PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

グランドスラム東京第2日男子各階級展望

(2013年11月30日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版11月29日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
グランドスラム東京第2日男子各階級展望
■ 73kg級
-休養十分のファンティシェルが第1シード、トーナメント揺らす最大の要素は中矢、秋本のコンディション-

【日本代表選手】

中矢力(ALSOK)
太田慶一(了徳寺学園職)
中村剛教(大阪府警察)
秋本啓之(了徳寺学園職)

【概況・有力選手】

優勝候補はパリ世界選手権王者の中矢力、ハッシュバータル・ツァガンバータル(モンゴル)にファンティシェル(ベルギー)。いずれも当然ながらシードとなり、シード順はファンティシェル、ハッシュバータル・ツァガンバータル、中矢。

先日復帰したばかりの秋本啓之は講道館杯の戦いぶりを見る限りベストコンディションにはまだ遠いようで、現実的には入賞して次に「権利を繋ぐ」ことが目標になると思われる。

追いかける第2グループから上位をうかがうのはドラクシッチ(スロベニア)、バン・ギーマン(韓国)、デュプラ(フランス)らだが決してレベルは高くない。講道館杯で充実の柔道を見せた太田慶一、中村剛教にも十分表彰台のチャンスあり。


【組み合わせ】

前述の通り強豪は綺麗に山が分かれ、日本人選手も4ブロックに分散配置。理不尽な顔合わせは少ない。

[Aブロック]

ファンティシェルの山。直下に中村がおり、この両者が戦う2回戦に勝利したほうがベスト4入りほぼ確実と考えて良いのではないか。

リオ世界選手権で3位入賞のファンティシェルは29歳。以前ほどの力はないが、状況を読む力と勝負どころでの強さはさすが。それに加えてこの人は世界選手権でのシード権獲得を狙って出場に出場を重ねていた今期前半と打って変わって世界選手権での入賞以後は一切試合をしていない。休養十分でイメージ以上の力を出してくる可能性も皆無ではない。
中村は早く自分のペースを掴んで戦うに如くはなし。ヒットアンドアウェイはファンティシェルの間合い、しっかり組んで勝負したいところだ。

[Bブロック]

中矢の山。逆側の山では初戦でデュプラ(フランス)とドレボット(ウクライナ)が戦いこの勝者が準々決勝に進んでくる可能性が高いと思われるが、中矢を脅かすレベルにあるとは思えない。勝ち上がりはまず中矢だろう。

[Cブロック]

ハッシュバータル・ツァガンバータルの山。太田が2回戦で胸を借りることになる。
ハッシュバータルは相変わらずパワーとアイデアを乗算した面白く、かつ強引な柔道を仕掛けてくるが今期は終盤疲労して取りこぼしてしまう試合が多くなっている。特に世界選手権後に出場した9月のGPアルマティ(3位)、10月のリエカ(3位)では集中を欠く場面も多く、太田にも十分チャンスあり。パワーに過剰反応せずじっくり戦いたいところ。

逆側の山はバンギーマンがおり、準々決勝までの勝ち上がりは確実。
ベスト4進出者は実績からハッシュバータルとしておくべきだろうが、太田の健闘に期待といったところ。

[Dブロック]

ドラクシッチの山。2戦目でいきなり秋本との戦いが待ち受ける。

秋本はここをなんとか勝ち抜けば準々決勝はおそらくポンボ・ダシウバ(ブラジル)となる。この選手は26歳、今年の南米王者でグランプリ・アルマティで1位、タシケントで2位に入っているが本格的に国際大会に出場したのは今年からでまだ経験が浅い。よって山場は2回戦。ここを勝ち抜き、決勝ラウンドへの道を切り開きたい。

[準決勝-決勝]

中矢、秋本というもと世界王者がいずれも負傷明けという状況の中で、優勝の行方を左右する最大の要素はその回復の程とコンディション。

最高到達点や実績で測ることは可能だが、今回は「蓋を開けてみるまでわからない」要素が多く、その「蓋」が開く予選ラウンドから延長線を引く以外に予想は難しい。

休養十分のファンティシェル優位だが、本来の力関係と相性は中矢が上でコンディション次第で勝負はわからない、というのがおそらく妥当な予想。秋本には入賞、太田、中村にはトーナメントを引っ掻き回すような活躍を期待したい。

■ 81kg級
-チリキシビリ中心の大混戦、日本勢から抜け出すのは誰か?-

【日本代表選手】

長島啓太(日本中央競馬会)
永瀬貴規(筑波大2年)
中井貴裕(パーク24)
川上智弘(國學院大學職)

【概況・有力選手】

第1シードの今期欧州王者、世界選手権2位のアブダンディル・チリキシビリ(グルジア)が優勝候補筆頭。以降シード順にリオ世界選手権で突如ブレイクして王座を掻っ攫ったピエトリ(フランス)、長島、ヴァロアフォルティエ(カナダ)と続くが、この階級はそもそも混戦で、この第2グループに中井、川上、永瀬がピッタリつける、もしくは凌ぐことが可能な位置にあると言っていい。ここまでが優勝に絡みうるライン、スティーブンス(アメリカ)を加えたところまでは十分上位の可能性があるだろう。

【組み合わせ】

日本勢はそれぞれ山が分かれ、その各ブロックに1人ずつ優勝を狙うレベルの強豪が配された形。

[Aブロック]

チリキシビリの山。逆側の山に世界ジュニア王者の永瀬が配された。日本勢4人の中ではもっとも厳しい籤を引いたという形になる。

とはいえ、持ち合い、パワー勝負を挑んでくるチリキシビリは逆に永瀬の好きな近接距離で戦ってくれる相手でもある。爆発力が売りの永瀬の一撃がチリキシビリに通じるか、非常に楽しみなブロック。

[Bブロック]

ヴァロアフォルティエの山。直下にセメノフがいるがヴァロアフォルティエの今期の安定感から言えば敗退の可能性は少ない。

逆側の山に中井。オトコンバータルと2回戦を戦い、準々決勝でヴァロアフォルティエと対戦する。中井はパワーと相手を追い詰める技のと柔道のレベルを一段上げた今期、まだ国際大会の出場がない。戦術に特化していたこれまでの戦い方からあきらかに進化した新・中井スタイルがどこまで通用するか期待したい。勝ち上がり候補には中井を押したい。

[Cブロック]

ピエトリの山。ここは準々決勝で川上との一騎打ちがあると予想しておいていいだろう。川上は講道館杯で見せた集中力の発揮に期待。ピエトリは世界選手権優勝が1日だけの「突然変異」なのか、狙われてなお力を発揮できるステージにあるのか、まずこの試合で試されることになる。

[Dブロック]

長島の山。スティーブンスとの準々決勝での対戦が濃厚。寝技が得意なスティーブンスはおそらく組めばどの方向にも技がある長島に、長い時間組ませてはくれない。早い組み手と仕掛けがポイント。

[準決勝-決勝]

海外勢で絶対的に到達点が高いのはチリキシビリだが試合出場を絞っていて出来は読みがたく、そしてここにアップセット要素のある永瀬がおり、ピエトリはまだ未知数、国内組は近い位置関係で激しく競り合う、というこの錯綜した状況ではこの時点での予想はあまり意味がない。上記に記した各ブロックの「日本勢+1」のいずれかが勝ち上がって戦うところまでを予想して、この稿を終えるしかないだろう。


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版11月29日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.