PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

78kg超級は高校2年生の朝比奈沙羅が初優勝、70kg級はヌンイラ華蓮が再び新井千鶴を破る・講道館杯全日本体重別選手権第1日女子

(2013年11月13日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版11月9日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
78kg超級は高校2年生の朝比奈沙羅が初優勝、70kg級はヌンイラ華蓮が再び新井千鶴を破る
講道館杯全日本体重別選手権第1日女子
eJudo Photo
(写真:初優勝を決めた高校2年生の朝比奈沙羅)

講道館杯全日本柔道体重別選手権は9日、千葉ポートアリーナで開幕。初日は男子軽量3階級、女子は重量4階級の競技が行われた。

女子78kg超級は17歳の高校2年生、朝比奈沙羅(渋谷教育学園渋谷高)が初優勝。準々決勝でライバルの稲森奈見(三井住友海上)を「指導2」の優勢で破ると、準決勝は烏帽子美久(東海大)を小外刈「技有」、決勝では市橋寿々華(大阪府警)を「指導1」の優勢で破って優勝を決めた。

負傷続きの今期はここまでなかなか実力を発揮出来ず、8月のインターハイでは連覇を逃し、9月の全日本ジュニア体重別選手権も欠場。今大会も負傷が伝えられる中での出場だったが、苦しみながらもシニア大会初制覇という最高の結果を出して見せた。
試合後は「後がない状況だったので、結果がついてきてうれしい」何も失うものはないと思い切り試合をしました。」と試合を振り返って笑顔、今後については「(グランドスラム東京は)期待されていることに誇りを持って頑張りたい」と初優勝とは思えない落ち着いたコメントで決意を語り、大会を締めくくった。

選抜体重別優勝の白石のどか(JR東日本)は初戦(2回戦)で石川笑美子(日本エースサポート)に一本負けで入賞なし、12年皇后盃王者で今大会第1シードの山部佳苗(ミキハウス)は準決勝で市橋に逆転負けを喫し3位に終わった。

eJudo Photo
(写真:優勝決定、試合場から降りたヌンイラ華蓮は古賀稔彦総監督に迎えられて涙)

70kg級は5月の全日本選抜体重別選手権を制したヌンイラ華蓮(環太平洋大)と、グランドスラムモスクワで2位入賞を果たした新井千鶴(三井住友海上)の若手2人が決勝で激突。ヌンイラが42秒に右内股で「有効」、さらに2分17秒には右大内刈に触っておいてからの右小内刈で新井を真裏に転がし「一本」を奪って圧勝。見事講道館杯初優勝を決めた。

ヌンイラは優勝決定後両手で顔を覆って涙。「小内刈は練習でも掛けたことがない技。勝ちたくて仕方がなくて自然に足が出た」と試合を振り返り、「先生や部員にみんなに感謝で一杯」と声を詰まらせながらインタビューに応え、初優勝の喜びを噛み締めていた。

eJudo Photo
(写真:78kg級決勝、岡村智美が浜未悠を大外車「一本」に仕留める)

78kg級は岡村智美(コマツ)が全試合一本勝ちの圧勝で初優勝。準々決勝では最大の難敵と目された学生王者梅木真美(環太平洋大)を小外刈「一本」に屠り去り、決勝では高校1年生の浜未悠(淑徳高)と対戦。始まるなり浜に左大外刈を引っ掛けるものの決めの段で足を抜かれて逃がすこと2度、ならばと肩越しに背中を持って仕掛けた3度目は一旦左足に触り、次に思い切って両足を刈る大外車の大技。浜は逆らえず思い切り背中から畳に落ちて1分3秒「一本」、あっという間に優勝を決めた。

幾度も優勝するチャンスがありながらこの大会の優勝に縁がなかった岡村は「やっと一番高いところから周りを見れた」と表彰台の上で感激の面持ち。「また世界で戦える選手になれるように一から頑張りたい」と今後の決意を語っていた。

各階級の入賞者と決勝、3位決定戦の結果は下記。

◇      ◇      ◇
■70kg級

【入賞者】

優勝:ヌンイラ華蓮(環太平洋大)
準優勝:新井千鶴(三井住友海上)
第三位:上野巴恵(自衛隊体育学校)、大野陽子(コマツ)

【準決勝】

ヌンイラ華蓮(環太平洋大)○優勢[指導2]△大野陽子(コマツ)
新井千鶴(三井住友海上)○GS有効・小外刈(GS0:51)△今井優子(了徳寺学園職)

【3位決定戦】

大野陽子○反則[指導4]△松延祐里(筑波大)
上野巴恵(自衛隊体育学校)○払腰(1:24)△今井優子

【決勝】

ヌンイラ華蓮○小内刈(2:17)△新井千鶴

■78kg級

【入賞者】

優勝:岡村智美(コマツ)
準優勝:浜未悠(淑徳高)
第三位:梅木真美(環太平洋大)、吉村静織(三井住友海上)

【準決勝】

岡村智美(コマツ)○袈裟固(2:23)△高松彩香(山梨学院大)
浜未悠(淑徳高)○優勢[指導2]△西田香穂(山梨学院大)

【3位決定戦】

梅木真美(環太平洋大)○三角絞(4:17)△西田香穂
吉村静織(三井住友海上)○肩固(3:29)△高松彩香

【決勝】

岡村智美○大外車(1:03)△浜未悠

■78kg超級

【入賞者】

優勝:朝比奈沙羅(渋谷教育学園渋谷高)
準優勝:市橋寿々華(大阪府警)
第三位:烏帽子美久(東海大)、山部佳苗(ミキハウス)

【準決勝】

市橋寿々華(大阪府警)○上四方固(1:52)△山部佳苗(ミキハウス)
朝比奈沙羅(渋谷教育学園渋谷高)○優勢[技有・小外刈]△烏帽子美久(東海大)

【3位決定戦】

山部佳苗○横四方固(2:52)△稲森奈見(三井住友海上)
烏帽子美久○反則(0:24)△月波光貴穂(新田高)
※足取りによる

【決勝】

朝比奈沙羅○優勢[指導1]△市橋寿々華

※マッチレポートはメルマガ版/携帯版配信後にPC版に転載します。


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版11月9日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.