PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

グランドスラム東京第1日男子各階級展望

(2013年11月29日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版11月28日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
グランドスラム東京第1日男子各階級展望
※タグにミスがあり、一部文章が読めない状態で配信されておりました。
あらためて配信申し上げます※

■60kg級

-負傷明けも優勝候補筆頭は高藤。上位伺うキタダイとダシュダバ、キムウォンジンを木戸慎二が追う-

【日本代表選手】

高藤直寿(東海大2年)
木戸慎二(パーク24)
大島優磨(国士舘大1年)
志々目徹(日本体大4年)

【概況・有力選手】

世界選手権王者の高藤直寿がもちろん優勝候補筆頭。
11月初頭の学生体重別団体は調子が上がらず、どころか決勝では左肩を負傷する大アクシデント。今大会の出場も危ぶまれていたが、「どうしても出たい」と自ら志願しての出場。

回復の状態、そしてそれ以上に「無理して出る必要がない」大会のはずであった今大会に敢えて出場するというその覚悟、本音の部分のモチベーションの高さの程がその結果を左右することになるだろう。

高藤を追う選手は世界選手権2位のダシュダバー・アマーツブシン(モンゴル)と、ロンドン五輪3位のキタダイ(ブラジル)、世界選手権3位で売り出し中の21歳キム・ウォンジン(韓国)、ガンバット・ボルドバータル(モンゴル)らと非常に強力。ロンドン後再編成中のこの階級を牽引する主役たちがズラリと顔を並べた形だ。ダシュダバーとキムはいずれもスピード豊か、高藤はいずれも一瞬のスピード比べで半歩先を行くことで勝利した感あり、絶対的な力の差があるというよりはそれぞれの力の最高到達点と最低ラインはクロスする部分が大きい力関係と評されるべき。コンディション調整が大きな要素を占める軽量級にあって高藤のフィジカル、そしてメンタルのコンディションがもっとも重要と考えられる所以だ。

高藤以外の日本勢で期待されるのは、前日会見でも井上康生監督が「力をつけている」と敢えて名前を挙げた木戸慎二(パーク24)。今年は講道館杯2連覇、ユニバーシアードでは五輪王者ガルスチャン(ロシア)に勝利して優勝しており、この実績をテコにいよいよ国際舞台で本格的な活躍なるか、今大会はキャリアの分岐点。

志々目は新ルール下、得意の一発を生かしてかつての輝きを取り戻せるか、それとも早い反則累積にまたもや力が封じられるのか。

講道館杯でついにシニアカテゴリでも実力をした大島は厳しい山に配置されたが、逆にこれはアピールチャンス。上位進出して欧州国際大会派遣の権利を目指したいところ。

【組み合わせ】

シード順は高藤、ダシュダバー、キタダイ、ガンバット。ガンバットの山にキムと大島が配された。

[Aブロック]

高藤の山。初戦はムーレン(オランダ)との対戦が濃厚だが典型的な「戦術派」のムーレンは新ルール下ではなかなか活躍できず、グランプリ大会皆勤も早期敗退が指定席となっている。アップセット要素のある選手もおらず、準決勝まではまず問題ないかと思われる。

[Bブロック]

キタダイの山。2回戦で早くも志々目と激突し、この勝者がブロック勝ち抜けと見て間違いない。キタダイは線の細いところがあり、柔道も比較的正統派で志々目と噛み合う要素は十分。志々目の勝ち上がりに期待。

[Cブロック]

ダシュダバー・アマーツブシンの山。直下は無風、逆側の山にテルマノフ(カザフスタン)と木戸が配された。テルマノフは世界選手権7位、グランドスラムバクーでは2位に入賞している実力者だが柔道に癖のあるタイプではなく木戸の国際レベルでの現時点の力を測るには格好の相手。ここを勝って、準々決勝でダシュダバーと一戦交えるところまでは最低限のミッションだ。

[Dブロック]

ガンバット・ボルドバータルの山。直下に大島、逆側の山にキム・ウォンジンが配された大激戦区。
大島はこの2人を突破しない限り決勝ラウンド進出はなく、2戦目のガンバットを突破しない限りは敗者復活戦への進出も覚束ない。山場はガンバットとの2回戦。大島らしい「上から目線」の思い切りのよい柔道を期待したい。

[準決勝-決勝]

順当なら高藤とキタダイが準決勝を争い、ダシュダバーかキム・ウォンジンが決勝に進むはず。前述の通り全員がハイコンディションなら高藤有利だが、高藤の心身のコンディションが最大の勝負の分かれ目。

そして高藤自身が「日本人に弱いという見られ方を払拭する」と今大会のシナリオを語る通り、志々目、木戸と対戦する可能性も十分。学生体重別団体で勝利している志々目以上に、急速に力を伸ばしている木戸との対戦はファンとしては非常に胸躍るものがある。天才・高藤か、たたき上げの木戸か。準決勝、そして決勝での日本人対決実現に期待したい。

■ 66kg級
-優勝候補は福岡と高上、高上は"脇固反則"ムカノフと準々決勝で対戦-

【日本代表選手】
宮崎廉(桐蔭横浜大学4年)
福岡政章(ALSOK)
高上智史(日本体育大学4年)
丸山城志郎(天理大学2年)

【概況・有力選手】

優勝候補は世界選手権3位の福岡政章、ユニバーシアード優勝でワールドマスターズ2位の高上智史、グランドスラムパリ優勝でワールドマスターズ3位のラローズ(フランス)、ワールドランキング1位のダシュダバー・アマーツブシン(モンゴル)でここまでが第1グループ。これをザンタライア(ウクライナ)、世界選手権5位のチバナ(ブラジル)、カンマゴメドフ(ロシア)、それに今秋からザンタライアとソビロフ、平岡を追うように階級を上げてきたヴェルデ(イタリア)らが追うという構図。

【組み合わせ】

第1シードのダバドルジの山が熱い。福岡と高上が優勝候補はの2トップだがこれらが準決勝で潰しあい、ラローズ、チバナ、ザンタライアらの勝ちあがりを待つという形。

[Aブロック]

ダバドルジの山。しかしこのブロックは第1シード配置にあるまじき激戦。
まず直下がドラガン(フランス)とヴェルデ。そして逆側の山に福岡がいるという過酷な配置となった。

全員が平均点、もしくは高いレベルの出来であれば勝ち上がりは福岡。選抜体重別、そして世界選手権時に見せた高い集中力が今回も見られるかどうか、まずは初戦、2戦目の内容に注目したい。

[Bブロック]

高上の山。8シード位置には世界選手権2位のムカノフ(カザフスタン)がいる。同大会では福岡にも支釣込足「一本」で勝利している実力者だが、この人はこのリオ世界選手権以外には特筆すべき実績がなく、今期はアジア選手権3位とグランドスラムパリ7位があるのみ、というよりIJF大会での表彰台がまだない。年齢も26歳と決して若くはなく、よって急成長中と評価するのはまだ早計、実力はまだ測りかねるところがある。ここは高上に、あの海老沼との決勝でムカノフが見せた無体な脇固の「お返し」、スッキリした一本勝ちを期待したいところだ。

[Cブロック]

ラローズの山。客観的には無風区と呼んでよいだろう。
逆側の山には国際大会初出場の宮崎が配された。1回戦を勝ち抜けばおそらく相手はルイス・レヴィテ(ブラジル)。この人は26歳、今期のパンナム王者。飛びぬけた実績はないが今期のブラジルが採る大量派遣策に乗って泥沼のワールドツアーを転戦、そして徐々に成績を残し始めている一人。ここを勝ち抜いて、なんとかラローズへの挑戦権を得たい。

[Dブロック]

チバナの山。2回戦がザンタライア、準々決勝がコリン・オーツ、カンマゴメドフ、丸山城志郎の勝者というなかなかの混戦ブロック。

正直勝ち上がりは読みがたい。いずれも国際大会で実績を残している曲者たちだが、丸山がつま先立って爆発力を発揮すれば手が届かない位置ではないはず。まずは初戦、カンマゴメドフのパワーを相手にどんな柔道を披露するかに注目したい。

[準決勝-決勝]

順当なら福岡と高上が準決勝を戦い、これが事実上の決勝。

繰り返しになるが福岡はそのモチベーションと調整の度合い、高上は今期の好調を挫かれた講道館杯からどう気持ちを立て直してくるかがそれぞれのポイント。福岡がキャリアの大きな山であった世界選手権3位というステージを乗り越えて気持ちに緩みがあるようだと、担ぎ捲くる、潜りまくる高上の柔道が今回は効く可能性もある。

ラローズは得意の「掛け倒す小内刈」も周囲に研究されて今年は前半の絶好調から失速した感あり。オーソドックスタイプのチバナも強いが、爆発力というところで言えばザンタライアがあがってくる可能性も皆無ではない。一方的に組むかつての変則スタイルをルールで封じられ、そして組み合うとかつての武器であったスタミナで負けてしまうという悪循環にあるこの選手だが、もともとアイデアマンでもあり、そろそろ何がしか新しい手立てを考えてきそうな時期だ。

C、Dブロックの勝ち上がりそれ自体は興味深いが、A、Bブロックの勝者の優勝の可能性が高いと見る。


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版11月28日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.