PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ROAD TO 高校選手権】大成高が初優勝、決勝は東海大相模を3-1で破る・黒潮旗武道大会

(2013年12月24日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版12月14日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
【ROAD TO 高校選手権】
大成高が初優勝、決勝は東海大相模を3-1で破る
黒潮旗武道大会
eJudo Photo
(写真:決勝、大成高の次鋒古賀颯人が東海大相模・杢康次郎から右体落で一本勝ち)

第38回黒潮旗武道大会は14日、東海大付属翔洋高(静岡市)で行われ、5人制点取り試合(66kg級、81kg級、無差別、無差別)で競われた男子団体は大成高(愛知県)が初優勝を飾った。

大成高はもと世界ジュニア55kg級王者の先鋒永山竜樹と12年全国中学大会73kg級王者の次鋒古賀颯人という強力な前衛2枚でまず先制、焦る相手に後半得点を積み重ねるというパターンで流れを掴み快進撃。

準々決勝では9月の朱雀杯を制して今期の台風の目と注目される白鴎大足利高(栃木)を相手に永山の先制点をテコに終始優位に試合を進め2-1で快勝。準決勝もインターハイ3位の修徳高を相手に永山の内股「一本」で先制すると、古賀が修徳躍進の立役者佐藤竜から大内刈「一本」で試合を決定付ける追加点、さらに副将の川田修平も1点を積み上げ3-1の圧勝で決勝進出決定。

決勝は前戦で国士舘高(東京)から3点を挙げる攻撃力の高さを見せた東海大相模高(神奈川)と激突。
先鋒戦では永山が山本達彦を相手に軽量級らしいスピード勝負の末、裏投で放り投げて伏せさせたところから寝技に繋いで縦四方固で一本勝ち。

次鋒戦は古賀がこの試合から起用された杢康次郎との12年全中決勝の再現となる一番を、残り2秒の右体落「一本」で制しこの時点でスコア2-0と圧倒的なリードを得る。

中堅戦もここまで温存されてきた三輪龍志が芦川泰隆に「指導2」をリードされながら大内刈「有効」で追いついての引き分け。

eJudo Photo
(写真:決勝、大成高の副将川田修平が浅野未来から左大外刈で「技有」奪取)

そして副将戦。この日好調の長身選手川田修平が浅野未来を相手に開始早々思い切った右大外刈で「技有」を奪取。その後も良く攻めて展開を譲らずに勝利しこの時点でチームの勝利を決めた。大将戦は並木泰雅が長谷川優を相手に「有効」優勢で落としたものの、合計スコア3-1という圧勝劇だった。

石田輝也・大成高監督は「序盤から先鋒、次鋒が常になくしっかり試合をしてくれたので、上手にすれば優勝できるかなとは思っていた。前が作った流れをしっかり生かす試合をしてくれたと思う」と勝利のコメント。選手達の気合の入った試合ぶりは予選リーグの段階から他を圧していたが「中学でなかなか結果の出なかった選手がそれをバネに高校でレギュラーに入って頑張っている。これが良い方向に出ている」と分析、「全国優勝を目指して、まずは1月の県予選を頑張ります」と力強い言葉で大会を締めた。

優秀選手には永山竜樹と長谷川優の2人が選ばれた。

入賞高と準々決勝以降のスコア詳細は下記。

※マッチレポートは続報します

eJudo Photo
(写真:優勝の大成高)

【入賞者】
優勝:大成高(愛知)
準優勝:東海大相模高(神奈川)
第三位:国士舘高(東京)、修徳高(東京)

優秀選手:永山竜樹(大成高)、長谷川優(東海大相模高)

【決勝トーナメント1回戦】

国士舘高(東京) 4-0 近江高(滋賀)
東海大甲府高(山梨) 2-1 習志野高(千葉)
小杉高(富山) 3-1 盛岡中央高(岩手)
東海大相模高(神奈川) 2-1 大垣日大高(岐阜)
大成高(愛知) ①-1 相洋高(神奈川)
白鴎大足利高(栃木) 3-1 東海大翔洋高(静岡)
修徳高(東京) 2-0 桐蔭学園高(神奈川)

【準々決勝】

国士舘高 4-0 東海大甲府高
(先)平田直樹×引分×鈴木舜平
(次)川脇翼○引込返△酒井勇輝
(中)釘丸将太○横四方固△前田圭壱
(副)山田稔喜○横四方固△鈴木連次
(大)山田伊織○腕挫十字固△中川将嗣

東海大相模高 2-0 小杉高
(先)山本達彦×引分×原田誠丈
(次)島田陸○優勢[有効・背負投]△鍛冶拓実
(中)芦川泰隆×引分×明石将太
(副)浅野未来×引分×坂田豊志
(大)長谷川優○優勢[指導2]△北山達也

大成高 2-1 白鴎大足利高
(先)永山竜樹○裏投△荻原将太
(次)古賀颯人×引分×浅野大輔
(中)神鳥剛×引分×柳原尚弥
(副)川田修平○優勢[有効・払腰]△山中勇希
(大)並木泰雅△優勢[指導2]○太田彪雅

修徳高 2-1 東海大浦安高
(先)星野隼秀×引分×檜貝幹太
(次)佐藤竜×引分×田島優人
(中)坂口真人○内股△染谷涼央
(副)原澤脩司△小外刈○村田大祐
(大)小川雄勢○合技△橘洋功

【準決勝】

東海大相模高 3-1 国士舘高
(先)山本達彦○小内巻込△平田直樹
(次)島田陸○優勢[技有・小外掛]△川脇翼
(中)芦川泰隆○優勢[有効・小外掛]△釘丸将太
(副)浅野未来△優勢[技有・一本背負投]○山田稔喜
(大)長谷川優×引分×山田伊織

大成高 3-1 修徳高
(先)永山竜樹○内股△星野隼秀
(次)古賀颯人○大内刈△佐藤竜
(中)神鳥剛△優勢[技有・内股]○坂口真人
(副)川田修平○優勢[技有・大外刈]△原澤脩司
(大)並木泰雅×引分×小川雄勢


【決勝】

大成高 3-1 東海大相模高
(先)永山竜樹○縦四方固△山本達彦
(次)古賀颯人○体落△杢康次郎
(中)三輪龍志×引分×芦川泰隆
(副)川田修平○優勢[技有・大外刈]△浅野未来
(大)並木泰雅△優勢[有効・大外刈]○長谷川優

※マッチレポートはメルマガ版/携帯版配信後にPC版に転載します。


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版12月14日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.