PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

グランドスラム東京男子概況

(2013年12月4日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版11月29日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
グランドスラム東京男子概況
【第1日】
新型肩車繰り出した高藤直寿が見事2連覇、高上智史も2年ぶりの優勝飾る
eJudo Photo
(写真:60kg級決勝、高藤直寿がキム・ウォンジンを右方向への肩車で投げつけて一本勝ち)

グランドスラム東京大会は29日、東京都体育館で開幕。初日は男子2階級、女子3階級の競技が行われ、日本勢は男女とも全階級制覇を果たした。

男子60kg級はリオ世界選手権王者の高藤直寿(東海大2年)が2連覇達成。決勝は同大会の準決勝で戦ったしたキム・ウォンジンと対戦し、「指導2」を奪った末の4分13秒に左釣り手で相手の左片襟を差したまま右方向に担ぐ変則の肩車。世界選手権の対戦時に決めた逆方向への大腰を警戒していたキムの一段上をいくこの新技で鮮やかな「一本」奪取、見事2連覇を決めた。

高藤は11月上旬の全日本学生体重別団体決勝で敗れ、その際左肩を亜脱臼。しかし「負けたままで年は越せない」と志願しての出場、そして優勝。井上康生男子監督をして「やはり世界を取る選手の執念、メンタルは普通の人間とは違う」と唸らせる見事な連覇劇だった。

当の高藤は決勝で決めた新技を「前の肩車が研究されたから新しい技を考えた」とあっさりと振り返り、「高上先輩と一緒に優勝できたことが一番うれしい」と意外なところで笑顔を見せていた。

講道館杯優勝の木戸慎二(パーク24)は準々決勝で優勝候補の一角ダシュダバー・アマーツブシン(モンゴル)に一本負けを喫して3位。志々目徹(日体大4年)はロンドン五輪銅メダリストのキタダイ(ブラジル)を破ったが準々決勝でスメトフ(カザフスタン)に一本負け、こちらも3位に終わった。

eJudo Photo
(写真:66kg級決勝、高上智史がチバナを右背負投で担ぎ上げる。なぜか決まらずノーポイント)

男子66kg級は高上智史(日体大4年)が2年ぶり2度目の優勝。準々決勝では世界選手権2位で、同大会決勝で海老沼匡の腕を反則の脇固で壊したアザマト・ムカノフ(カザフスタン)をわずか1分35秒の払腰「一本」で一蹴。決勝はこの日2回戦でザンタライア(ウズベキスタン)、準決勝でラローズ(フランス)を破ってきたチャールズ・チバナ(ブラジル)を再三投げつけて主導権奪取、ポイントこそ奪えなかったが「指導1」による優勢勝ちで勝利を決めた。

世界選手権3位の福岡政章(ALSOK)は準々決勝でドラガン(フランス)を圧倒的に攻めながら「技有」失陥、一方的に攻め続けて追撃したが「指導2」までしか反則裁定を貰えず敗退。3位決定戦もラローズを相手にこれも序盤に失った「有効」を取り返すべく一方的に攻め続けたものの「指導3」とあと一歩及ばず敗戦。5位に終わった。
講道館杯で2位に入賞した宮崎廉(桐蔭横浜大4年)は3位決定戦でドラガンを食ってメダル獲得。講道館杯王者の丸山城志郎(天理大2年)はチバナとの準々決勝で負傷、棄権負けで7位に留まった。

それぞれの階級の入賞者と準決勝、3位決定戦、決勝の結果は下記。

◇      ◇      ◇
eJudo Photo
(写真:60kg級で2連覇を果たした高藤)

■60kg級

【入賞者】

1.高藤直寿(東海大2年)
2.KIM, Won Jin(KOR)
3.木戸慎二(パーク24)
3.志々目徹(日体大4年)
5.DASHDAVAA, Amartuvshin(MGL)
5.SMETOV, Yeldos(KAZ)
7.GANBAT, Boldbaatar(MGL)
7.HUANG, Sheng-Ting(TPE)

【準決勝】
高藤直寿(東海大2年)○反則(4:38)△SMETOV, Yeldos (KAZ)
KIM, Won Jin (KOR)○優勢[有効]△DASHDAVAA, Amartuvshin (MGL)

【3位決定戦】

志々目徹(日体大4年)○GS指導3△DASHDAVAA, Amartuvshin (MGL)
木戸慎二(パーク24)○棄権△SMETOV, Yeldos (KAZ)

【決勝】
高藤直寿○肩車(4:13)△KIM, Won Jin (KOR)

eJudo Photo
(写真:2年ぶり2度目の優勝の高上)

■66kg級

【入賞者】
1.高上智史(日体大4年)
2.CHIBANA, Charles(BRA)
3.LAROSE, David(FRA)
3.宮崎廉(桐蔭横浜大4年)
5.DRAGIN, Dimitri(FRA)
5.福岡政章(ALSOK)
7.丸山城志郎(天理大2年)
7.MUKANOV, Azamat(KAZ)

【準決勝】

CHIBANA, Charles (BRA)○優勢[有効・内股巻込]△LAROSE, David (FRA)
高上智史(日体大4年)○優勢[指導2]△DRAGIN, Dimitri(FRA)

【3位決定戦】
福岡政章△優勢[有効・巴投]○LAROSE, David (FRA)
宮崎廉○GS技有・小内刈(GS2:08)△DRAGIN, Dimitri (FRA)

【決勝】

高上智史○優勢[指導1]△CHIBANA, Charles (BRA)

【第2日】
永瀬貴規が世界王者ピエトリ投げつけ全試合「一本」で優勝、中矢力もオール一本勝ちで復活V飾る
eJudo Photo
(写真:81kg級決勝、永瀬貴規が世界選手権覇者のピエトリを足車「一本」に仕留める)

グランドスラム東京大会は30日、東京体育館で第2日の男女それぞれ2階級の競技が行われ、初日に引き続き全階級を日本勢が制した。

81kg級は講道館杯を制したばかりの永瀬貴規(筑波大2年)が全5試合を一本勝ち(1試合は「指導4」)という抜群の内容で優勝。準々決勝では世界選手権銀メダリストで今大会の大本命と目されたアブダンディル・チリキシビリ(グルジア)を右足車で放り投げて一本勝ち、準決勝はロンドン五輪で日本代表を務めた中井貴裕(パーク24)を右内股「技有」から袈裟固に抑え込んで合技の一本勝ち、そしてリオ世界選手権金メダリストのピエトリ(フランス)と対戦した決勝は徹底して釣り手を持たせない相手に対して落ち着いて試合を進め、「指導1」を奪った直後の3分19秒、取り返そうと前に出てくる相手を右足車で豪快に宙を舞わせて一本勝ち。見事初優勝を達成した。

世界1位と世界2位、そして2010年から昨年まで3年連続で日本代表を務めた中井という強豪3人をいずれも投げて勝利するという圧倒的な内容に会場のファンは大歓声。この階級は日本が長年苦戦を続けている階級だが、ついに期待の、それも本格派の若手が結果を出した記念すべき1日となった。

eJudo Photo
(写真:81kg級3位決定戦、中井は「有効」2つのビハインドから奮起、横車で3つ目の「有効」獲得)

中井は3位決定戦に回り、ホン・スクウォン(韓国)に「有効」2つをリードされたところから「有効」3つを取り返した末に横四方固で一本勝ち。表彰台を確保した。

リオ世界選手権代表の長島啓太(日本中央競馬会)は準々決勝でトラビス・スティーブンス(アメリカ)に一本背負投「技有」、腕挫十字固「一本」で敗退。敗者復活戦もホン・スクウォンに大内刈「技有」で敗れ7位に終わった。

川上智弘はこれも3回戦でホン・スクゥオンに壮絶な取り合いの末に内股「技有」で敗退。敗者復活戦に進めず入賞なしで大会を終えた。

eJudo Photo
(写真:73kg級決勝、中矢力がバンギマンの腕を括り、崩上四方固で一本勝ち)

73kg級はパリ世界選手権王者中矢力(ALSOK)が、8月のリオ世界選手権以来の試合出場。こちらは得意の固技を武器に一本勝ちを量産、全5試合全て「一本」という素晴らしい出来で3年ぶり2度目の優勝を果たした。決勝はバンギマン(韓国)を相手に寝技のファーストチャンスを生かして横三角、腕挫十字固、ふたたび腕を括って横三角、崩上四方固と淀みなく手順を進めて僅か1分11秒「一本」で勝利を決めた。

2010年東京世界選手権金メダリストの秋本啓之(了徳寺学園職)は1回戦を「一本」で勝ち抜けたが、2回戦で第3シードのロク・ドラクシッチ(スロベニア)に肩車を食って開始9秒で一本負け、入賞はならず。

講道館杯王者の太田慶一(了徳寺学園職)は2回戦でもと66kg級世界王者のハッシュバータル・ツァガンバータルに「技有」「有効」を奪われて敗退。中村剛教(大阪府警)は2回戦で第1シードの世界選手権銅メダリスト・ファンティシェル(ベルギー)に袖釣込腰「技有」で勝利したが、準々決勝でヤルツェフ(ロシア)に出足払「一本」で敗退、敗者復活戦も落として7位に留まった。

各階級の入賞者と準決勝、3位決定戦、決勝の結果は下記。

◇      ◇      ◇
eJudo Photo
(写真:73kg級優勝の中矢力)

■73kg級

【入賞者】
1.中矢力(ALSOK)
2.BANG, Gui-Man(KOR)
3.DRAKSIC, Rok(SLO)
3.IARTCEV, Denis(RUS)
5.DUPRAT, Pierre(FRA)
5.KHASHBAATAR, Tsagaanbaatar(MGL)
7.中村剛教(大阪府警)
7.POMBO DA SILVA, Alex William(BRA)

【準決勝】

中矢力○大外返(1:30)△IARTCEV, Denis(RUS)

BANG Gui-Man(KOR)○GS指導3(GS0:28)△DRAKSIC Rok(SLO)

【3位決定戦】
DRAKSIC, Rok (SLO)○優勢[技有]△DUPRAT, Pierre (FRA)
IARTCEV, Denis (RUS)○腕挫十字固(2:20)△KHASHBAATAR, Tsagaanbaatar (MGL)

【決勝】
中矢力○崩上四方固(1:11)△BANG, Gui-Man (KOR)


eJudo Photo
(写真:81kg級優勝の永瀬貴規)

■81kg級

【入賞者】
1.永瀬貴規(筑波大2年)
2.PIETRI, Loic(FRA)
3.中井貴裕(パーク24)
3.TCHRIKISHVILI, Avtandili(GEO)
5.HONG, Suk Woong(KOR)
5.STEVENS, Travis(USA)
7.MRVALJEVIC, Srdjan(MNE)
7.長島啓太(日本中央競馬会)

【準決勝】

永瀬貴規○合技[内股・袈裟固]△中井貴裕
PIETRI, Loic (FRA)○背負投(0:40)△STEVENS, Travis (USA)

【3位決定戦】

TCHRIKISHVILI, Avtandili (GEO)○内股(0:36)△STEVENS, Travis (USA)
中井貴裕○横四方固(4:49)△HONG, Suk Woong (KOR)

【決勝】
永瀬貴規○足車(3:19)△PIETRI, Loic (FRA)

【最終日】
リパルテリアニとイギュウオンを連破、19歳ベイカー茉秋が初優勝飾る
eJudo Photo
(写真:90kg級決勝、ベイカー茉秋がもと世界王者イ・ギュウオンから右大内刈で「有効」を奪う)

グランドスラム東京大会は1日、東京体育館で最終日の男子3階級、女子2階級の競技が行われた。

男子90kg級はシニア国際大会初参戦、19歳のベイカー茉秋(東海大1年)が優勝。ベイカーは準決勝で世界選手権2位で今大会は絶対の優勝候補と目されたヴーァラム・リパルテリアニに小外刈で「技有」を奪われたが、両袖の右内股「有効」と組み際の右大内刈「技有」で逆転勝利、会場を大いに沸かせて見事決勝に進出。

決勝は前戦で西山大希(新日鐵住金)を破ったロッテルダム世界選手権王者イ・ギュウオンと対戦し、「指導2」ずつを取り合って迎えた2分34秒、組み際に右大内刈に飛び込んで押し込み「有効」を奪取。以後のイの猛攻を累計「指導3」にまで抑え、優勢勝ちで初優勝を決めた。

ベイカーは「1回戦から強い相手ばかりでびっくりした。まさか優勝出来るとは思わなかった」と素直にうれしさを表現。パワー負けする場面も多かったが、試合の中で効く戦術を探し当てる、ベイカーの長所である適応力が発揮された1日だった。

日本勢では講道館杯から試合に復帰したばかりの西山大希が本人も「ここまで出来るとは思わなかった」と語る充実の柔道を披露、準決勝で敗れたものの3位決定戦に一本勝ちして表彰台を確保した。

下和田翔平(京葉ガス)は準々決勝でイ、3位決定戦でリパルテリアニと強豪に連続で敗れて5位。

国内大会3連勝中の加藤博剛(千葉県警)は2回戦でリパルテリアニに肩車「技有」、内股「一本」と立て続けに奪われて敗退。またしても国際大会で結果を残すことができなかった。

eJudo Photo
(写真:100kg級決勝、クリパレク(下)が隅返でレイズカヨルから「有効」を奪う)

強豪選手が多数来日した100kg級は今期の欧州王者でリオ世界選手権で2位に入賞したリパルテリアニ(グルジア)が優勝。2回戦でイリアディス(ギリシャ)、準々決勝でツブシンバヤル・ナイダン(モンゴル)と2人の世界王者を破る、第1シード評価にふさわしい強さを見せての優勝だった。

2位は日本大2年の今期世界ジュニア王者レイズカヨル(カナダ)。準決勝ではもと世界選手権王者ラコフ(カザフスタン)に勝利し、決勝も隅返「有効」で敗れたものの中盤まで「指導」リードを奪う堂々たる戦いぶりだった。

日本勢はいずれも早期敗退で熊代佑輔(ALSOK)の7位が最高成績。講道館杯王者の増渕樹(旭化成)は2回戦でツブシンバヤル・ナイダンに一本負け、世界選手権代表の小野卓志(了徳寺学園職)は2回戦でサモイロビッチ(ロシア)に残り9秒までリードしていたが巴投「技有」、腕挫十字固「一本」で敗退、羽賀龍之介(東海大4年)は初戦でキム・キョンタエ(韓国)に内股巻込「一本」で破れた。

eJudo Photo
(写真:100kg超級決勝、キム・スンミンがシウバの右大外刈を左小外掛に切り返し「有効」)

100kg超級は2強と目されたシウバ(韓国)とキム・スンミン(韓国)が決勝で対戦。「指導」ビハインドを負ったシウバの右大外刈をキムが左小外掛に切り返し「有効」奪取、このポイントで優勝を決めた。

日本勢からは百瀬優(旭化成)と原沢久喜(日本大3年)が3位入賞。百瀬はこの日終始一貫して落ち着いた柔道を披露し「一本」を連発。準決勝では不可解な「指導」裁定に泣かされ敗退したもののシウバを相手に一歩も引かず、3位決定戦ではボンボワサン(フランス)を足車「一本」に仕留めた。原沢は準々決勝でシウバに敗れたが敗者復活戦を勝ち上がり、3位決定戦は七戸龍(九州電力)から4つの「指導」を奪って勝利、3位を確保した。

2010年世界選手権王者の上川大樹(京葉ガス)は2回戦でキム・スンミンに敗退。堂々両襟を高く握って背筋を伸ばしたまま、しかしキムの外巻込に転がり「技有」失陥、これで動揺したかあっという間に「指導4」まで失って終戦。入賞に絡むことすらかなわなかった。

各階級の入賞者と準決勝、3位決定戦、決勝の結果は下記。

◇      ◇      ◇
eJudo Photo
(写真:90kg級優勝のベイカー茉秋)

■90kg級

【入賞者】
1.ベイカー茉秋(東海大1年)
2.LEE, Kyu-Won(KOR)
3.LIPARTELIANI, Varlam(GEO)
3.西山大希(新日鐵住金)
5.HILDEBRAND, Aaron(GER)
5.下和田翔平(京葉ガス)
7.SULEMIN, Grigorii(RUS)
7.ZARZECZNY, Jakub(POL)

【準決勝】

ベイカー茉秋○優勢[有効・内股]△LIPARTELIANI, Varlam (GEO)
西山大希△優勢[指導3]○LEE, Kyu-Won (KOR)

【3位決定戦】

西山大希○合技[小外刈・出足払](2:53)△HILDEBRAND, Aaron (GER)
下和田翔平△合技[外巻込・外巻込](1:23)○LIPARTELIANI, Varlam (GEO)

【決勝】
ベイカー茉秋○優勢[有効・大内刈]△LEE, Kyu-Won (KOR)

eJudo Photo
(写真:100kg級入賞者。左からレイズカヨル、クリパレク、ツブシンバヤル、マレ)

■100kg級

【入賞者】
1.KRPALEK, Lukas(CZE)
2.REYES, Kyle(CAN)
3.MARET, Cyrille(FRA)
3.NAIDAN, Tuvshinbayar(MGL)
5.PACEK, Martin(SWE)
5.RAKOV, Maxim(KAZ)
7.熊代佑輔(ALSOK)
7.SAMOILOVICH, Sergei(RUS)

【準決勝】

KRPALEK, Lukas(CZE)○優勢[指導3]△PACEK Martin(SWE)
REYES, Kyle (CAN)○優勢[有効・内股]△RAKOV, Maxim (KAZ)

【3位決定戦】

MARET, Cyrille (FRA)○優勢[技有・払巻込]△PACEK, Martin (SWE)
NAIDAN, Tuvshinbayar (MGL)○優勢[技有・浮落]△RAKOV, Maxim (KAZ)

【決勝】

KRPALEK, Lukas (CZE)○優勢[有効・隅返]△REYES, Kyle (CAN)

eJudo Photo
>(写真:100kg超級入賞者。左からシウバ、キム、原沢、百瀬)

■100kg超級

【入賞者】
1.KIM, Sung-Min (KOR)
2.SILVA, Rafael (BRA)
3.百瀬優(旭化成)
3.原沢久喜(日本大3年)
5.BONVOISIN, Jean-Sebastien(FRA)
5.七戸龍(九州電力)
7.KIM, Soo-Whan(KOR)
7.MOURA, David(BRA)

【準決勝】

百瀬優△優勢[指導3]○SILVA, Rafael (BRA)
七戸龍△優勢[技有・崩袈裟固]○KIM, Sung-Min (KOR)

【3位決定戦】

原沢久喜○優勢[指導4](2:47)△七戸龍
百瀬優○足車(1:48)△BONVOISIN, Jean-Sebastien (FRA)

【決勝】

KIM, Sung-Min (KOR)○優勢[有効・小外掛]△SILVA, Rafael (BRA)

※マッチレポートはメルマガ版/携帯版配信後にPC版に転載します。


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版11月29日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.