歌嶺の修徳高勢が強さを見せ付けて勝利した。52kg級は向江紗良(淑徳高)が前週に一本負けを喫した高橋瑠衣(修徳高)を決勝で下すアップセットを演じ、代表権を獲得した。

各階級の入賞者と準決勝以降の結果は下記。

eJudo Photo
(写真:52kg級決勝、向江紗良が高橋瑠衣を攻める)

■52kg級

【入賞者】

優勝:向江紗良(淑徳高)
準優勝:高橋瑠衣(修徳高)
第三位:郡司風花(帝京高)、今井美歩(帝京高)

【準決勝】

向江紗良(淑徳高)○小内刈(1:12)△郡司風花(帝京高)
高橋瑠衣(修徳高)○大外刈(0:33)△今井美歩(帝京高)

【決勝】

向江紗良○GS僅差△高橋瑠衣

eJudo Photo
(写真:57kg級決勝、西尾直子が得意の寝技に持ち込む)

■57kg級

【入賞者】

優勝:西尾直子(帝京高)
準優勝:橋本華奈(淑徳高)
第三位:宮崎優梨(日大三高)、高岡美咲(修徳高)

【準決勝】

西尾直子(帝京高)○払腰(0:52)△宮崎優梨(日大三高)
橋本華奈(淑徳高)○優勢[有効]△高岡美咲(修徳高)

【決勝】

西尾直子○上四方固(3:12)△橋本華奈

■63kg級

【入賞者】

優勝:斉藤百湖(修徳高)
準優勝:石塚やよい(国士舘高)
第三位:柿澤史歩(渋谷教育学園渋谷高)、佐藤みずほ(藤村学園高)

【準決勝】

斉藤百湖(修徳高)○優勢[指導2]△柿澤史歩(渋谷教育学園渋谷高)
石塚やよい(国士舘高)○GS指導(GS3:59)△佐藤みずほ(藤村学園高)

【決勝】

斉藤百湖(修徳高)○横四方固(3:28)△石塚やよい(国士舘高)

eJudo Photo
(写真:70kg級決勝、杉山歌嶺が皆川瑛菜から「有効」「技有」に内股「一本」と連取して勝利)

■70kg級

【入賞者】

優勝:杉山歌嶺(修徳高)
準優勝:皆川瑛菜(藤村女子高)
第三位:篠原夏実(国士舘高)、壽朋美(駒大高)

【準決勝】

皆川瑛菜(藤村女子高)○優勢[技有・隅落]△篠原夏実(国士舘高)
杉山歌嶺(修徳高)○大外刈(1:24)△壽朋美(駒大高)

【決勝】

杉山歌嶺○内股(1:30)△皆川瑛菜(藤村女子高)

eJudo Photo
(写真:無差別決勝、朝比奈沙羅が荒谷莉佳子を攻める)

■女子無差別

【入賞者】

優勝:朝比奈沙羅(渋谷教育学園渋谷高)
準優勝:荒谷莉佳子(帝京高)
第三位:渡辺心実(渋谷教育学園渋谷高)、浜未悠(淑徳高)

【準決勝】

荒谷莉佳子(帝京高)○内股△渡辺心実(渋谷教育学園渋谷高)
朝比奈沙羅(渋谷教育学園渋谷高)○優勢[技有・払腰]△浜未悠(淑徳高)

【決勝】

朝比奈沙羅○優勢[指導2]△荒谷莉佳子


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版1月26日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.